柄本佑が精神科医に、NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」制作開始

 2020年1月18日スタートのNHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』のキャストがこのほど発表され、主演を柄本佑が務めることが決まった。

 本作は、「傷つきにやさしい社会」の実現を願う精神科医・安克昌氏が懸命に生きた証を綴る被災者の“心のケア”のパイオニアとして奮闘しつづけた精神科医のヒューマンドラマ。

 阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安克昌(あん・かつまさ)氏。手探りながらも多くの被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々。震災後の心のケアの実践に道筋をつけ、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となった。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描く。

 主人公の精神科医・安和隆を柄本佑が演じ、妻役に尾野真千子、親友役に濱田岳、兄役にはNHKドラマ初出演となる森山直太朗が決定した。阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年に、人の心に寄り添い、心の絆を繊細に描くヒューマンドラマが届けられる。

 ※安克昌氏の遺族関係者への取材から得た事実を元に、人の心の傷に寄り添い続けた精神科医の物語として大胆に再構成し、人物や団体名改称した上で、フィクションとして届けられる。また、安克昌氏が書いた同タイトルのルポ/エッセイ集とは内容を異にするオリジナルストーリーとなる。

あらすじ

 ジャズピアノはプロ級の腕前、レコードと読書をこよなく愛する“はにかみ屋”の若手精神科医・安和隆(柄本佑)。自分の居場所を探し続ける青年時代を送ってきたが、明るい妻・終子(尾野真千子)と出会い、同じ在日としての悩みを共にできたことでようやく心穏やかな日々を送る。第一子が誕生した直後、阪神・淡路大震災が起きる。精神科医としてできることは何か・・・模索の日々が始まる。和隆は被災者に寄り添い話を聞き続ける中で、精神科医にできることは、被災者を治療することではなく、治癒力を回復させる手助けをすることだと気づいていく。その後、精神科医として見た被災地の様子を一冊の本にまとめ、学芸賞を受賞。明るい兆しが見えはじめた、39 歳のある日、がんが発覚する。

主人公・安和隆役・柄本 佑コメント

 現在、桑原亮子さんのホンが3話まで手元にあります。桑原さんの描かれる登場人物は皆、文字という2次元の世界で3次元的に苦しんだり、悲しんだり、喜んだり、生き生きと躍動しています。そんな脚本に出会えた事に興奮しています。10月より安達もじり監督たちと共に安克昌さんを探す旅がいよいよ始まります。愚直にまっすぐ、安さんの人生を生きていこうと思います。頑張ります。

精神科医・安克昌(あん・かつまさ)氏プロフィール

1960 年大阪市生まれ。神戸大学附属病院精神科勤務を経て、神戸市西市民病院精神神経科医長を務める。阪神・淡路大震災直後より、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行う。震災一年後に臨床報告としてまとめた「心の傷を癒すということ~神戸・・・365 日~」で第18 回サントリー学芸賞を受賞。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の若き研究者として治療活動に尽力するも、2000 年12 月死去。共訳に「多重人格性障害-その診断と治療」などがある。

土曜ドラマ【心の傷を癒すということ】

【出演】柄本佑・尾野真千子・濱田岳・森山直太朗・趙珉和・浅香航大・上川周作/濱田マリ・平岩紙/石橋凌・キムラ緑子・近藤正臣
【放送】 2020 年1 月18 日(土)~2 月8 日(土)<NHK 総合>午後9:00~9:49(毎週土曜日・全4回)
【作】 桑原亮子 (NHK・FM シアター「冬の曳航」で文化庁芸術祭優秀賞・ギャラクシー奨励賞受賞。今作が連続ドラマ初作品となる)
【音楽】 世武裕子 (映画『日日是好日』『生きてるだけで、愛。』・連続テレビ小説『べっぴんさん』など)
【スタッフ】 制作統括:城谷厚司 プロデューサー:京田光広 堀之内礼二郎 橋本果奈 演出:安達もじり 松岡一史 中泉慧
【収録予定】10 月上旬から12月下旬 神戸市・関西近郊 他
土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」番組サイト: https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/411467.html

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

福山雅治はインスタでもカッコいい!ドラマ『集団左遷!!』のオフショットに注目!

現在TBS系ドラマ『集団左遷!!』に主演している福山雅治(ふくやま・まさはる)さん。50歳を目前にして、廃店が決まっている三友銀行蒲田支店の支店長となった片岡(福山雅治さん)と、銀行員たちが協力しながら大逆転に挑む姿を描いている本作。福山さんの体当たりの演技も話題になっていますが、オフで見せる福山さんの姿もカッコよくて見逃せないんです♡さっそく福山さんのインスタグラムからオフショットを覗いてみました♪

■スーツ姿でマヨネーズを持つ姿もサマになる福山さん

View this post on Instagram

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット『カツベン!』で名作完全再現

 草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックスが、周防正行監督映画『カツベン!』(主演=成田凌、監督=周防正行、12月13日公開)に出演することが決まった。

 映画は、サイレントでモノクロが主流だった時代を舞台に、成田凌が演じる“活弁”と言われた活動弁士を夢見る青年・俊太郎の姿を描く。本編に登場する無声映画はすべて撮り下ろし。もとの映画が現存するものは当時の映像を参考に完全再現した。

 成田凌演じる天才的な活動弁士の主人公・俊太郎をはじめとする活動弁士たちが声を吹き込んでいた劇中の無声映画に、草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックスの豪華キャストが出演。彼らが出演したのは『椿姫』と1921年版のオリジナル『椿姫』、『カツベン!』での「金色夜叉」。

 世界中で幾度となく映画化され、オペラとしても知られる不朽の名作「椿姫」は、1921年に当時大人気だったルドルフ・ヴァレンチノと大女優アラ・ナジモヴァの共演の話題作を完全再現。パリの社交界を舞台に、“椿姫”と呼ばれる高級娼婦マルギュリットと都会に出て来たばかりの純情な青年アルマンとの悲しくも美しい愛の物語を、マルギュリット役に草刈民代、アルマン役に城田優という実力派俳優がタッグを組んで熱演。作品の重要な場面でもある2人の熱烈なキスシーンや、悲しいラストである病床に倒れるマルギュリットのシーンなどを最高の仕上がりで完全再現した。

草刈・城田「椿姫」

椿姫モノクロ(1921年版)

草刈「椿姫」

椿姫モノクロ(1921年版)

 劇中に登場する無声映画のもう1つは、明治30(1897)年元旦から6年にわたって読売新聞に連載された尾崎紅葉の代表作ともいえる「金色夜叉」(「金色夜叉」は、オリジナル版が消失してしまっているため、1932年版を参考に制作。時代劇スターの林長二郎の貫一と大人気の田中絹代のお宮という配役は、当代随一の美男美女の共演と騒がれ人気沸騰、空前のヒット作となりました。)1932年版をもとに制作した劇中の「金色夜叉」でお宮役を務めたのは、若手実力派女優としても名高い上白石萌音。かの有名な、許しを乞うお宮を貫一が下駄で蹴り飛ばすシーンも熱演した。

上白石「金色夜叉」

上白石「金色夜叉」

 そして「南方のロマンス」は周防監督が本作のために制作した完全オリジナル無声映画となっており、そのヒロインを、連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを演じ一躍有名となったシャーロット・ケイト・フォックスが演じる。

シャーロット「南方のロマンス」

 また「カツベン!」本編の中には他にも「ノートルダムのせむし男」、「十誡」、「不如帰」といったもとの作品があるものから、「後藤市之丞」、「火車お千」といった完全オリジナル無声映画も登場。そのすべてが周防監督の撮り下ろし作品であることから、本作への並々ならぬ熱量が伝わってくる。

 「椿姫」に出演した草刈は、「城田さんは劇中の扮装がピッタリ!短い時間でしたが、私の方もすぐに役に入れました」と城田との共演について振り返った。また城田は、「今回の役は、いかに見本になった無声映画に近づけられるかがポイントでした」と語り、キャスト一同元の映画へのへの再現に心血を注いでいたことを感じさせる。

 上白石は、6年ぶりの周防作品への出演に、「久しぶりに実家に帰る時のような、懐かしさ、温かさ、少しの緊張とくすぐったさがありました」とコメント。今回が周防組初参加となったシャーロットは、「監督をはじめ、皆さんとご一緒できて、本当に嬉しかったです!」と喜びを表している。

草刈民代コメント

草刈民代

(周防作品には『Shall we ダンス?』(96)、『ダンシング・チャップリン』(11)、『終の信託』(12)、『舞妓はレディ』(14)に出演)

 城田さんは劇中の扮装がピッタリ! 短い時間でしたが、私の方もすぐに役に入れました。
私は外人の役ですが、試写でご覧になった方で、何人か全く私に気づかなかった方がいらして、すごく嬉しかったです! 椿姫はバレリーナ時代にも踊ったことがあった作品でした。こういう形でまた同じ役ができるのは楽しいことです。

城田優コメント

城田優

(周防組初参加)

 今回の役は、いかに見本になった無声映画に近づけられるかがポイントでした。基本的には、感情の部分より、物理的な動きに関してのやり取りが多かったので、周防監督には、是非また違う作品で、”お芝居”の演出を受けたいと心から願っております。今回は、実在した無声映画を観ながら、監督や草刈さんとともに、お芝居のタイミングや手の角度まで、細部にこだわり、完全再現しま した。非常に”時代”を感じられる仕上がりになっていると思います。

上白石萌音コメント

上白石萌音

(周防作品には『舞妓はレディ』(14)に出演)

 6年ぶりの周防組は、久しぶりに実家に帰る時のような、懐かしさ、温かさ、少しの緊張とくすぐったさがありました。

 カタカタと音を鳴らして回るフィルムに、映画の長い歴史を感じました。その一部になれたこと、本当に嬉しかったです!

シャーロット・ケイト・フォックス

シャーロット・ケイト・フォックス

(周防組初参加)

 この作品に参加させていただいた時間はとても素晴らしかったです。

 劇中劇は「風と共に去りぬ」に似た世界観で、とてもワクワクしました!子供の頃初めて観た映画の一つだったので思い出深く、なんとも美しい素敵なシーン。監督をはじめ、皆さんとご一緒できて、本当に嬉しかったです! Thank you very much!

音楽&エンタメニュースサイト