ガリットチュウ、ターミネーター姿で「I’ll be back!僕らも審判の日」

 お笑いコンビのガリットチュウが29日、都内でおこなわれた、映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)公開記念“審判の日”ファンイベントに登壇した。

 映画は、大ヒット作『ターミネーター2』のその後の世界を描く。シリーズの伝説的キャストであるアーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンの最強タッグが復活。そして、伝説の生みの親でありながら、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』以降、シリーズへの直接的な関与がなかったジェームズ・キャメロンが製作に復帰。また、『デッドプール』の大ヒットで世界中を驚かせたティム・ミラーがメガホンを取る。

ガリットチュウ

 この日は、本作で描かれる、人類と機械の間で戦争が起きた日「審判の日」。大のターミネーターファンという福島善成はT-800のコスプレ、熊谷茶はサラ・コナーのコスプレで登場。一連の“闇営業”問題による謹慎明けから初の芸能イベントとガリットチュウとしては“イベント復帰”の場となる。福島は本作の名言「I’ll be back!」と気丈に挨拶するも、司会を務めたラジオDJのサッシャから「『I’ll be back!』は『これから戻る』という意味だけど…」と指摘されると「いろんな意味でもI’ll be back。これからなんで…」と縮こまった。

 その福島は、T-800に体を近づけるため、今回の出演が決まってから鍛え仕上げてきたというが、サッシャから「それだけ時間があったということですね」とツッコまれ「そうです…」と再び縮こまった。一方、熊谷は「僕たちにとっても審判の日。新たなガリットチュウとして」と意気込んだ。

 この日は、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー役)とマッケンジー・デイビス(グレース役)の日本のファンに向けた特別コメントも上映された。

 熊谷は「ワクワクドキドキが止まらない」と興奮すれば、福島は「運命の日となりました。今日から新星ガリットチュウと、ターミネーターをよろしくお願いします」と呼びかるも、再びサッシャから「審判の日と運命の日を間違えている」とツッコまれれ「僕らにとっては運命の日なので…」と慌てるなど、ホロ苦い“復帰戦”となった。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

DISH//橘柊生、ドSな高校生役を演じ絶賛の声殺到「オラつきが素晴らしい」「制服姿最高」

 7月14日(土)夜10時よりAbemaTV(アベマTV)のAbemaGOLDチャンネルにて特別番組『DISH//の恋するドラマディッシ〜あなたの妄想をドラマ化します〜』が放送され、メンバーの橘柊生がドS高校生を演じて話題となっている。

 同番組は4人組ダンスロックバンド・DISH//が、7月11日にニューシングル「Starting Over」をリリースすることを記念したもの。番組では、視聴者から事前に募集した“DISH//に演じて欲しい妄想シチュエーション”を題材に、DISH//のメンバー自らがドラマ制作会議を行い、演じる作品を決定。数々のヒット番組を手がける放送作家・鈴木おさむ氏の演出のもと、メンバーが主役となったドラマを制作した。

 

 ラップ・DJ・キーボードなどを担当する橘。普段は“M気質”と発言する彼が挑戦することになった妄想リクエストは、「帰り道でぶつかった女の子に怪我をさせられた代償に、1ヶ月付き合うことを要求する」という“ドS”男子高生役。メンバーたちも「チャラい柊生が見たい」と期待し、橘自身も「一番やりがいがありそう」と撮影に意気込んだ。

 撮影前は、「制服大丈夫かな?」と中学生ぶりの制服姿に不安を抱いていた橘だったが、撮影は予定よりも3時間も早く終了するほどスムーズに進んだとのこと。

 そして完成した橘のドラマは、「俺と付き合え」というドS発言、「あ~ん」をするパンケーキデートや洋服を選び合うお買い物デート、両手を広げて「おいで」をする姿などファン待望の胸キュンシーンが満載に。

 ラストでは、橘演じる男子校生の“ある事情”が明らかになり、ファンからは「思った以上にやばい序盤から号泣してる」「感動して半泣きなった笑笑」「もうストーリーもやばすぎて電車でガチ泣きしたんだけども、(笑)」という声があがった。

 さらに、橘が不安がっていた制服姿には、「え、制服かっこいい……」「制服姿最高」「ブレザーやばい」「直視できない」と心配をよそに、悶絶するファンが続出。また、ドSキャラにも「オラつきが素晴らしい」「柊生くんやばすぎチャラ男最高すぎる」「ツンデレ感やば」「オラオラした喋り方めっちゃ好きニヤける……」「私も1ヶ月でいいから付き合いたい。笑笑 」と絶賛のコメントが相次いで寄せられた。

 今回は、ドS男子高生役を見事に演じきり、恋愛ドラマでファンの心を鷲掴みにした橘。最後には、俳優の阿部サダヲに憧れて芸能界に入ったことを明かし、「次回はコメディをやりたい」と発言しており、次回の放送にも期待が高まっている。

(c) AbemaTV


▶︎【無料配信中】DISH//の恋するドラマディッシュ〜あなたの妄想をドラマ化します〜

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ドラマ「Heaven?」の石原さとみに、福士蒼汰が絶対恋しない理由

「一緒に仕事をする」こと。それが佐々木倫子の描く最上級の愛情表現、らしい。 ……というのが私の個人的見解なのだけど、現在、TBSテレビにて火曜22時に『Heaven?〜ご苦楽…

世の中の「ほんとう」がわかります