「24時間テレビ」に皮肉連発 デーブ・スペクターが問う「本当のボランティアとは何か」

デーブ・スペクターさん

8月24、25日に日本テレビ系で放送された特番「24時間テレビ」。

恒例のチャリティーマラソン企画は4人が参加するリレー方式となり、その内の1人が水卜麻美アナウンサーであることが24日に発表されるなどし、話題となった。

一方で24時間テレビについては、障がい者の姿を感動的に描く手法が「感動ポルノ」だという疑問の声も毎年のように上がり、番組のあり方に関心を持っている人も多い。

そんな中、放送プロデューサーでタレントのデーブ・スペクターさんの発信が話題になっている。

スペクターさんは今年の24時間テレビの放送日に、自身のTwitterで番組への皮肉と取れる投稿を連発した。

 

「24時間テレビは働き方改革違反ではないですか???」

 

「24時間テレビのマラソンの趣旨と文明の意味は同じくらい分からない」

 

「24時間は長いので、早めにおサライしてください」

 

「世界でもっとも疲れる仕事→24時間テレビでワイプの中でやるリアクション」

 

このようなツイートを連投。そして25日に、こう発信した。

24時間テレビ、やっと終わりました。障害を持つ方へのサポートを目的にしているはずなのに、実際は広告代理店と企業の利益とイメージアップのために続けられている。僕は、本当のボランティアとは何かを、大好きな日本の皆さんに分かってほしいだけです。すみません、オチはありません。

いつもはTwitterでギャグを披露することが多いスペクターさんが、「オチ」のない真面目な問いかけをした形だ。

このツイートには27万以上の「いいね」がついている。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

大事なのは「なにを言うか」ではなく「なにを質問するか」。質問が持つ7つの力とは?

『質問7つの力』(ドロシー・リーズ著、桜田直美訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、一流企業の重役など50万人以上を指導し、講演活動やテレビ・ラジオ出演、新聞・雑誌への寄稿をも行っているという講演家、コミュニケーション・コンサルタント。過去には女優、教師、広告代理店の重役、ニットウェアのデザイナー、会社経営などさまざまな仕事をしてきたといいますが、そのような経験を経て気づいたのが「質問」

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

元AKB48・西野未姫、鈴木奈々のすっぴんについてコメント。「履き崩した草履みたいな顔」

■「(元AKB48・西野未姫のすっぴんも)マジでブス!」(鈴木奈々)
AbemaTV「AbemaSPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#125が8月26日21時から放送される。

今回は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”にタレントの鈴木奈々、自称“ブス”メンバーに、元AKB48の西野未姫、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子を迎える。

オープニングトークでは、久々に番組に出演した大久保が「50(歳)手前から歯ぐき注意。歯ぐきの衰えがいちばん良くないらしい。だから私、今ここが(鼻の下)どんどん長くなってない?」と問いかけると、おぎや…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。