エルゾーギの展示会開催=軍政時代の反骨のジャーナリスト

 現在、サンパウロ市で、軍事政権期に軍政と戦った代表的なジャーナリストで、今日まで伝説化しているヴラジミール・エルゾーギの展示会が行われている。
 エルゾーギは、軍事政権時代に、映画監督や劇作家、テレビ・ディレクターなどで活躍。その一方でブラジル共産党の党員として、政治的活動も行っていた。
 だが、テレビ局「クウツラル」のディレクターだった1975年10月24日、サンパウロの陸軍秘密警察に逮捕され、翌25日に刑務所内で死亡した。
 この死は当初、「エルゾーギが刑務所内で首を吊って自殺した」と報告された。だが、「拷問された」との証言が残っていたことから、この発表は長い間、疑問視され、国民の間で真の死因を明かすよう求める声が強まった。
 そして、その死から37年が経過した2012年に、エルゾーギの死は拷問死であったことが真相究明委員会によって認定された。
 この間、エルゾーギが首を吊って亡くなった写真は、軍事政権時代の政治犯の象徴として語り告がれることになった。
 現在では、ジャーナリストの研究機関として「ヴラジミール・エルゾーギ研究所」、ジャーナリストの賞として「ヴラジミール・エルゾーギ賞」も設けられ、その名を後世に残し続けている。
 今回、サンパウロ市最大の繁華街パウリスタ大通りにあるイタウ・クウツラルで行われている展示会では、エルゾーギや彼の家族の写真や、彼に関する新聞記事、彼がかかわった映像作品などが紹介されている。
 展示会は10月20日まで行われる。イタウ・クウツラルは月曜休館で、火曜から金曜の開館時間は9時~20時、土曜、日曜、休日は11~20時で、入場は無料。

ブラジル発の生情報をほぼ毎日、約20本も配信。サッカー、リオ五輪、デモなど社会情勢、経済、企業、政治、日系社会、日本移民の歴史など各種情報を、豊富な写真付の記事やコラムなどで詳しくお伝えします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ぱいぱいでか美、マジックミラー号に憧れ「こういうのされてみたい」

 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#74(毎週月曜よる9時~)が7月9日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。「Hのお勉強」をテーマに“ブス枠”ゲストたちが激論を交わす中、タレント・ぱいぱいでか美が、AVの好みを熱く語る一幕があった。

 ぱいぱいは「AVを観るのが大好き」と明かし、好きなシリーズは『マジックミラー号』と告白。小木から「男が観る時は、(マジックミラー号シリーズの)口説かれてダマされて……っていう流れを面白く感じる。女性はどういう目線で観るの?」と聞かれ、「男目線でも観ているし、こういうのされてみたいって気持ちでも観ている」と語った。

 ぱいぱいはさらに、「完全に俯瞰モノの作品か、女優さんだけが映る主観モノしか観ない」とこだわりを熱弁。女優モノはあまり観ないとのことだ。

 ぱいぱいのこの発言に、その他の“ブス枠”ゲストからも「『マジックミラー号』に憧れる」との声が。おぎやはぎの2人は「憧れるんだ~」と意外そうな表情を浮かべていた。


▶︎【無料配信中】“ブスな髪質”問題をマジメに考えよう。 おぎやはぎの「ブス」テレビ♯74

(c)AbemaTV

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「きのう何食べた?」がギャラクシー賞月間賞に 「理想的な実写化」と評価

内野聖陽さんと西島秀俊さん(左から)

テレビ東京で今年4〜6月に放送された連続ドラマ「きのう何食べた?」が、2019年7月度ギャラクシー賞月間賞に選ばれた。

放送批評懇談会が8月20日に発表した。

「きのう何食べた?」は、西島秀俊さん演じる料理上手で倹約家の弁護士・筧史朗(シロさん)と、内野聖陽さん演じる人当たりのいい美容師の矢吹賢二 (ケンジ)のカップルの日々を描くドラマ。原作は、「大奥」などで知られるよしながふみさんによる人気漫画だ。

食卓を囲むカップルの日常をほのぼのと描く世界観が共感を集め、作中に登場するマグカップの即日完売などの現象が起きた。

放送批評懇談会は「西島秀俊と内野聖陽という見事なキャスティングによって理想的な実写化となった」などと評している。

西島秀俊と内野聖陽という見事なキャスティングによって理想的な実写化となった。息子に対し深い愛情を注ぎながらもゲイに対する偏見や無意識レベルの差別をしてしまう両親、といった残酷な現実を描きながらも、理想郷のようなささやかな幸福感あふれる 2 人の関係性は見ていて温かい気持ちにさせてくれた。(講評全文)

 

■ギャラクシー賞とは

放送批評懇談会の公式サイトによると、同会は1963年に放送評論家、メディア研究者などが設立した独立の団体で、現在はNPO法人化されている。

ギャラクシー賞は、日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰するために、1963年に放送批評懇談会によって創設された。

テレビ、ラジオ、CM、報道活動の4部門で、毎年4月1日から翌年3月31日を審査対象期間とし、年間の賞が選ばれている。

年間の賞とは別に、テレビ部門では毎月「月間賞」も選んでいる。

7月の月間賞では、「きのう何食べた?」のほか、「NHKスペシャル『夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者150万人時代』」(NHK)、「50日間で女性の顔は変わるのか!? 」(日本テレビ)、「BS1スペシャル『ラストトーキョー “はぐれ者”たちの新宿・歌舞伎町』 」(NHK)も選ばれた。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts