N国代表・立花孝志氏「マツコ・デラックスをぶっ壊す」と激怒。TOKYO MXの前で動画生配信

NHKから国民を守る党の立花孝志代表が8月12日午後5時ごろ、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)を訪れ、タレントのマツコ・デラックスさんを痛烈に批判する抗議を行った。

同時刻、同局では『5時に夢中!』の生放送が行われており、マツコ・デラックスさんが月曜レギュラーとして出演していた。

立花氏は抗議の様子を同局のスタジオ前からYouTubeで生配信した。

 

事の発端は、7月29日の同番組でのマツコ・デラックスさんの発言。

NHKから国民を守る党の代表・立花氏のキャッチフレーズである「NHKをぶっ壊す!」が小学生の間で流行しているとの内容を取り上げた際、マツコさんがN国党の印象について問われ、以下のようにコメントした。

あの…これからじゃないですか?

 

この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出られたら、これで税金払われたら、受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、一体これから何をしてくれるかを判断しないと、今のままじゃね…ただ気持ち悪い人たちだから。

加えて、N国党が得票数を伸ばしたことについては、下記のように言及した。

冷やかしじゃない?もちろん受信料払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうなとは思う。

 

ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。NHKをぶっ壊す教みたいな。

 

ちょっと気持ち悪い、この人(立花氏)も気持ち悪いんだけど、女性も何人かすごい人もいたけど。

 

でも結局、こうやって(観ている人たちが)楽しんで見ちゃってる側面もあって、こうやって騒いでる時点で、彼らの思うツボなのではないか。

 これらの発言に、立花氏は激怒し反論。

「選挙で投票してくれた人に、『ふざけてる』とか『気持ち悪い』とか、それを公共の電波で言ったら、無視するんじゃなくて見解を出すべきでしょう」と集まった支援者たちに呼びかけた。

続けて立花氏は、「一方的に特定の政治団体を誹謗中傷したりとか、投票してくれた人の気持ちを侮辱したり、バカにしたりするような発言はやっぱり許されない」として、公正中立な立場で報道することを訴えた。 

8月12日の同番組終了後、立花氏はマツコさんを“出待ち”していたが、対面が実現することはなかった。

 

「もし来週、マツコさんが(番組に出演する)出るようだったら、また(ここに)来ます」と予告。

最後は「マツコ・デラックスをぶっ壊~す!」と叫び、支援者に支持を訴えていた。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

清原翔がキンプリ永瀬廉の執事に!映画『うちの執事が言うことには』場面写真解禁

 5月に「シンデレラガール」で鮮烈デビューを飾ったアイドルグループ King & Princeの永瀬廉初主演映画『うちの執事が言うことには』(高里椎奈著/角川文庫刊)の撮影がクランクアップ。本作のキーパーソンとなる、執事・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)役を俳優の清原翔が演じたことが発表され、永瀬と清原の場面写真が解禁となった。

 原作は、2014 年 3 月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された同名小説。2015年11月からはコミックス(あすかコミックス DX1~8巻)にもなり、さらには 2017年3月から新シリーズ「うちの執事に願ったならば」(1~4巻)も刊行される等、勢いが止まらぬヒットシリーズ作品だ。永瀬は、本作が映画初主演ながら、英国帰りで、社交界の名門・烏丸家第 27代当主となる主人公・烏丸花穎(からすまかえい)役に挑んだ。

5月17日にクランクインした撮影も、6月中旬に無事オールアップ。永瀬は自身初主演の映画のクランクアップに、「まだまだ未熟な僕だったので、皆さんにご迷惑をおかけしたことも多々あったと思いますが、この1ヶ月間、花穎として本当に楽しく演らせていただきました。僕の初主演映画がこの作品で、一緒に作り上げてくださった方々がみなさんで本当によかったと思っています!」と、感極まった様子で挨拶した。

 すでに2日前にクランクアップをしていたKing & Princeのメンバーであり、本作では赤目刻弥役として出演をしている神宮寺勇太がサプライズで駆けつけ永瀬の労をねぎらうと、永瀬の目から大粒の涙がこぼれた。

 さらに、本作には欠かせない物語の要となる、烏丸家 執事・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)役を、俳優の清原翔が演じていることが遂に解禁!清原は、1993年2月2日生まれ、神奈川県出身。2016年より俳優活動を開始。雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとしても活躍中。2017年、ゼクシィのCMでの新郎役としても注目を集め、テレビドラマ「警視庁いきもの係」(17/CX)、「レンタルの恋」(17/TBS)、『HiGH&LOW MOVIE2/END OF SKY』(17)、「いつまでも白い羽」(18/CX)などに出演、2019 年には NHK 連続テレビ小説「なつぞら」や『PRINCE OF LEGEND』などの出演も決定している若手注目株の1人だ。

 永瀬と清原は、「上流階級」という独特の設定だったため、日本バトラー&コンシェルジュ代表の新井直之氏に所作指導を受けるなどして撮影に挑み、当主と執事という日常では体験しにくい主従関係を初共演とは思えぬほどの絶妙なコンビネーションで魅せている。ちなみに、永瀬より一足先にクランクアップをしていた清原は、永瀬のクランクアップ当日は撮影が入っていたため、こちらもサプライズで電話にてクランクアップを祝ったとのこと。

清原翔コメント

出演のお話を頂いたとき「執事」というものが、日常ではほぼ触れないものだったので、作法や言葉使いが自分とは正反対すぎて漠然と大変なんだろうなと想像していました。実際に撮影に入り、カメラが回っていてセリフもある中で執事の作法で動いてみると その大変さは想像以上でした。永瀬くんとは初対面、初共演だったんですが、すごく愛されキャラなんだと思います。現場でも明るくみんなに愛されていました。 僕は最初なかなか馴染めずにいたんですが、永瀬くんがどんどん話しかけてきてくれてたおかげで仲良くさせて頂きました。最初に脚本を読ませて頂いたときに思った「面白い」という感情が、観てくださる方にもちゃんと伝わる作 品になればと思っています。

 若き当主と仏頂面の執事が、名門・烏丸家にふりかかる陰謀や事件の謎を解き明かす――極上の上流階級ミステリーの誕生に期待が集まる。

【登場人物】

◆ 烏丸 花穎(からすま・かえい)<永瀬 廉(King & Prince)>

名門・鳥丸家 27代目当主、18 歳。色彩感知能力が高く、目を庇うためにいつもメガネをかけている。

◆ 衣更月 蒼馬(きさらぎ・そうま)<清原 翔>

烏丸家の新執事。仏頂面であまり感情を表に出さない。前執事の鳳に心酔している。

◆ 赤目 刻弥(あかめ・ときや)<神宮寺勇太(King & Prince)>

大学生で企業家。パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー。花穎に親しげに近づくがミステリアスな面を持つ。

【STORY】

 日本が誇る名門・烏丸家の第27 代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18 歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から 戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎 は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事……烏丸家に上流階級の陰謀が 降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

気候変動に適応するコーヒー キーコーヒー、新品種・新農法で挑む

気温上昇がコーヒーに悪影響

地球温暖化で気候変動が続くと2050年にはアラビカ種の栽培適地が現在の50%にまで減少する――。このコーヒーの2050年問題について、キーコーヒーの川股一雄取締役副社長執行役員は、環境省と国立環境研究所が2日に共催したシンポジウムで、コーヒー産地の現況と同社が進めている取り組みについて講演した。

おいしいコーヒーは、年間で夏の軽井沢のような気候の標高1000~1500mでつくられると触れた上で、気温上昇がコーヒーの栽培にかなりの悪影響を与えることを指摘した。

「米、小麦、大豆、綿花などは平均気温が1~3℃の幅で上昇すると『二酸化炭素施肥効果』で食料生産能力は増加されるが、コーヒーの場合は

①雨季と乾季の境目がなくなる
②昼夜の寒暖差の減少
③サビ病など病気の発生

で収穫量が減少し品質が低下する」と語った。

12年には中南米で突然変異したサビ病が蔓延し大減産。これを受け15年のミラノ万博では冒頭の2050年問題が提唱され、気候変動への適応策と緩和策の取り組みが重要視されるようになった。

キーコーヒーは16年4月に国際的な研究機関ワールド・コーヒー・リサーチ(WCR)との協業を開始し、インドネシアにある直営パダマラン農園の一角を実験圃場として提供している。

ここでは、コロンビアやパナマなど世界各地を原産とする42種のコーヒーの苗木が植えられIMLVTと呼ばれる活動が行われている。

IMLVTとはインターナショナル・マルチロケーション・バラエティ・トライアル(国際品種栽培試験)の略で、世界各地の品種の中から気候変動に耐えベストパフォーマンスを発揮する品種を探すプロジェクトを意味する。

IMLVTの進捗状況について「昨秋にはコーヒーの花が咲いたものがあれば、サビ病にかかったものもあった。これから、降雨量の増加に対して根の発達をどうやって防ぐかという適応試験などの結果が出てくる。4年目にカップクオリティのチェックができるところまできている」と説明した。

課題はインドネシア国内での研究の担い手の確保や予算の捻出。これらを克服し「30年までに環境に適応した栽培方法を確立する。新しい品種の栽培試験や香味試験を終わらせて生産者を支援していきたい」という。

直営農園周辺の協力農家でも試験を実施し今年で7年目を迎える。今後は、これらの協力農家のほか、気候が比較的近いとされる東ティモールやニューギニア島へのノウハウや技術の提供も視野に入れる。

先立って講演した国立環境研究所の岡和孝氏は、日本国内の気候変動の実態について次の通り列挙した。

――年平均気温は100年あたり約1.21℃の割合で上昇。

――猛暑日は10年あたり0.2日増加。

――熱帯夜は10年あたり1.7日増加。

――滝のように降る雨(50mm/時以上)の年間発生回数は10年あたり27.5回増加。

同シンポジウムは「幅広い方にさまざまな分野の気候変動適応を知ってもらうのが狙い」(岡氏)とし、民間事業者としてはキーコーヒーのほか東京地下鉄と日清製粉が講演した。…

気候変動に適応するコーヒー キーコーヒー、新品種・新農法で挑む食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙