「楽器の演奏」が、英語と理数系科目の成績を上げる:研究結果

楽器の演奏をたしなむ高校生は、音楽をやらない学生と比べて数学・科学・英語の成績が有意に高い──。そんな研究結果が、カナダの研究チームが実施した大規模調査から明らかになった。これは音楽が発達中の脳に与えるよい影響をうかがわせると同時に、学校教育の一環として音楽を取り入れる重要性を再認識させるものだ。

『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

都市に潜む、無数のパラメーターを見つけよう:Placy鈴木綜真による新連載『Cultivating The CityOS』


都市に隠れたパラメーターの一つひとつを解き明かせば、都市に拡がる景色を変えていけるのではないか──。都市研究家であり、音楽で場所を探す地図サーヴィス「Placy」を開発する鈴木綜真による新連載『Cultivating The CityOS 〜都市に潜む、無数のパラメーターを見つけよう』がスタート! 序章では、そこに複雑なものとして存在する都市を二元論で語るのではなく、「構成要素」として分解していくべきという本連載のスコープが語られた。

『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「楽器の演奏」が、英語と理数系科目の成績を上げる:研究結果