気候変動に適応するコーヒー キーコーヒー、新品種・新農法で挑む

気温上昇がコーヒーに悪影響

地球温暖化で気候変動が続くと2050年にはアラビカ種の栽培適地が現在の50%にまで減少する――。このコーヒーの2050年問題について、キーコーヒーの川股一雄取締役副社長執行役員は、環境省と国立環境研究所が2日に共催したシンポジウムで、コーヒー産地の現況と同社が進めている取り組みについて講演した。

おいしいコーヒーは、年間で夏の軽井沢のような気候の標高1000~1500mでつくられると触れた上で、気温上昇がコーヒーの栽培にかなりの悪影響を与えることを指摘した。

「米、小麦、大豆、綿花などは平均気温が1~3℃の幅で上昇すると『二酸化炭素施肥効果』で食料生産能力は増加されるが、コーヒーの場合は

①雨季と乾季の境目がなくなる
②昼夜の寒暖差の減少
③サビ病など病気の発生

で収穫量が減少し品質が低下する」と語った。

12年には中南米で突然変異したサビ病が蔓延し大減産。これを受け15年のミラノ万博では冒頭の2050年問題が提唱され、気候変動への適応策と緩和策の取り組みが重要視されるようになった。

キーコーヒーは16年4月に国際的な研究機関ワールド・コーヒー・リサーチ(WCR)との協業を開始し、インドネシアにある直営パダマラン農園の一角を実験圃場として提供している。

ここでは、コロンビアやパナマなど世界各地を原産とする42種のコーヒーの苗木が植えられIMLVTと呼ばれる活動が行われている。

IMLVTとはインターナショナル・マルチロケーション・バラエティ・トライアル(国際品種栽培試験)の略で、世界各地の品種の中から気候変動に耐えベストパフォーマンスを発揮する品種を探すプロジェクトを意味する。

IMLVTの進捗状況について「昨秋にはコーヒーの花が咲いたものがあれば、サビ病にかかったものもあった。これから、降雨量の増加に対して根の発達をどうやって防ぐかという適応試験などの結果が出てくる。4年目にカップクオリティのチェックができるところまできている」と説明した。

課題はインドネシア国内での研究の担い手の確保や予算の捻出。これらを克服し「30年までに環境に適応した栽培方法を確立する。新しい品種の栽培試験や香味試験を終わらせて生産者を支援していきたい」という。

直営農園周辺の協力農家でも試験を実施し今年で7年目を迎える。今後は、これらの協力農家のほか、気候が比較的近いとされる東ティモールやニューギニア島へのノウハウや技術の提供も視野に入れる。

先立って講演した国立環境研究所の岡和孝氏は、日本国内の気候変動の実態について次の通り列挙した。

――年平均気温は100年あたり約1.21℃の割合で上昇。

――猛暑日は10年あたり0.2日増加。

――熱帯夜は10年あたり1.7日増加。

――滝のように降る雨(50mm/時以上)の年間発生回数は10年あたり27.5回増加。

同シンポジウムは「幅広い方にさまざまな分野の気候変動適応を知ってもらうのが狙い」(岡氏)とし、民間事業者としてはキーコーヒーのほか東京地下鉄と日清製粉が講演した。…

気候変動に適応するコーヒー キーコーヒー、新品種・新農法で挑む食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

もらって嬉しい!秋田駅でおすすめ人気お土産10選

秋田のお土産を買うなら秋田駅が断然便利!秋田駅には、駅構内の売店のほか、駅直結の「トピコ」があり、秋田銘菓やスイーツ、名産品などバラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、秋田駅でおすすめの人気お土産を10個ご紹介します。

お土産の定番!秋田駅で買える人気のお菓子

1. 金萬(きんまん) 「金萬(きんまん)」

photo by caoca.net

「金萬(きんまん)」は、蜂蜜と卵がたっぷり入ったカステラ生地で、卵入りの白あんを包み込んだお菓子。秋田県民なら知らない人はいないほど有名な秋田を代表する銘菓で、秋田土産の定番品!かつて金座街という場所で饅頭を販売していたことから、「金萬(きんまん)」と名付けられたのだとか。サイズも小ぶりで、食べやすく、秋田では世代を超えて愛されています。

取扱店 (トピコ店)秋田県秋田市川尻町字大川反233-199 トピコ2F
電話 (トピコ店)018-833-0620
営業時間 (トピコ店)8:00~20:00 不定休(トピコに準ずる)
商品 金萬: (税込)648円(10個入)、(税込)1,296円(20個入)

 

2. お菓子のにこり 「なまはげのおくりもの」

photo by nikori-a.com

秋田県の代名詞ともなっている秋田・男鹿地方に伝わる民俗行事「なまはげ」。「なまはげのおくりもの」は、なまはげのお面をかたどった最中の中にお米のサブレを入れたインパクト抜群のお菓子。秋田県大潟村産の米粉を使用し、ゴマを入れて香ばしさをプラスしたさっくり食感のサブレです。「あきた食のチャンピオンシップ2015」で銀賞を受賞し、秋田土産としても人気の商品です。

取扱店 JR秋田駅トピコ2F 岡田製菓 内ほか
商品 なまはげのおくりもの: (税込)513円(4個袋入)、(税込)1,345円(10個箱入)
HP お菓子のにこり

 

3. 杉山壽山堂 「元祖 秋田諸越」

photo by morokoshi.jp

「諸越(もろこし)」は、小豆粉と砂糖を主原料にして作られる落雁の一種で、秋田を代表する銘菓です。「杉山壽山堂」は、宝永2年(1705年)創業し、久保田藩(秋田藩)の御用菓子司も務めていた老舗店。諸越(もろこし)は、初代杉山良作氏によって作られたものです。「元祖 秋田諸越」は、厳選した小豆粉に、砂糖と和三盆糖を加え、木型で型打ち・乾燥・下焼きをして仕上げた老舗の逸品。小豆粉の風味豊かな味わいが楽しめる上品なお菓子です。

取扱店 (トピコ店)秋田県秋田市川尻町字大川反233-199 トピコ2F
電話 (トピコ店)018-889-3578
営業時間 (トピコ店)8:00~20:00 不定休(トピコに準ずる)
商品 元祖 秋田諸越: (税込)702円(12枚入)、(税込)1,296円(24枚入)
HP 杉山壽山堂

 

4. ハナマルシェ 「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)バウムクーヘン」

photo by facebook/akirakurasu

「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)バウムクーヘン」は、秋田・由利本荘市にある齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)の銘酒「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」の酒粕を使用したバウムクーヘン。1層1層丁寧に焼き上げたバウムは、しっとり、ふんわりとした食感で、ほんのりお酒の風味が漂います。秋田産の米粉や日本三大地鶏の1つ・比内地鶏の卵など、選りすぐりの秋田の美味しい素材が詰まった一品で、秋田のお土産にぴったりの商品です。

取扱店 JR秋田駅トピコ2F あきたくらす 内
商品 雪の茅舎バウムクーヘン: (税込)1,650円(1ホール)
HP ハナマルシェ

The post もらって嬉しい!秋田駅でおすすめ人気お土産10選 appeared first on 旅時間 – 旅のようなステキなひとときを。.

旅時間は、「旅のようなステキなひとときを」をコンセプトとした旅のウェブマガジンです。世界の絶景や世界遺産、人気のリゾートホテルや温泉旅館、定番の観光名所や季節のイベント、地域の絶品グルメや定番のお土産など、思わず旅に行きたくなるような情報をお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ハナコ岡部「一度は乗るべきジェットコースター」を絶叫リポート

明日7月31日(水)放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日・ABC系)で「ガチガチランキング」企画が展開され、ハナコ岡部が全国各地にあるテーマパークのジェットコースターをリポートする。