三吉彩花、鈴木大地スポーツ庁長官を表敬訪問

 三吉彩花が、文部科学省で鈴木大地スポーツ庁長官を表敬訪問した。

 8月16日の日本公開に先んじて世界の映画祭で上映され、上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭で “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞、世界中から注目されている矢口監督最新作。楽しくカラダを動かすミュージカル・コメディ映画であり、そのヒロインを務める三吉彩花が、好きなものを食べ、スポーツで消費するという健康的なカラダ作りを推進するスポーツ庁のロールモデルとなることから鈴木大地スポーツ庁長官との対談が実現した。

 対面した鈴木長官は、本作での三吉のダンスシーンに関心したようで、「相当ダンス練習しましたか? 振り付けを覚えるのは難しくないの?」と質問。すると三吉は「撮影中も並行しながら、撮影のお休みの日に練習したり、だいたい撮影始まる2カ月くらい前から、ダンスと歌と特訓してきました。ダンスのシーンの撮影をしながら次のダンスのレッスンをしていたので、ずっと踊っていました」と撮影時の苦労を語った。

三吉彩花 (C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

 また「近年、日本の女性が頻繁にスポーツをやる人とそうでない人のグループにはっきり分かれているという現状があり、この映画でキャラクターたちが本当に楽しそうにダンスしているので、ダンスだったらちょっとやってみようかな? カラダ動かしてみようかなと思えるようなきっかけになればいいなと思いました。三吉さんはダンスのほかにスポーツはどんなことをやられていたのですか?」と聞かれた三吉は笑顔で「実は、水泳を幼少期に少しやっていました」と伝え、続けて、「ダンス以外に、ヨガ、ピラティス、ジムでカラダを鍛えたりなど、カラダ動かすことに興味があるし、アクティブなほうだとは思います。日本でも最近ヨガのスタジオが増えたり、ジムにもすごくカラダを鍛える女性が増えて来ているなと思います。でもやっぱり無理にカラダを動かして疲れるとか、ジムの会費が高いなど仕事の合間の息抜きに、というのはしんどいなって方も多いのは、分かります。だから日本の女性たちがカラダを動かす人とそうでない人が分かれるのは、わかりますね。でも老後のためなど、カラダを動かしておくことにこしたはないと思います。カラダを動かす環境がもっとあったりすると取り入れやすくなったりして、やりたいなって女性は増えてくると思います」と話した。

 鈴木長官から、2024年のパリオリンピックでダンスが公式種目になることについて聞かれた三吉は、「私の世代くらいから、中学校の授業でダンスが必須になりましたし、高校でも体育の授業でダンスの時間があるなど、すでにカリキュラムに組み込まれているので、凄く身近にはなっていると思います。そんな中で、ブレイクダンスやヒップホップなど、オーディエンスをすごく盛り上げるタイプのダンスがオリンピックに組み込まれていったら、めちゃくちゃ盛り上がると思いますね」と期待感を寄せた。

鈴木長官と三吉彩花 (C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

 鈴木長官は「女性もいま、鍛えて、強いカラダを作るということや筋肉もいまやファッションではないかという時代になってきていると思いますが、筋肉がある人はカッコいいというイメージはないですか?」と聞かれた三吉は、自身もジムでカラダを鍛えていると話したうえで、「女性もやっぱりちゃんと引き締まっていて、筋肉があるほうが、健康的にも見えるし、カッコいいとされてきていると思います。でもまだ同じモデルさんでもモデルはちゃんとスラっとしているべきだという人と、健康体なほうがいいと言われる方と両方いらっしゃると思いますし、全員が全員、同じ回答になることはないかもですけどね。ちょっとずついい傾向になってきているとは思いますね」と話した。

 また鈴木長官は、「見た目はスラっとしているけど、それは健康なカラダなのかと言われていて、日本では、痩せすぎの人がいっぱいで、いずれ結婚して妊娠出産などの際には体力も必要だし、ライフスタイルに合わせてカラダ作りは大切なのでは?と言われているのですがどう思いますか?」と聞かれると、三吉は「食べたいものを食べたいので、その代わりその分、スポーツや運動を通じて、消費するのが、ヘルシーだと思います。やっぱりダイエットってなると、炭水化物や糖質をぬいたり、食べない方がいいんじゃないかって、もちろん食べないほうが早くは痩せますけど、それがカラダにいいかどうかは、やはりそのあとまた食べ始めたらリバウンドしたり、カラダの調子が悪くなってしまったりと、特に女性は妊娠出産とかで大事にしなくちゃいけないものがカラダの中にたくさんあるので、ちゃんと食べてちゃんと体力もつけながら、運動してちゃんと汗をかいて老廃物も出してというほうが、ちゃんと継続できるし、健康体でいられると思うんですけど、なかなか現実は難しいのですけどね」と苦笑いした。

 鈴木長官もその三吉の意見には賛同し「食べたいものを我慢するだけでなく、食べて、それをスポーツで消費していくスタイルを貫いて欲しいです。またこの映画のようにダンスだったらすんなりカラダを動かせるという方もいると思いますので、是非、私も機会があればダンスにチャレンジしたいです」と激励した。

<ストーリー> 
子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いな静香。催眠術のせいで、突然、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった!所かまわず歌い踊るせいで日常がメチャメチャに!術を解くため日本中を奔走するが、裏がありそうな5人のクセ者たちと、さらなるトラブルが!恋も仕事も失った静香を待つ、ハチャメチャな運命とは?果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!? 旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは?

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ/配給:ワーナー・ブラザース映画

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

これぞ”ムトゥ最強版!”伝説のインド映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』がデジタルリマスター版で奇跡の再誕!

さかのぼること20年前、あまりの衝撃で日本中をハッピーで包み込み、一大ムーブメントとなった『ムトゥ 踊るマハラジャ』が、≪4K&5.1chデジタルリマスター版≫で奇跡の再誕! 4月3日(水)に発売します。 当時の反響は相 […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【ネタバレなし】映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を見た結果 → 思てたんと違ーーう! 賛否両論は必至か… それでも鑑賞をオススメする理由

「ねぇ『ドラクエ』の映画みた?」「みたみた!」「あそこの “アレ” 、率直にどう思った?」「もう、胸熱 & 最高っしょ! 号泣だよ」「マジで? 私は微妙だったわ……」「バッカだな~ “アレ” がいいんじゃん!」「う~ん、でも “アレ” がなくても……」

……と、こんな具合に賛否両論が巻き起こりそうな映画が、8月2日公開の『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』だ。筆者は一足先に試写会で鑑賞する機会に恵まれたのだが、今回は「ネタバレなし」でその感想を述べたいと思う。

・ひと言で感想を言うなら……「動揺」

まずは感想をひと言で述べると……月並みに「驚愕」とか「衝撃」でもいいのだが、スーパー正直に言わせてもらうと「動揺」である。決して悪い意味での「動揺」ではないが、かといって良い意味でもないことは強調しておく。

本編中に「そう~きたか……!」と唸ってしまうような、ある “驚きの展開” があり、思わず試写室のイスから転げ落ち……るほどではないが、それでもフツーの映画館で見ていたらビックラこいてポップコーンを落としていたかもしれない。それほど「動揺」したのだ。

なんなら動揺しすぎて笑った。と同時にグッときた。まぁ泣きはしなかったものの、当初「こんなカンジの映画だろうな~」と想定していた内容のナナメ上を行く展開で、完全に意表を突かれたのだ。ともかく色んな意味で心と感情が揺さぶられる、そんな作品だった。

と、まぁネタバレになるのであまり多くは語れないが、結論から言うとファンはもちろん、原作(『ドラゴンクエストⅤ』)をプレイしたことがない人も絶対に見に行ってほしい! この夏は間違いなくドラクエの話題で持ち切りになるだろう。(新作ゲームも発売されるし)

── はい! これで言いたいことは大体、言えました。このまま終わってもいいのだが、せっかくなので以下に私が思った「良かった点」「残念だった点」をネタバレなしでつらつらと述べていくぞ!

・良かった点① コレが見たかった! 動く「ドラクエ」の世界

ゲーム『ドラクエⅤ』におけるバトルシーンでは、実際に ”攻撃” をする様子が描かれておらず、斬撃のようなエフェクトが画面にちらっと映るだけ。♪ピロピロッ! デュクシッ! 的なサウンドで戦闘が進み、良くも悪くも淡泊だ。

しかし、フル3DCGアニメーションの本作では、武器を手にしたキャラクターたちが縦横無尽に動き回り、モンスターをズバーー! っと切り裂いては、手から攻撃呪文を迫力満点に繰り出すのだ。さらに蹴散らされたモンスターたちは、あたりにお金やお宝もブチまける。

……コレだよ、コレ! 子どもの頃、スーパーファミコンでプレイした時の脳内補正を見事に映像化しているのだ。古くからのゲームファンからは「動かないからいいんじゃあないか」という意見もありそうだが、だまされたと思って見てほしい。理屈抜きでカッコイイのだ!

・良かった点② 声優たちがマジでいい仕事してる

アニメや吹替映画などにおいて芸能人が声優を務めることについては、いつだって賛否がつきまとう。かくいう私もどちらかというと「否」寄りの人間だ。著名な人物が吹替をすると、どうしても本人の顔が頭の中にチラついて作品に集中できなくなるからだ。

本作でも多くの役者さんやタレントが声優を務めているので心配でならなかったが、完全に杞憂(きゆう)でした。むしろメッチャメチャ良い仕事をしていた。見事にあのキャラクターたちに声を、そして命を吹き込んでいて、違和感をみじんも感じさせることなく『ドラクエ』の世界へと引き込んでくれたぞ!

・良かった点③ 「ビアンカ or フローラ問題」は、誰もが納得する設計に

本作の原案であるゲーム『ドラクエⅤ 天空の花嫁』で非常に重要なターニングポイントとなるのは、主人公(プレイヤー)が幼馴染であるビアンカとフローラ、どちらを結婚相手として選ぶか、である。ゲーム発売から20年以上が経つが、今もなおファンの間では「ビアンカ派」「フローラ派」の2大派閥に分かれている。

本作でもその「結婚」が描かれるとなると、両派閥の確執(かくしつ)が一層深まるのでは……と思われたが、実際に鑑賞してみたらアラびっくり。誰もが納得、そして笑顔で祝福できる安心設計となっていた。

少なくともこの映画においては “花嫁をめぐる論争” は起きないだろう……多分。

と、ここまでは『良かった点』を挙げてきたが、『残念だった点』もいくつかあったことも事実なので、こちらもネタバレなしで述べさせていただく。

・残念だった点① なぜ「キャラデザイン」が鳥山明ではないのだ!?

ドラクエシリーズといえば、堀井雄二氏(ゲームデザイン&シナリオ)、すぎやまこういち氏(音楽)、そして鳥山明氏(キャラクターデザイン)の3本柱で成り立ってきた。本作でも堀井氏とすぎやま氏は当然のごとくスタッフの一員として名を連ねているが……

本作で鳥山明先生は、キャラクターデザインを担当していない……!
なんでだよぉ! ドラクエといったら鳥山明先生のデザインだろぉ!?

これには正直、公開前から非常にガッカリした。ガッカリしすぎて、俺がファンを代表して映画の責任者にメガンテをかますこともいとわない覚悟だった。だってぇ~! 登場する「モンスター」は鳥山先生のデザインしたものなんだよ? それなのに肝心の「キャラクター」はそうでないなんて矛盾だよ~(ベースは “鳥山デザイン” とはいえ)

しかし、落ち着いて考えてみると『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』や『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』といった、鳥山明先生がキャラデザインしていながらも傑作のドラクエ作品があることも事実なので、そう考えたら本作についても許せる……かな。

・残念だった点② 展開、早えー(笑)

本作は、クリアをするのに40時間はかかるとも言われているゲーム『ドラクエⅤ』の要素をアレンジしつつも、基本的には大筋をほぼ全てブチ込んでいる。つまり、主人公の「少年時代」「青年時代・前半」「青年時代・後半」がギュギュッと詰まっているのだ──しかも103分という、昨今の映画作品としては比較的に短い尺の中に。

これには、さすがに “駆け足感” が否めなかった印象だ。もう、めまぐるしい。トントントントントーーン! と物語が進んでゆく。なんかもう、「走馬灯ってこんなんなのかな?(笑)」 っていう感覚。

筆者のように、ゲーム版をプレイしたことのある人間であれば、ある程度は記憶で補正できるだろう。とはいえ、2時間近くある「映画」だ。じっくり見せるところは見せてくれないと、観客は……ましてや “非・ドラクエファン” の観客は感情移入ができないのでは? と勝手ながらに案じてしまった次第だ。

一方で、あのゲームの中身をよくぞ103分に詰め込んだな……! と感心したことも事実である。

・映画もゲームも「ガンガンいこうぜ」


以上がネタバレなしで言える範囲の「試写会で鑑賞した感想」「良かった点」「残念だった点」だが、記事の冒頭でも触れたように、おそらく本作は公開されると同時に例の “驚きの展開” をめぐり賛否両論の嵐が吹き荒れることが予測される。

しかし、「作品」とはそういうものである。全員が「賛」あるいは「否」の作品なんて存在しないのだ。私も8月2日以降、本作を鑑賞した身近な友人や知り合いと「ドラクエ談義」をするのが楽しみである。

ちなみに、本作を鑑賞すると『ドラクエⅤ』のゲームが猛烈にやりたくなる。かくいう筆者も、iOS版のゲームを購入し、日々冒険にいそしんでいるし、9月に発売予定の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』も当然買うつもりだ。2019年の夏~秋はドラクエの話題が尽きることはないだろうが、その熱い議論に参加するためにもまずは映画をご覧あれ。

参考リンク:『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.
(C) 2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会 (C) 1992 ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SPIKE CHUNSOFT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。