ポジティブ思考のヤングがジェレミー・リンにエール「君ならまだまだできる」

写真=Getty Images

リンは「NBAに見限られた気分」と涙

オフにフリーエージェントとなるも、NBAチームからオファーが届かないことに落胆したジェレミー・リン。先日、台湾の『Good TV』の番組に出演したリンは「NBAに見限られた気分」と、涙を流しながら語った。

「英語には『どん底を味わったら、あとは上がっていくだけ』ということわざがある。でも、そのどん底の状態が続いているように感じている。今年のフリーエージェント市場は厳しい。NBAに見限られたような気分」

リンは、ラプターズのメンバーとして球団初優勝に貢献した。だが、ウォリアーズとのNBAファイナルでは、トータル1分しかプレータイムを与えられなかった。本人の中にも葛藤があったのだろう。リンは「アジアツアーでは、自分が勝ち取ったとは思えない優勝についても話をしないといけない」と、心境を明かした。

リンには、昨シーズンのユーロリーグ、VTBユナイテッドリーグを制したCSKAモスクワからオファーが届いたと報じられたが、本人はNBAでのプレーを望んでいる。ただ本人は、もしNBAチームからオファーがなければ、アジアでのプレーを検討することも示唆している。

そんな中、ネガティブ思考になっているリンに、NBAの中でも超ポジティブ思考の持ち主であるニック・ヤングがエールを送った。

ヤングはTwitterに「俺も含めてたくさんの人が同じことを考えていると思うけれど、ポジティブに考えよう。君なら、まだまだできるよ」というメッセージを投稿。

「君は素晴らしい選手だ。それを思い出せ。何があっても、楽しいこと、嬉しいことを失くしちゃダメだ。俺の中国の友達も、君のことを尊敬しているんだよ」

これは、同じNBAの荒波を乗り越えてきたヤングだからこそ言えるアドバイス。それでも、最後は得意のジョークで締める『ヤング節』も忘れていなかった。

「とりあえず、髪型をドレッドに戻してみたら!」

相変わらずどこまで本気か分からない発言だが、『ヤング流』の励ましであることは間違いない。

バスケットボール総合情報サイト。NBAからBリーグの最新情報、日本代表選手のインタビューはもちろん、バスケ部プレーヤーのお役立ち情報まで、バスケの情報を幅広く届けるサイトです。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

綾野剛、沢尻エリカが素顔を暴露「必死になって…」 撮影中の意外な行動とは?

 テレビ朝日系で今月19日にスタートするドラマ『ハゲタカ』の制作発表記者会見が9日に行われ、主演を務める俳優の綾野剛(36)、沢尻エリカ(32)らが出席した。

 ドラマ『ハゲタカ』は、2004年に刊行されベストセラーになった真山仁の同名小説をドラマ化した作品。綾野演じる外資系投資ファンドの代表は“ハゲタカ”と呼ばれながらも、不良債権を抱えた銀行や経営不振の企業を買収していく。

 同ドラマで敏腕ホテルウーマンを演じる女優の沢尻エリカは、映画『ヘルタースケルター』、『新宿スワン』に続き今回で3回目となる綾野との共演について「今回が一番緊張したというか、恥ずかしいよね」とコメント。それを受け、綾野も「今までやってきた役がまともな役じゃなかったので」と苦笑。沢尻が「改めてちゃんと目を見て会話しているみたいな。すごく恥ずかしかったよね」と話すと、綾野も「すごく恥ずかしかった」とはにかんでいた。

 社会派ドラマでの再共演に照れた様子の沢尻は、撮影中に綾野がとった意外な行動に驚いたといい「草原でロケをしていて、そうしたら綾野くんが遠くから『四つ葉のクローバー見つけたよ!』って、本当に満面の笑みで四つ葉のクローバーを見つけていて(笑)」と微笑ましいエピソードを披露。素顔を暴露されてしまった綾野は「必死になって探していましたね(笑)」と照れたような笑みを浮かべていた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


羽田などで8000万円荒稼ぎか“白タク”経営の男逮捕 ▶︎Abemaビデオはコチラ

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【衝撃映像】早く逃げて! 洪水のパキスタンを中継するレポーターのプロ根性がワールドクラス

どんな仕事であってもお金をもらうということは誠に大変なことである。それが、人が羨むような仕事であればあるほど実は過酷なものなのかもしれない。

この度そんなことを思わされたのは、ニュース番組のひと幕。洪水のもようを伝えるニュースで、スタジオから現地のレポーターに中継が繋がると……は、早く逃げてー

・衝撃映像

そんな衝撃映像が放送されたのはパキスタンのニュース番組『GTV News』だ。2019年7月26日にYouTubeの公式チャンネルで公開されたこの回では、パンジャーブ州で起こっている洪水について報じた。

スタジオの女性キャスターがニュースを伝えると、映像は現地へと切り替わる。そして、次の瞬間、映し出されるのは現地にいるレポーター。な・の・だ・が! え!? これ大丈夫!?

なんと映し出されたレポーターは洪水から頭のみが出ている状態。飲み込まれすぎだろ! 早く逃げてー!!

・魂のレポート

しかし、そんな状態にもかかわらず、マイクをなんとか水の上に出し現地のもようを伝え続けるレポーター。どうやら、この洪水はインダス川の水位の上昇によるものらしい。分かった! もう君の状態見て現地の様子十分伝わったから早く逃げてー!!

自分の身を顧みず、何よりも伝わるレポートをした彼の名は、アザダール・フセイン(Azadar Hussain)記者。そのプロ根性はワールドクラスだ。しかし、同時に職場環境について少し心配になってしまう。早く逃げた方がいい職場でなければ良いが。

参照元:YouTubeRTE News(英語)
執筆:中澤星児

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。