『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を観た感想 →「これスパイダーマン5くらいまで続きそう」

2019年6月28日、映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が公開された。大ヒットを記録した「アベンジャーズ / エンドゲーム」で一区切りがついたMCUの新たな第1歩として公開される本作は、ファンにとって絶対に見逃せない作品だ。

公開に先立ち行われた試写会で、私、P.K.サンジュンは同作を一足早く鑑賞してきたのだが、映画の内容にあれこれ触れるのはやめにしておこう。それより映画を観終わって思ったことは「スパイダーマンだけでも5くらいまで続きそう」ということだ。

・大人になりたくないピーター

映画の舞台となるのは「アベンジャーズ / エンドゲーム」の8カ月後。サノスの “指パッチン” で消滅していた人類の半分が甦り、人々が徐々に元の生活に戻ろうとしているタイミングである。当然ながら「アベンジャーズ」の気配も色濃い。

冒頭で「内容についてあれこれ触れない」と書いたが、ただ1つだけ言えるのは、これまでは「早く大人になりたいピーター」だったのが、今作では「大人になりたくないピーター」であるということ。また、ティーンエイジャーが主人公なので “青春もの” の一面があることは記述しておきたい。

・エンドゲーム後の世界

さて、映画はさすがのMCUクオリティであり、スパイダーマン自体も映画向きのキャラクターであることから、作品としては文句なしにオススメできる。特にエンドゲーム後の世界がどうなっているのか気になって仕方がないファンは、絶対に観に行くべき作品だ。

アクションシーンはもちろんのこと、甘酸っぱい系のストーリーもキュンキュンすること間違いなし。またMCU作品ならではの “他キャラコラボ” もあるので、満足して映画館を後にできるハズだ。ただ、それよりも映画を観終わった私が感じたことは、

「スパイダーマンだけでも5くらいまで続くんじゃね?」

……ということである。スパイダーマンはMCU第13作「シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ」で初登場して以来、今作で5作品目の登場となるが、まだピーターはハイスクールすら卒業していない。

・王位継承的な意味合いも

原作のスパイダーマンは登場時こそ高校生であったものの、その後の方が遥かに長く、また見せ場も多い。アイアンマンとキャプテン・アメリカ亡き後、スパイダーマンはMCUの中心人物になると予測されていたが、今作を観てそれが確信に変わった。「やはりスパイディか」と──。

とはいえ、元々の知名度も高く映画向きのスパイダーマンが、アイアンマンやキャプテン・アメリカに代わる中心キャラになることは当然なのかもしれない。そして『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』も、いわば “王位継承” 的なニュアンスを多分に含む作品であった。

とにもかくにも、世界的大ヒット間違いなしの『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日に公開された。なんと日本は世界最速公開となっているから、ぜひ早めに映画館に足を運んでいただきたい。

参考リンク:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【スターシアターズ・榮慶子の映画コレ見た?】「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」 イブの名著、誕生を描く – 沖縄タイムス+プラス ニュース

 長きにわたって愛される名著「クリスマス・キャロル」が、作家チャールズ・ディケンズと、物語の主人公スクルージによって紡がれる設定がこころ憎い。 子だくさんで、家の修理費用にも事欠くようになったディケンズは、新作が書けずに思い悩む。

沖縄タイムス社のニュースと電子新聞サイト。沖縄県の最新ニュースに加えて、おくやみ、人事、観光、グルメ、イベント、コラム、プレゼントなどの情報も。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

堀未央奈、初出演・初主演映画でアジア新人部門・優秀女優賞を受賞

 堀未央奈が、初出演・初主演を務める映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』(28日公開)で、「第22回上海国際映画祭」アジア新人部門・優秀女優賞を受賞した。これに伴い、“初”の海外映画祭参加。「より多くの人に作品の魅力を知ってもらいたい!」とコメントした。

 2016年、『溺れるナイフ』で興行収入7億円強の大ヒットを記録し、一躍その名を世間に轟かせた山戸結希監督。去る2月に公開された映画『21世紀の女の子』では、企画・プロデュースを手掛けたことでも話題を呼び、今最も新作を心待ちにされている映画監督の1人だ。そんな山戸結希の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)に全国公開となる。

 原作は、現在の少女漫画表現の先駆けとなる胸キュン描写で人気を博し、販売部数450万部を超える伝説的少女コミック「ホットギミック」(原作者:相原実貴)。主人公:初の心の成長を軸に展開される少し大人なストーリーで女子高校生のリアルな心情を描いた大人気少女漫画だ。

 本作は平凡な女子高生・成田初に訪れた”3つの初恋”の物語。同じマンションに住む3人の魅力的な男性が1人の純朴な少女に恋をするという夢物語を幻想的に映しながらも、恋をするからこそ、自分自身の存在に向き合っていく“ガールミーツボーイ”としての物語、10代の不安定でリアルな感情が描かれた“新時代の青春恋愛映画”となっている。

第22回上海国際映画祭

 このほど、本作の主人公・成田初役を演じた堀未央奈が中国・上海で現在開催中の「第22回上海国際映画祭」にてアジア新人部門・優秀女優賞の受賞した。受賞を受け、現地にて優秀賞受賞式に参加し、公式上映にて舞台挨拶を実施。

 1993年より開催され、今年で第22回を迎える上海国際映画祭は、アジア最大級の規模で開催され、カンヌ・ヴェネツィア・ベルリンと並んで、国際映画製作者連盟(FIAPF)に公認されている映画祭だ。権威ある映画祭にて、本作の主演を努める堀未央奈がコンペディションのひとつでアジアの新人監督、俳優などを対象とした「アジア新人映画部門・優秀女優賞」を受賞した。

 堀は、本作が映画初出演、初主演であり、もちろん、海外映画祭への参加も初!今回の受賞を受け、本作にてメガホンをとった山戸結希監督とともに、上海へ渡ることとなった。

 優秀賞受賞式が行われる上海大宁福朋喜来登酒店 (フォーポインツ バイ シェラトン上海 大寧(ダーニン)/Four Points by Sheraton Shanghai, Daning)へ到着すると、優秀賞受賞式会場へ入る直前で本作のポスターを見つけ「(優秀賞をこれから受賞するんだという)実感が湧いてきました。すごく緊張していますが、日本を代表してというか、日本を背負いながら『ホットギミック ガールミーツボーイ』の良さを広めていけるように、背筋を伸ばして頑張りたいと思います」と掘は緊張を覗かせながら初々しく笑顔をみせた。

 山戸監督から背中を押され、1人他受賞者とともに授賞式へと向かい、壇上に上がり、トロフィーと記念品が手渡されると、大感激しながら「今までの青春恋愛映画とは違った作品となっています。是非、世界中の方々にも楽しんで頂きたいです!」と感謝の言葉と共にコメント。アジアの次世代を担う女優の誕生に暖かな拍手が贈られた。

第22回上海国際映画祭

 今回の受賞にあたって、本作の公式上映も実施。超満員の会場に堀と山戸監督が登場すると、万雷の拍手&大歓声が巻き起こり、”新時代の青春恋愛映画”を存分に堪能し、初の<3つの初恋>の行く末を見届け、熱気に満ち溢れた観客たちの盛り上がりように2人とも安堵した様子で大感激!堀は「新しい恋愛映画の形を観て頂けたらと思って、今日は上海に来ました。宜しくお願いします。去年はアイドルとして上海へ、今日は女優してきました。昨年ツアーで来た時は皆さんがとても暖かく、メンバーみんなで喜んでいたのですが、今回はまた違った緊張感があって。乃木坂の私としても、堀未央奈としても、上海にこれからも来たいなと思いました」と挨拶。「掘ちゃーん!」と割れんばかりの歓声が止まらない。山戸監督は挨拶を終えると、”少女漫画を映像化する際に心掛けていることは?”との質問に「本作を始め、少女漫画を原作とする映像化については「たった1人の指先でつくられる漫画と、大人数で製作する映画、たった1人の個人の眼差しを損なわないように映像化することを気をつけています」と応じた。

 今回、特別に来場者たちから、質問を受けることとなり、貴重な機会に観客たちは大盛り上がり!清水・板垣・間宮と3つの初恋を共にしたキャストたちに関する質問に応じ、”圧巻のクライマックスシーン”についての質問に「撮影も終盤だったので、あまり時間もなく、数時間の中でワンカットで撮影しました。堀さんはその時の記憶がないと言ってました」と山戸監督。堀が「集中しすぎて記憶がないんです。没頭していたというか、映画でその没頭ぶりを楽しんで欲しいです」と続ける。

 そして、最後は掘自身が考える本作の物語を尋ねられると、「私が演じた初は、ごく普通の17歳の女の子。恋愛だけでなく、家族や妹や、いろんな成長をしています。小さな女の子の成長を見て、自分も大切な大切な1人の人間なんだと思っていただけるようなストーリーじゃないかと思っています」と強くメッセージを込め語り、短き時間に惜しむ声も飛び交う中、舞台挨拶は幕を下ろした。降壇後もしばらく来場者たちの拍手はしばらく続いていた。

 第22回上海国際映画祭 アジア新人部門 最優秀女優賞は「ホットギミック ガールミーツボーイ」を含む計3作品の中から4人がノミネート。(第22回上海国際映画祭 アジア新人部門での日本作品のノミネートは「ホットギミック」のみ。)掘が受賞となった場合、日本人初の快挙となる。

堀未央奈

音楽&エンタメニュースサイト