ドラマ『わたし、定時で帰ります。』、先週の放送中断を経て本日改めて最終回が放送

■ドラマ『わたし、定時で帰ります。』最終回、結衣(吉高由里子)が、ブラック上司・福永(ユースケ・サンタマリア)とついに対決!
先週、新潟県で最大震度6強を観測する地震が発生したため、番組途中で放送が中止となったTBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』最終回が、本日6月25日22時から改めて放送される。

本作は、吉高由里子演じる“残業ゼロ! 定時で帰る!”がモットーのニューヒロイン・東山結衣が、同僚のモンスター社員たちが抱える様々なトラブルを解決し、働き方新時代に働くことの意味を問う、心温まるワーキングドラマ。

“働き方改革”の波と相まって、主人公の結衣をはじめ、それぞれの登場…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

“橋本愛直筆”タイトルロゴがポスターに! 『ここは退屈迎えに来て』メイキング付き特別映像&コメント到着

 山内マリコの処女小説『ここは退屈迎えに来て』が映画化、10月19日(金)より全国公開される。この度、主演・橋本愛直筆のタイトルロゴを使用したポスターが完成。さらにメイキング映像付きの特別映像が解禁となった。

 「R‐18文学賞」読者賞を受賞し、2012年に小説が発売されるやいなや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインした、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説『ここは退屈迎えに来て』。この度、主演の橋本愛が直筆で書き上げたタイトルロゴ使用のポスターが完成し、新宿バルト9ほか全国ティ・ジョイ系列の上映劇場で展開されることが決定。併せて、メイキング映像付きの特別映像が解禁となった。

 本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を演じるのは、その透明感のある演技で日本映画界において高く評価される女優・橋本愛。元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、これまで数々の作品で体当たりの演技を披露し注目を浴びた若手実力派女優・門脇麦。そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう<椎名くん>を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら実力派俳優陣が脇を固めている。監督は、これまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一が務める。

▼特別映像

URL: youtu.be

▼特別映像メイキング&コメント

URL: youtu.be

 解禁された特別映像では、橋本が床に置かれたポスターに向き合う真剣な表情や、完成したポスターを持ちながらカメラに微笑みかける可愛らしい姿が映され、本作で見せる冷静な印象とは異なる“素”の橋本が堪能できる。併せて到着したコメントで、橋本は「今回、タイトルロゴをどのようなイメージを持って書いたのか」との質問に「この小説のタイトルが素晴らしくて。『ここは退屈迎えに来て』という言葉が詩として成立しているなと思って、この言葉を書いている人たちにちょっと寄り添いたいなと思って書きました」と答え、最後に愛らしい笑顔を見せている。メイキング映像の裏側で見せる真剣な表情とのギャップに彼女の女優としての計り知れない実力が垣間見える。なお、本特別映像とポスターは、新宿バルト9ほか全国ティ・ジョイ系列で限定公開される。 

ストーリー

 マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本愛)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達・サツキ(柳ゆり菜)と久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことに。道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇る――。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇麦)。元カレの友達と腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている――。

(C)2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

亀梨和也 ドラマ「ストサガ」打ち上げで熱唱、続編の声も

 二階堂ふみ(24才)、亀梨和也(33才)がダブル主演したドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)。最終回放送日の6月20日夜、東京都内のイタリアンレストランで行われた打ち上げの様子をキャッチした。  同作は […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。