【コラム】ネット配信全盛の時代でも、ビデオ屋にはビデオ屋ならではの良さがあるという話 ~まだ見ぬ出会いを求めて~

Hulu、Netflix、Amazon prime video……。定額制の動画配信サイトが近年次々と登場し、多くの加入者を獲得している。家で映画やアニメを視聴する手段としては、すでにネット配信がスタンダードになっているかもしれない。この流れは今後も加速するものと思われる。

その一方で、昔ながらのレンタルビデオ店(以下、ビデオ屋)は苦しい時代を迎えていると言っていいだろう。

しかし、そんなビデオ屋には「ビデオ屋にしかない味」があるということを、皆さまはご存知だろうか。今回はそんな話をお届けしたい。映画が好きな人には共感してもらえる部分もあると思うので、ゆるりとお付き合いくださいな……。

・思わぬ出会い

ビデオ屋の最大の魅力は、思わぬ掘り出し物の映画と出会うことができる点だと筆者は考えている。ビデオ屋の場合、借りたい作品が決まっている場合でも(どこに陳列されているか分からないので)店内を一定時間ウロウロすることになる。観たい作品が決まっていない場合なら、なおさら店内をウロウロすることになる。

この「店内パトロール」の過程で、「えっ、こんな映画あったの?」「なにコレ面白そう~!」「この俳優ってこんな作品にも出てたんだ!」といった掘り出し物の映画を発掘することがあるのだ。これが楽しい。

メジャーな作品を押さえるのもいいが、マイナーな作品を発掘するのも映画ファンにとっては楽しみのひとつ。そんな映画ファンにとって、ビデオ屋の陳列棚はいわば宝の山だ。ちなみに、お宝映画は棚の最下段か最上段に眠っていることが多い。

動画配信サイトでは、そうはいかない。検索すれば観たい作品をすぐに探せるし、お目当ての作品がない場合でもトップページに表示される「おすすめ作品」「レビューが高い映画」「人気上昇中の映画」などから選ぶことになりがち。

そういった特集ページに掲載されている作品は、得てして多くの人が視聴しているメジャーな作品であることが多い。マイナーな作品との出会いという点では、動画配信サイトは少し弱いのだ。

・パッケージに恋して

世の中には、「パッケージだけでお腹いっぱいになる映画」というものがある。明らかに低予算で作られたであろうC級パニック映画などが該当するのだが、実際にレンタルせずとも、そういった映画のパッケージを眺めているだけでも非常に楽しい時間を過ごすことができる。

いったい何を考えてこんな映画を作ったのだろうか? てかこんな映画借りるやついるのか? と思ったら借りられてるよ……。そんなことを考えながら、ひたすらニヤニヤして過ごすのだ。

真面目に作られた作品であればあるほど、香ばしさは増す。パッケージに書かれた日本語のキャッチコピーにも注目だ。

・映画談義に花が咲く

断言しよう。友達と行くビデオ屋は、友達と行く映画館の10倍楽しい。

映画が好きな人にとって、同好の士とアレコレ語り合う時間は楽しいもの。でも友達と映画館に行っても、結局上映中は何も話せないでしょ? せいぜい終わったあと喫茶店に行き、感想を言い合うくらいではないだろうか。

しかしビデオ屋は映画談義に花が咲く。なにせ360度、映画のパッケージに囲まれた空間だ。話題には事欠かない。「この映画オススメやで!」「コレまだ観てへんの?」「ポール・ニューマンみたいな顔に生まれたかったな~」なんて会話で盛り上がったり、自分のオススメ作品を猛プッシュしてみたり、逆にオススメ作品を教えてもらったり。そんな至福の時間を過ごすことができるのも、ビデオ屋ならではの魅力といえよう。

・ビデオ屋へ行こう!

動画配信サイト、確かに便利だ。観たい作品が借りられていたり、借りてきたDVDに傷が入っていて再生できずムキイィィィィィィ!! となることもない。そして何より「わざわざ返しに行かなくてもいい」というメリットは大きい。

かくいう筆者も 、その便利さに「これもうビデオ屋いらねえじゃん!」と思っていた時期もあった。しかし最近になって、上記のようなビデオ屋の魅力に改めて気付かされた次第だ。

映画を観るのが好きであれば、たまにはフラリとビデオ屋に寄ってみてはいかがだろうか。そこにはきっと素敵な出会いがあるはずだ。

執筆:グレート室町
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

窪田正孝、“ヒモのプロ”として講師に抜擢? 個性豊かなヒモが続々登場する『ヒモメン』第5話

 女優・川口春奈と俳優・窪田正孝がW主演を務める土曜ナイトドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)。窪田演じる主人公・翔の“ヒモっぷり”に、SNS上では「翔ちゃんホストで稼げそう」など、「貢いでもいい!」という女子が続出している話題作だ。

脱ヒモのプロVS翔ちゃん 様々な試練が翔ちゃんを襲う…!?

 『ヒモメン』は、“楽に生きたい”をモットーに、働かないことに全力を尽くすヒモ男・“翔ちゃん”こと碑文谷翔(窪田正孝)と、彼の恋人で看護師の春日ゆり子(川口春奈)の同棲生活を描く社会派コメディ。

 第5話では、珍しくレストランで優雅なディナーを楽しむ翔とゆり子たちの元へ突然見ず知らずの男が借金の取り立てに来る。実は、翔を養うためゆり子は1000万円もの借金をしていたようだ。借金のかたにゆり子を連れ去ろうとする男・豊川(音尾琢真)に「彼女なしじゃ、僕は生きていけない!」と切実に訴えるヒモ男・翔。すると豊川はゆり子の代わりに翔に働かせることを決め、翔はいきなり倉庫での重労働に駆り出されてしまう。

 実は、あまりに働かない翔に腹を立てたゆり子がついに先輩の聡子に頼んで“脱ヒモ作戦”を発動させたもので、豊川は聡子の恋人で『ヒモ更生プログラム』を実施するヒモ再生請負人だったのだ。

 豊川が脱ヒモのプロで社会復帰させたヒモの数はなんと999人!そんな豊川が翔の更生を任され、脱ヒモさせるために様々な手段を使って奮闘する。果たして、恐怖のヒモ更生プログラムの全貌とは…?労働の尊さを知った翔は、汗と涙の3万円を手に入れヒモから脱却することができるのか。ついに、ヒモを卒業となるか!?

翔ちゃん、カリスマ“ヒモ男”に? 個性豊かなヒモ役キャスト続々登場

 豊川は、翔を“脱ヒモ”させる課題の一つとして『ヒモのヒモによるヒモのためのヒモ講座』のヒモ講師を翔に務めさせる。もはやヒモ講師となると、カリスマの域に達してしまう翔。そのヒモ講座を受講する生徒として、世紀のモテ男・マイケル富岡、主題歌「Jesus」を歌うアイドルグループ超特急のリョウガ、最近改名したばかりのお笑いコンビ・パーパーの三人合わせて星野です、お笑いコンビ・きつねの大津広次がヒモ役として出演する。

 番組初の副音声企画により出演する川口、岡田結実、片瀬那奈が「ヒモメン女子会」と称し、裏話を次々と披露しながら放送される今作。『ヒモメン』(テレビ朝日系)第5話は8月25日よる11時15分より放送。

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

GENERATIONS・片寄涼太&橋本環奈主演、映画『午前0時、キスしに来てよ』より片寄演じる国民的スター“綾瀬楓”の劇中写真公開

■あなたは、どの楓(片寄涼太)を選ぶ!? 映画『午前0時、キスしに来てよ』ムビチケ限定ビジュアル投票企画も実施!
『別冊フレンド』(講談社)にて大人気連載中、単行本(電子書籍含む)は累計260万部を突破、映像化オファーが殺到した、みきもと凜の同名少女まんが『午前0時、キスしに来てよ』が実写映画化。12月に全国公開を迎える。

芸能人と一般JKの誰にも言えない秘密の恋を描く本作。国民的スター・綾瀬楓(あやせ・かえで)を演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル、片寄涼太。普通の女子高生・日奈々(ひなな)役には、ティーン女子から絶大な支持を得る橋本環…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。