初主演の堀未央奈「人類初でしたっけ?」

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の先行上映会が17日、「大阪ステーションシティシネマ」(大阪市北区)でおこなわれ、堀未央奈(乃木坂46)と清水尋也が登壇。舞台挨拶をおこなった。 堀が演じる主人公・初と、3人の男 […]

関西のおいしい、楽しい、知りたい…がいっぱい。関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊ぶニュースサイトです。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

キングギドラにモスラ、ラドン!『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』登場の怪獣まとめ

2014年に公開されて大ヒットを記録したレジェンダリー・ピクチャーズ製作の『GODZILLA ゴジラ』は、日本で制作された原点である着ぐるみ型の武骨な造形をリスペクトしながらも、CG表現を駆使してよりパワフルなイメージでゴジラを描ききり、新たなゴジラブームに火を付けたことで高い評価を得た。

その続編となり、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)とも世界観を共有する「モンスターバース」の最新作となる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の公開が5月31日(金)に公開となる。

この作品で注目を集めているのが、今作で本格的にハリウッド映画のキャラクターとして生まれ変わることになる、昭和の頃からゴジラと共にスクリーンで活躍してきたモスラ、ラドン、キングギドラという日本を代表する人気怪獣たち。知ればより『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が面白くなる、3怪獣のオリジンについて紹介していこう。

女子にも大人気!成長する美しい蛾の怪獣モスラ

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

ゴジラに並んで有名な怪獣と言えば、巨大な蛾をモチーフにした怪獣モスラ。初登場となったのは、1961年(昭和36年)に公開された映画『モスラ』だ。南海の孤島・インファント島に住む守り神であり、心を通わす双子の妖精・小美人が人間に連れ去られたため、それを追って東京へと上陸する物語が描かれた。

幼虫の姿で行動しながら、東京タワーに巨大な繭を作って羽化し、巨大で美しい蛾となる姿を見せたことはあまりにも有名。小美人と心を通わし、ずっと人類の味方というフレンドリーなポジションでいたこともあり、数いる怪獣の中でも女性人気が高いのも特徴だろう。

ちなみに『モスラ対ゴジラ』(1964年)でゴジラと初対決し、成虫は敗れたものの卵から生まれた双子の幼虫がゴジラを撃退。ゴジラから勝利を奪った怪獣としても有名なのだ。

空から襲い来る脅威として描かれたラドン!

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

ゴジラ、モスラと並んで「東宝3大怪獣」と呼ばれる怪獣ラドン。ラドンの誕生はモスラよりも早く、1956年『空の大怪獣ラドン』としてスクリーンデビューを飾っている。『空の大怪獣ラドン』は、東宝怪獣映画としては初のカラー映画として公開されたことで、当時大きな話題となった作品でもある。

ラドンは、放射能と火山ガスの影響で現代に蘇った巨大翼竜プテラノドンの突然変異体という設定で、巨体ながら超音速で飛行する能力を持つ。そのため、飛行時に出す衝撃波で市街地を破壊するほどの力を発揮し、また移動範囲や移動速度が速いことも特徴であることから、怪獣によるパニックを描いた映画としては、東宝怪獣映画の原点である『ゴジラ』(1954年)とは趣が異なる「空から襲い来る脅威」を描いた内容となっていたのだ。

三大怪獣に対抗する圧倒的な存在、キングギドラ

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

まったく異なる映画に登場するゴジラ、モスラ、ラドンの三大怪獣が競演する作品として製作され、ゴジラが人類の味方として描かれるきっかけとなったのが、1964年に公開された『三大怪獣地球最大の決戦』。かつて金星を壊滅させた宇宙怪獣が地球へと飛来。地球の壊滅の危機を救うべくゴジラ、モスラ、ラドンが種族を越えて手を組み対抗するという物語が描かれた。

東宝怪獣映画を代表する3大怪獣を敵に回し、圧倒的な強さを見せつける怪獣として誕生したキングギドラは、黄金色の身体と3つの首を持つ迫力のある姿で造形されている。その特徴的な姿と圧倒的な存在感から以後ゴジラに敵対する怪獣の筆頭として複数の作品に登場。ゴジラのライバル怪獣としての地位を確立していった。

平成ゴジラシリーズでも、モスラ、ラドン、キングギドラが活躍!

こうした出自を持つモスラ、ラドン、キングギドラは1984年にゴジラが復活して、後に「平成ゴジラシリーズ」と呼ばれる新シリーズの中でも復活を果たす。

モスラは1992年の『ゴジラVSモスラ』で復活し、平成ゴジラシリーズでの対決を皮切りに単独映画3 部作も制作された。キングギドラは1991年公開の『ゴジラVSキングギドラ』にて復活し、1度ゴジラに敗れた後メカキングギドラに改造されるという活躍を見せ、さらに平成モスラ3部作のライバル怪獣としても登場している。ラドンは1993年公開の『ゴジラVSメカゴジラ』にて復活。劇中では赤い姿で口から熱線を吐くファイヤーラドンへと進化する姿が描かれた。

これまで、日本の特撮として着ぐるみやワイヤーを使用した操演という形で表現されてきたモスラ、ラドン、キングギドラも『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では、フルCGにて描かれることが明らかとなっている。

撮影用の実物を使った映像表現では不可能であった、CGを駆使したより生物的な動きや身体構造を駆使したダイナミックかつスピーディーなアクションも公開された予告編からも垣間見ることができ、新しく生まれ変わった怪獣たちがゴジラとどのような新世代の戦いを繰り広げるのか期待が高まる。

原点となる『三大怪獣地球最大の決戦』に最大限のリスペクトを捧げた作品になると考えられるので、劇場公開の前に原点である作品を観ることによって、より深く『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を楽しみたい。

(文/石井誠・サンクレイオ翼)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

『アナと雪の女王2』の日本版特報が解禁 真っ暗な海面を走るエルサの姿も…(動画)

「アナと雪の女王2」日本版特報より

ディズニー映画『アナと雪の女王2』の日本版特報が公開された。ディズニーが公式サイトやYouTubeで6月18日に公開した

同作品は、2014年3月に日本で公開された『アナと雪の女王』の続編。

今回公開された映像は、監督のクリス・バック氏とジェニファー・リー氏のメッセージ付き。前作では主題歌「Let It Go(ありのままに)」が世界中で大ヒットとなったが、新作でも新しい楽曲が登場すると予告している。

これまでに公開されたポスターなどからも、新作では、触れるものを氷に変えてしまうエルサの魔法の力の秘密が焦点となりそうだ。

新たに公開されたシーンでは、舟に乗ったアナとオラフが滝に落ちる場面や、決意を秘めた表情のエルサが荒れ狂う海面に向かって走り出す場面などが次々と映し出される。

「約束して。何があっても私たちは一緒よ」と語りかけるアナの言葉も印象的だ。

「アナと雪の女王2」は11月22日に日米同時公開される。