ロンドンの人気居住エリアってどんな感じ?【クラッパム<Clapham>の場合】



ロンドンを旅行で訪れると、立ち寄るのは、ビッグベン、ロンドンアイ、タワーブリッジ、大英博物館、バッキンガム宮殿など、ごく中心部の観光スポットが多いでしょう。あとは、映画「ノッティングヒルの恋人」で知られる、高級住宅街のノッティングヒルのマーケットに行くくらいでしょうか。ふつうの人々が暮らすエリアがどんな様子なのかみてみましょう。

クラッパム(Clapham)とは?

クラッパム Clapham

クラッパムは、テムズ川の南側、ロンドンの南西部にあります。日本ではあまり聞きなれない地名かと思いますが、ヴィクトリア駅から電車で8分と、割と近いところにあります。

在ロンドンの日本人の住宅が集中しているのは、西ロンドンの中でもテムズ川の北側。南側は、高級エリアもあるのですが、治安が悪いエリア、かつて悪かったエリアが入りまじっているせいか、現在も日本人がそこまで多いとは言えません。

クラッパム Clapham

クラッパム Clapham

クラッパムはイギリス人やEUを中心とした若者に人気のエリアです。クラッパムを訪れたら、その雰囲気の良さを感じる日本人は多いはず。

また、夏目漱石がロンドンに2年ほど留学していた頃、何度か下宿を移っているのですが、この地には1年4~5か月と一番長く暮らしたということから、ある意味日本人に縁のあるエリアと言えるでしょう。

クラッパムに暮らす人々の声

住人たちに、クラッパムの暮らし心地をきいてみました。

クラッパム Clapham

「緑が多い。Clapham Common(クラッパム・コモン)の公園が大きくて好き」
公園では、平日もごろごろしている人がたくさんいます。日焼け待ちの人、犬の散歩の途中で休憩する人、カップルでいちゃいちゃしている人、仲間同士でおしゃべりしている人。

クラッパム Clapham

クラッパム Clapham

クラッパム Clapham

「カフェやパブ、レストランなど小さな飲食店がたくさんある」
世界各国のお店がそろっています。この時期はテラス席が大人気です。

「車の交通量が少ない。高い建物がない」
このあたりも、ナチュラルに暮らしたい人には最適です。

「都心への公共交通機関のアクセスがすごくよい。例えばウォータールー駅(Waterloo)まで10分で行ける。地下鉄も電車もバスも便利」
通勤やおでかけを考えると、中心地に近いことは大きなポイントでしょう。

クラッパム Clapham

クラッパム Clapham

「治安がよい。人が親切」
飲食店のスタッフが感じよい人が多い印象はあります。

クラッパム Clapham

クラッパム Clapham

「なんでも揃っていて、困らない」
ブティックは多くなく、ファストファッションのお店は隣町ですが。デパートあり、ディスカウントストアあり、DIYのお店あり、大きなスーパーマーケットがいくつかあり。Whole Foodsもあります。ナイトクラブあり、美容院やマッサージ店なども多く。普段使いには困りません。

中心地まで出なくても、生活が成り立つ。ロンドンの各エリアで完結できる度合いは東京以上な気がします。

[All photos by Shio Narumi ]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ディズニーが描く“不気味さ”…ティム・バートンが『ダンボ』で再現したかったもの

 ディズニーアニメーションの名作『ダンボ』を実写映画化したティム・バートン監督が来日時にインタビューに応じ、ディズニーが描いてきた“不気味さ”について語った。

 巨大な耳を持つ子ゾウ・ダンボと共に、アニメ版には登場しなかった人間のキャラクター・ホルト(コリン・ファレル)もメインで描くなど、50%リメイク、50%オリジナルというべき本作。バートン監督はダンボたちのサーカスを吸収する巨大テーマパーク“ドリームランド”まで新たに作り上げており、「僕はディズニーで育ったから、ある意味、自分自身の“ディズニーランド”を作るのは楽しかったよ」と満足げに笑う。

 実際にセットとして組み立てられた“ドリームランド”は目を見張る美しさだが、その一角には“ナイトメア・アイランド”というおどろおどろしいエリアも。彼らしい不気味さだが、「そうだね(笑)。でもほとんどのテーマパークは不気味だ。不気味じゃないやつも、僕には不気味に思える」とバートン監督。そしてディズニーアニメーション映画自体にも、そもそもダークで不気味な要素があると切り出した。

 「ディズニー映画について考える時、みんなこのことを忘れているんだと思う。僕はディズニー映画を観て育ったけど、ディズニー映画はいつでもこうしたテーマを描いていた。子供たちはディズニー映画で、死、悲しみ、喪失を初めて学んだんだ。喜びやユーモアと一緒にね。だから人々がそのことを忘れ、そうしたものは恐ろしく、子供たちに強い影響を与えすぎると考えるのはおかしいと思う。『ピノキオ』や『バンビ』なんかはとても激しいからね。世界のあらゆるものから子供たちを守ることなんてできない。僕は子供の頃、モンスター映画を観て育った。たぶん観るべきではなかったんだろうけど……。でも今の僕を見てよ、結局大丈夫だったでしょ?(笑)」

 そんなバートン監督が今回の実写版『ダンボ』で再現したかったのは、そうしたちょっとダークな要素でもあった。「子供の頃の僕にディズニー映画が与えてくれたようなものを、僕も作りたかったんだ。ユーモア、悲しみ、恐ろしさ、喪失、そうしたものを混ぜ合わせたものをね。今は全てが均質化されて、そうしたものが取り除かれてしまいがちだ。でもこうした映画の数々があるから、ディズニーは今日も存在しているのだと思う」

 そして本作を作る上で気に入っているのは、「オリジナル版には出てこない人間のキャラクターたちの物語が、奇妙な形でダンボの物語と相似しているところ」だったという。「みんな自分がのけ者のように感じていて、ホルト(コリン・ファレル)は腕も妻も仕事も失い、自分の子供たちにどう接すればいいのかわからずにいる。彼の子供たちも母を亡くし、自分たちがサーカスに囚われているように感じている。エヴァ(・グリーン)演じるコレットはヴァンデヴァー(マイケル・キートン)との関係に囚われている……。全てのキャラクターが、それぞれに自分は間違った場所にいると感じているんだ」と語っていた。(編集部・市川遥)

映画『ダンボ』は公開中

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

『ザ・ファブル』主演の岡田准一に佐藤浩市がクレーム!?「座長がミスターストイックだと、周りの役者は大変(笑)」

■「ファブルは岡田さんしかできない役だと思う。ゆくゆくは、ジャキー・チェンのリメイクとかやってほしいですね」(安田顕)
映画『ザ・ファブル』の公開記念舞台挨拶が本日6月22日に東京・丸の内ピカデリー1にて行われ、キャストの岡田准一(V6)、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、宮川大輔、そしてメガホンを取った江口カン監督が登壇した。

南勝久の同名漫画をもとにした本作は、伝説の殺し屋“ファブル”が一般人として普通の生活を送ろうと奮闘するさまを描くアクション。昨日6月21日に公開初日を迎え、早くも超絶アクションと心に迫る人間ドラマ、そしてハッピーな笑いが詰…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。