「なつぞら」第11週へ!2人の“兄”が初対面!

 放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土、総合・午前8時~ほか)が10日から11週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

 4月1日にスタートした「なつぞら」は、戦災孤児のなつ(広瀬すず)が北海道・十勝の大自然のなかで育ち、やがてアニメーション作りの世界に挑んでいく姿を追う物語。10日からは第11週「なつよ、アニメーターは君だ」に突入する。

 東洋動画で働くなつたちは、数万枚におよぶ動画を描き上げ長編アニメ映画「白蛇姫」を完成させる。なつが「風車」に帰ると、新婚旅行で東京を訪れていた照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の姿が。思い出話に盛り上がるなか、咲太郎(岡田将生)も帰宅し、2人の“兄”が初めて顔を合わせる。

 そして数日後、咲太郎の劇団の公演が幕を開け、なつは雪次郎(山田裕貴)と一緒に訪れる。主演女優・亀山蘭子(鈴木杏樹)とも会ったなつは、大きな刺激を受ける。そんななか、なつに再びアニメーターになるチャンスが回ってきて……。

 連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」は、朝ドラ「てるてる家族」などの大森寿美男が脚本を手掛けたオリジナル作品。スピッツによる主題歌や内村光良の語りも好評を博している。(編集部・大内啓輔)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

主題歌は宇多田!玉森裕太主演『パラレルワールド・ラブストーリー』新予告

東野圭吾の同名小説を、玉森裕太主演で映画化する『パラレルワールド・ラブストーリー』の新予告映像が公開となり、主題歌が宇多田ヒカルの楽曲「嫉妬されるべき人生」に決定したことが明らかとなった。

玉森裕太が2つの世界に迷い込む

ある日突然、崇史(玉森裕太)が迷い込んだ2つの世界。1つの世界では、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。しかし、もう一つの世界では麻由子が親友・智彦(染谷将太)の恋人に……。混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ【謎】の暗号。目が覚めるたびに変わる世界の中で、真実にたどりつけるのか――

 パラレルワールド・ラブストーリー ポスター

本作は、累計発行部数130万部を超える東野圭吾の同名小説を映画化する作品。2つの世界に翻弄されていく主人公・崇史を玉森裕太が、2つの世界で異なる存在の謎の女性・麻由子を吉岡里帆、崇史の親友・智彦を染谷将太が演じるほか、筒井道隆、美村里江、清水尋也、水間ロン、石田ニコル、田口トモロヲらが脇を固める。メガホンをとるのは森義隆監督、脚本を一雫ライオンが担当する。

このたび本作の最新予告が公開された。映像では、2つの世界に迷い込んでしまった崇史(玉森裕太)が、目が覚めるたびに変わる世界の中で真実を追い求めていく姿が描かれる。衝撃的な展開が繰り広げられ「世界が変わりまくる驚愕の108分」となる映画本編の魅力が凝縮された予告映像となっている。

また本作の主題歌が、宇多田ヒカルのアルバム「初恋」に収録された「嫉妬されるべき人生」に決定したことが明らかとなった。楽曲は公開された映像内にも使用されている。

リリース時に曲を聞いた森義隆監督が「宇多田さんの作り出すサウンドの切れ味や、得難く奥深い歌詞の世界観が、自分がラストシーンに込めた想いと驚くほどに共鳴し、鳥肌がたった。『これだ! これしかない!』と」熱望してオファーしたところ、宇多田ヒカル側がその想いを受けて快諾。主題歌の決定に伴い、監督は「この曲が映画のエンディングを彩ることで、作品が積み重ねてきたひとつひとつの粒が一気に結晶になり、もっともっと大きく深いテーマとして胸に広がっていくはずです」とコメント。

また、主演の玉森裕太も主題歌について「完成した映画を観た帰り道に、すぐダウンロードしました。エンドロールで宇多田さんの曲が流れた途端、来た! という感じでゾクゾクしました。もともと宇多田さんの曲の世界観や歌がすごく好きだったこともあって、今もよく聞いています」と語っている。映画は5月31日(金)より全国ロードショー。

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会(C)東野圭吾/講談社

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

岩田剛典、AKIRA&リン・チーリンの結婚祝福「奇跡のような組み合わせ」

 岩田剛典が8日、都内で行われた映画『町田くんの世界』の公開記念舞台あいさつに出席。映画の内容に絡め「最近起きた奇跡」についてトークをする中、先日発表された台湾の女優でモデルのリン・チーリンとAKIRAの結婚をあげ、「同じグループの兄貴分のAKIRAさんが結婚。しかも、その相手がアジアの大スターのリン・チーリンさん。奇跡のような組み合わせです。自分のことのように嬉しく思っています」と2人の結婚を祝福した。

 この日は同作に主演した細田佳央太と関水渚のほか、共演者の高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、松嶋菜々子、メガホンをとった石井裕也監督も登壇した。岩田がコメントすると、イベントのMCを務めた太賀が即座に反応し、「記事になりそうなコメントありがとうございます!」と言って盛り上げた。一方、前田は2人の結婚を全く知らなかったようで口に手をあてて驚いた様子を見せると、岩田が「知らなかったの?」とこちらも驚いた表情で突っ込んで会場を笑わせた。

 一方、高畑は「最近起きた奇跡」について前田の出産をあげ、「あっちゃんが出産した翌日に実は会いに行ったんですけど、わたしはあっちゃんのイメージが19歳のままで止まっていたので、あっちゃんのお腹から人間が出てくるなんて信じられなかった。奇跡だなって」と話すと、前田も「今すごい可愛くて。目が大きくて。わたしからこんな可愛い子が生まれるんだなって。奇跡です」とにっこり。そして「おのろけです」と恥ずかしそうな表情を見せた。

 本作は石井監督と映画プロデューサーの北島直明が、第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきのコミックを題材にタッグを組んで製作した人間ドラマ。細田と関水は、1,000人超えのオーディションを勝ち抜いて主演に選ばれており、この日はそろって緊張の表情。細田が「皆さんに観てもらうと思うとドキドキして昨夜は眠れなかったです。正直公開したという実感がまだわいていません」と明かす。関水は「一生懸命頑張った作品がこれからたくさんの人に観てもらえると思うとわくわくしています。この映画に出れたことが奇跡。宝物のような作品です」と緊張気味にコメントしていた。(取材・文:名鹿祥史)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。