こんな狙いが!コナン『紺青の拳』監督が明かす

 人気シリーズの裏側を明かす公開講座「監督・プロデューサーが語る 映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』ができるまで」が7日、デジタルハリウッド大学の駿河台キャンパスで行われ、永岡智佳監督と、諏訪道彦プロデューサーが登壇、製作の経緯やその裏にある狙いを明かした(以下、本作のストーリーについて触れています)。

 シリーズ最高興行収入となる最終興収91億8,000万円(配給発表)を記録した前作『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』と同様に、ハイペースの興行を続けている本作。現在は興収88億円を突破しており、シリーズ最高興収まであと一歩となった。諏訪プロデューサーも、「コナンの場合は、報告される数字を喜んで迎えることとなるけど、他の映画だとそうはいかない。数字が出るたびにもう少しどうにかならないかと思うんです」と笑顔を見せた。

 今作では、怪盗キッドの策略により、無理やりシンガポールに連れてこられた江戸川コナン。永岡監督によると、コナンたちの滞在は3泊4日だったとのことで、「映画を観ている人も、コナンくんたちと旅をしている感覚になってもらえるといいなと思って。どうしたらいいかなと思った時に、時刻の変化が画面を通してわかるようになるといいなと思っていた」とのこと。

 そこで時間の経緯が規則正しく進んでいるように見せるため、劇中では昼夕夜を順番に繰り返していくという。映画は昼間のレオン・ローたちの会話からはじまり、シンガポールのマーライオンの赤い血が出るところが夕方。そして日本にチェンジして夜になる。そこからオープニングを挟んで、シンガポール1日目。コナンがシンガポールにやってきたところが昼間となり、レオン邸に行くところで夕方になる……といった具合で物語は進む。

 その中でも、特に夕方の描写にはこだわったそう。特報映像でも話題となった、夕陽を背景にした怪盗キッドのシーンは、画面としてのカッコ良さを目指したカットだったという。「これはバンパイアのイメージで作らせてもらいました。キッドが太陽に触れると、最終的にサラサラ流れて崩れ落ちるというイメージで特報は作りました。太陽の位置も含めて、映り込み画面なども、ものすごく綿密に計算した上で作ったんです」と永岡監督。「ただこれは特報限定で作った画面で、このカットはもともとシナリオにはなかった。でも(このカットが話題になって)入れないとまずいかもと思って。急きょこの映像を入れることになったんですけど、夕方が印象的なシーンになりましたね」と明かした。

 さらに「今回、怪盗キッドはいつになく頑張るんですよ」と続けた永岡監督は、「頑張るんだけど、ミスをしてはめられるところは夕方を印象的に使いたいなと思っておりました。そして病院で傷の手当てをするシーンがあり、そこには月が出てきます。キッドはバンパイアと一緒で、月の光を浴びて傷を治して、また元気に飛び去っていくようなイメージで作りました。太陽が不吉な方向にいくなら、月は回復の方向にいく、というようなイメージがありましたね」と説明した。

 今回は、怪盗キッドの正体である黒羽快斗として、素の表情も描いていたという永岡監督は、「自分でもそうだろうなと思ってやっていたんですが、それが確信になったのが、(声優の)山口勝平さんでした。2か所でヒヒッと笑っているところがあったんです」と振り返る。『名探偵コナン』の劇中ではクールな印象のある怪盗キッドだけに、最初にその笑いを聞いた時は少し違和感を感じたという永岡監督だが、相談したプロデューサーから今回は黒羽快斗が登場するコミック「まじっく快斗」の要素があるから大丈夫と聞き、納得。永岡監督は「結果、カッコいい怪盗キッドになりましたね」と満足げな顔を見せていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』は全国公開中

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

親子のリアルな距離感に共感 『家族のレシピ』斎藤工インタビュー

 シンガポールの映画監督、エリック・クーによる映画『家族のレシピ』に斎藤工が主演。彼が演じるのは小さなラーメン店の一人息子、真人。急死した父との確執、亡き母の記憶、疎遠になっていた祖母との和解、王道の人間ドラマに挑んだ。映画通として知られる斎藤が、シンガポール、日本、フランス合作映画に携わった思いを語った。

クリエイターに世界への道を切り開いた監督

Q:『家族のレシピ』への出演の経緯は?

僕は以前から、アジア発で世界を相手に戦うクリエイターに注目してきました。無理に背伸びをして西洋の文化に身を投じるのでなく、自身の守備範囲内で映画や作品をクリエイションし、いかに世界へ届けるか? そうした人々には共通点がある気がするんです。特にこの映画のエリック・クー監督は、進化し続ける激動のシンガポールの中でもその動きが目を引く人物。日本で公開された映画は『TATSUMI マンガに革命を起こした男』しかなくてあまり認知されていませんが、後に続くシンガポールのクリエイターに世界への道を切り開いた人であるのは一目瞭然です。そんな彼がこれまでの作品と真逆の世界観の映画を撮るのも興味深いなと。

Q:これまでの監督の作品に惹(ひ)かれていながら、それとは真逆の作品に出演することに不安はありませんでしたか?

「この人がこれを撮ったらこうなるだろう」と予想できるものと、化学の実験ではありませんが「この人とこれを撮ったらどうなるのだろう?」と予想できないものと、大きく分けたら映画は二通りあるわけです。今回の場合は後者で、僕ら俳優はそこに飛び込むことが必要だと思っています。エリックの撮る、エリックらしくない作品、それはまたこの映画の一つの魅力でもあり、もしかしたら表現の世界の神髄(しんずい)はそこにあるのかもしれません。想像できるものって、結局その範疇(はんちゅう)を超えませんから。それをひっくり返そうとする、それは映画監督や僕ら俳優がやらないといけないなと。

自宅で何度もバクテー作り

Q:日本のラーメンとシンガポールのバクテー、それぞれの国の人にとってのソウルフードがテーマでもありますね?

エリックは大変な食通です。フランス、ドイツ、スペインといくつかの映画祭でご一緒してきましたが、もしただのゲストで訪れたら、ホテルの豪華な食事にしか出合わないと思います。そこを彼は徹底して探求し、地元の美味しい店を見つけるんです。僕はシンガポールの観光大使でもありますが、昨年の夏に日本のテレビ番組の企画でロケ地巡りをしたときに、そこでもエリックがいろいろなお店を紹介してくれて、最後に二人で対談をしました。そこは高級なレストランだったのですが、エリックがこっそり「ちょっとお腹を空かせておけ」と。そのあとタクシーで一皿310円くらいの、野菜と肉と麺を炒めた焼きそばのような料理を出す屋台へ連れていってくれました。結局はそれが一番美味しかったです(笑)。

Q:豚の骨つき肉をにんにく、コショウを加えて煮込むバクテーは日本のラーメンと似ているのでしょうか?

もっとシンプルです。僕も自宅で何度も作っています。具材は豚肉だけで、あとは好みでスパイスを加えたり魚介を足したり。ラーメンもスープが命だと思うのですが、そこは似ているのかも。日本の特に都内のラーメン屋さんと、シンガポールのバクテーの屋台にも、共通点があるかもしれません。手広くチェーン展開していくというより、それぞれの店舗が独立していて個性があるので。

Q:真人と父親は確執を抱えていますが、二人の関係をどう思いましたか?

あれは確執なのか……彼らなりのバランスの取り方なのかな? と。世の中のすべての親子関係って、いびつなものじゃないかと思っています。すべて満ち足りて見える親子も、そう見せているだけじゃないかって。親と子であっても人と人が共存する難しさは必ずあるもので、「仲のいい親子です」という方が違和感を覚えます。だからこそ、彼らには共感できました。自分が親とそういう距離感だからというわけではないんですけど。嫌いではないけど、近寄らない。それが親子というもののリアルなのかなと。

ニューヨークのトイレ前で確信したこと

Q:映画を観た感想は?

やっぱり客観的には観られないです。最初に観たのはベルリン国際映画祭で、そのあとも海外のプレミアが4か所くらいありました。上映後にQ&Aがあって。例えばニューヨークの日本映画祭「JAPAN CUTS」のお客さんは、日本の芸能事情はまったく知らず、斎藤工? 誰? という感じです。厳しいけれど、とてもいい映画祭です。そのオープニングで『家族のレシピ』、翌日に『blank13』、3日目に『去年の冬、きみと別れ』が上映されました。それで『家族のレシピ』の上映後、登壇のためにエリックと待機していたら、ちょうどトイレに行かれる年配のおじいちゃんおばあちゃんとすれ違ったんです。そのとき急におじいちゃんから「いやもう本当によかった!」と握手をされて。伝わったんだ! これがすべてだよな~と思いました。これは「我が国の文化はこれです!」と紹介する映画ではなく、入り口はどうあれ世界中で普遍的な家族を描いていて、そうした物語に触れながら誰もが自分の物語を観ているような感覚になる。そうして映画が共通言語になっていくんだなと……そのトイレの前で確信しました(笑)。

Q:海外の映画祭は例えば「人気俳優〇〇の出演作」ではなく、作品や俳優の本質を評価されますよね?

それは数年前から実感しています。俳優としてどう展開しているか、自分がやってきたことではなく、もっと根幹的なことでどう評価を受けるか? そこしか信用しなくなってきました。オンオフがなくなってきたというのか……スポーツ選手って必ずストレッチをしますよね。いまからストレッチの時間! というより、日常的にずっとストレッチをしている。そうした状態が目標です。すると筋力がつきそう? そうかもしれません。ここからが本番! ではなく、常に本番への意識を持ってスタンバイしているような。それは映画を作る、制作側に回ったときも同じ。日常の何気ない景色で自分の心が動いた瞬間というのは、表現をするとき絶対に核になると思うんです。こうして取材をしていただいているときもそう。どこかにそうしたアンテナを張るようにしています。

取材・文:浅見祥子 写真: 高野広美

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

徳永えり、男女の友情に言及!『月極オトコトモダチ』初日舞台あいさつで

 女優の徳永えりが8日、新宿武蔵野館で行われた映画『月極オトコトモダチ』初日舞台あいさつに出席。作品にちなんで「男女の友情は存在するのか」という質問が投げかけられると「存在すると思います」と笑顔で答えていた。

 本作は、穐山茉由監督が「男女の間に友情は存在するのか」という答えの出ないテーマに果敢に挑んだ意欲作。徳永は「男女関係にならないスイッチ」を持った男性を通して、自ら実験台となりコラムを執筆するWebマガジンのアラサー編集者・望月那沙を演じた。舞台あいさつには野崎智子、山田佳奈、穐山監督も出席した。

 徳永は、最初にオファーを受けたとき「男女の友情は成立するのかという答えの出ないものに挑む監督の強さに惹かれました。わたしが演じた那沙という女性は、つかみどころがなく、どこを主軸にして役柄を作っていったらいいのか悩みました」と心情を吐露する。

 それでも撮影現場では、那沙という女性を理解しようとさまざまなアイデアを取り入れたという徳永。穐山監督もそんな徳永の芝居を観て、那沙という女性の精度が上がってきたというと「細かいところまで芝居で表現してくれて、みるみるうちに那沙ができあがっていきました」と徳永の芝居に対する真摯な態度に感謝していた。

 「男女の友情」というテーマに話題が及ぶと、徳永は「わたしは存在すると思います」ときっぱり。続けて「でも男女の境界線というのは、本人たちが決めればいいもの。男女のどちらかが恋愛感情を抱いてしまえば、答えは出さなくてはいけないと思いますが、他人がとやかく言うことではないと思います」と持論を展開していた。(磯部正和)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。