浅田美代子、しずちゃんにキューピッドをお願い

 女優の浅田美代子が8日、TOHOシネマズシャンテにて行われた主演映画『エリカ38』劇場公開記念舞台あいさつに出席。共演の南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代は「蒼井優です」とあいさつし、会場は大爆笑。そんなしずちゃんに浅田が「LINE交換もしたし、私のキューピッドにもなって」とお願いする一幕があった。この日は浅田としずちゃんのほか、平岳大、窪塚俊介、木内みどり、日比遊一監督も登壇した。

 本作は、昨年9月に死去した女優・樹木希林が企画した映画。60歳を過ぎてなお色香と話術で男たちを惑わし、女たちをたぶらかして、お金を不当に得る女・エリカ(浅田)の姿を描く物語で、実際の事件をモチーフにつくられた。樹木さんはエリカの母を演じている。

 自らを「38歳」と偽り、異国の地で逮捕されるエリカ役を務めた浅田は「昨日初日を迎えました。おととい、希林さんのお墓参りに行ってきました。『明日から初日です』と報告して来ました」と明かし、「きっと希林さんも喜んでくれていると思います」と希林さんへのあふれる想いをかみしめた。

 また、すさまじい女の業を見せるために「もっともっと老けさせて」とメイクにこだわったという日比監督に、浅田と木内は「老けさせすぎ」と不満を漏らす。浅田は日比監督に「イジメでしょ?」と追い打ちをかけつつも「必死でやった感あります。共演者の方たちもみんな優しくて、楽しい現場でした」と2週間で撮りあげたという撮影を振り返っていた。

 最後に浅田は「こんなにたくさんの人に観ていただいて、希林さんも喜んでいると思います」と故人に思いを馳せていた。(取材・文 福住佐知子)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

AKIRA主演映画「この道」ATSUSHI主題歌

 EXILEのATSUSHI(38)が、映画「この道」(佐々部清監督、来年1月11日公開)の主題歌を担当することが20日、分かった。同映画は大森南朋(46)とEXILEのAKIRA(36)がダブル主演する。ATSUSHIは、映画タイトル…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

徳永えり、男女の友情に言及!『月極オトコトモダチ』初日舞台あいさつで

 女優の徳永えりが8日、新宿武蔵野館で行われた映画『月極オトコトモダチ』初日舞台あいさつに出席。作品にちなんで「男女の友情は存在するのか」という質問が投げかけられると「存在すると思います」と笑顔で答えていた。

 本作は、穐山茉由監督が「男女の間に友情は存在するのか」という答えの出ないテーマに果敢に挑んだ意欲作。徳永は「男女関係にならないスイッチ」を持った男性を通して、自ら実験台となりコラムを執筆するWebマガジンのアラサー編集者・望月那沙を演じた。舞台あいさつには野崎智子、山田佳奈、穐山監督も出席した。

 徳永は、最初にオファーを受けたとき「男女の友情は成立するのかという答えの出ないものに挑む監督の強さに惹かれました。わたしが演じた那沙という女性は、つかみどころがなく、どこを主軸にして役柄を作っていったらいいのか悩みました」と心情を吐露する。

 それでも撮影現場では、那沙という女性を理解しようとさまざまなアイデアを取り入れたという徳永。穐山監督もそんな徳永の芝居を観て、那沙という女性の精度が上がってきたというと「細かいところまで芝居で表現してくれて、みるみるうちに那沙ができあがっていきました」と徳永の芝居に対する真摯な態度に感謝していた。

 「男女の友情」というテーマに話題が及ぶと、徳永は「わたしは存在すると思います」ときっぱり。続けて「でも男女の境界線というのは、本人たちが決めればいいもの。男女のどちらかが恋愛感情を抱いてしまえば、答えは出さなくてはいけないと思いますが、他人がとやかく言うことではないと思います」と持論を展開していた。(磯部正和)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。