殺人鬼が告白する“芸術としての殺人”とは…退席者続出の猟奇映画が公開

『ハウス・ジャック・ビルト』は芸術の反倫理性を肯定的に描き出した寓話である  世界中で流行している大小無数のテロリズムやヘイトクライム(憎悪犯罪)、多種多様なポップカルチャーの題材となっている猟奇殺人の数々――それがいわ […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

福士蒼汰、ダレノガレ明美と合コンで「イメージダウン」の声

『仮面ライダーフォーゼ』の主人公を経て、朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイクし、ドラマ、映画、CMに引っ張りだこの福士蒼汰。若手イケメン俳優として女性人気が極めて高い福士だが、女性ファンの”ガッガリ”が広がっている。  13 […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

徳永えり、男女の友情に言及!『月極オトコトモダチ』初日舞台あいさつで

 女優の徳永えりが8日、新宿武蔵野館で行われた映画『月極オトコトモダチ』初日舞台あいさつに出席。作品にちなんで「男女の友情は存在するのか」という質問が投げかけられると「存在すると思います」と笑顔で答えていた。

 本作は、穐山茉由監督が「男女の間に友情は存在するのか」という答えの出ないテーマに果敢に挑んだ意欲作。徳永は「男女関係にならないスイッチ」を持った男性を通して、自ら実験台となりコラムを執筆するWebマガジンのアラサー編集者・望月那沙を演じた。舞台あいさつには野崎智子、山田佳奈、穐山監督も出席した。

 徳永は、最初にオファーを受けたとき「男女の友情は成立するのかという答えの出ないものに挑む監督の強さに惹かれました。わたしが演じた那沙という女性は、つかみどころがなく、どこを主軸にして役柄を作っていったらいいのか悩みました」と心情を吐露する。

 それでも撮影現場では、那沙という女性を理解しようとさまざまなアイデアを取り入れたという徳永。穐山監督もそんな徳永の芝居を観て、那沙という女性の精度が上がってきたというと「細かいところまで芝居で表現してくれて、みるみるうちに那沙ができあがっていきました」と徳永の芝居に対する真摯な態度に感謝していた。

 「男女の友情」というテーマに話題が及ぶと、徳永は「わたしは存在すると思います」ときっぱり。続けて「でも男女の境界線というのは、本人たちが決めればいいもの。男女のどちらかが恋愛感情を抱いてしまえば、答えは出さなくてはいけないと思いますが、他人がとやかく言うことではないと思います」と持論を展開していた。(磯部正和)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。