キスマイ藤ヶ谷、千賀健永の熱狂ぶりに「本当に幸せ」

 Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が7日、都内で行われた「WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 連続ドラマW ミラー・ツインズ Season2」の完成披露試写会に出席。本作に同じKis-My-Ft2の千賀健永がゲスト出演していることに触れ、「本当に『ミラー・ツインズ』が大好きで、一話放送直後から感想のメールを毎回長文で送ってきたりしていました」と千賀の熱狂的なドラマファンぶりを明かした。

 誘拐事件の被害者・葛城勇吾と、その双子の弟で刑事の圭吾。藤ヶ谷が、一人二役を演じたドラマの1年後を描く本作。シーズン2では、双子に関わる新たな謎、一見接点のない二つの事件の真相究明が描かれる。壇上には藤ヶ谷のほか、勇吾の元恋人・吉崎英里役の倉科カナ、政治家の小早川親子にふんする中村俊介、古谷一行、双子のDNA上の実父・皆川耕作役の高橋克典も出席した。

 藤ヶ谷は千賀の登場シーンについて、「本当にちょっとだけ。クラブシーンの店員役で出て来るんです」と紹介。実は千賀は以前からこのドラマの大ファンだったといい、「本当に『ミラー・ツインズ』が大好きで、一話放送直後から感想のメールを毎回長文で送ってきたりしていたんです」と藤ヶ谷。「(今回の撮影の)前の日まで一緒にいたんですけど、現場で会ったら僕を見て『あ、生(なま)圭吾だ!』って。メンバーに自分が携わっている作品を好きって言ってもらえるのは本当に幸せ」と嬉しそうに話した。

 現場で藤ヶ谷は、高橋、古谷ら大先輩に囲まれての演技だったが、古谷はそんな藤ヶ谷について「好青年ですよ。本当に。彼のためにいくらでも協力してやってやろうっていう気持ちになるほどでした。やっていて楽しかった。素晴らしい男です」とその人柄を絶賛。倉科も「本当に気さくで素敵な方。(藤ヶ谷のおかげで)チームが家族みたいな感覚になった」と同調。

 中村も「以前、湾岸スタジオでバラエティーの収録をやっていて、終えて控室に帰ろうと思ったら、タッタッタッ、って藤ヶ谷君が走ってきて、『今度ご一緒させてもらいます』ってすごく丁寧にあいさつされて、それで(このドラマに挑む前に)安心したのを覚えています。すごく嬉しかった」と回想。

 高橋も「藤ヶ谷さんはとってもいい人」と続き、「彼のコンサートを以前見に行ったことがあるんですけど、ステージの彼とは別の人。彼は切り替えがよくできていて、役者として役への向かい合い方がすごく真摯で、気持ちいい。セリフのNGもない。(一人二役をやっているが)別の人と芝居しているような感覚になった」と藤ヶ谷の演技に太鼓判を押していた。(取材・文:名鹿祥史)

「WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 連続ドラマ W ミラー・ツインズ Season2」は6月8日より毎週土曜夜10時~WOWOWプライムで放送(全4話・第1話無料放送)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

広瀬アリス、村上虹郎は近寄りがたい雰囲気「合うたびに目つきが違っていた」

 俳優の村上虹郎が主演を務める映画『銃』が1日、東京・六本木で開催中の『第31回東京国際映画祭』で公開され、舞台挨拶に村上と、共演の広瀬アリス、武正晴監督、プロデューサーの奥山和由氏が登壇。映画制作への経緯や、撮影のエピソードなどを振り返った。

 映画『銃』は芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を原作とし、『百円の恋』などを手がけた武正晴監督がメガホンをとり制作された実写化作品。ある雨の日に河原で偶然拳銃を拾った一人の大学生が、その銃の魅力に取りつかれ、狂気に染まっていくさまを描いたストーリー。

 銃を拾い、その運命に翻弄される大学生、西川トオル役を村上が演じる。またそのトオルと一時心を通わせるヒロイン・ヨシカワユウコ役を広瀬アリス、殺人事件の現場で消えた拳銃を追うなかトオルにたどり着き、つきまとう刑事役をリリー・フランキーが担当と、インパクト十分なキャストが集結。

 トオルの軽薄な友人・ケイスケ役に岡山天音、トオルとワンナイトラブの関係となる、通称“トースト女”役にモデル・女優の日南響子、さらに元モーニング娘。の新垣里沙と、個性的な若手陣の面子が脇を固める。

 また、本作は『第31回東京国際映画祭』で日本映画スプラッシュ部門に出品されている。

作品化を願ったプロデューサーの執念が呼んだ奇跡 村上の出演は「宿命だなと」

 「3年前の『東京国際映画祭』の時、レッドカーペットにて“奥山さ~ん!”と横柄なタメ口で声を掛けられたのが最初だった」と、村上との出会いを振り返る奥山氏。しかし「その時、この『銃』の主人公が、ここにいると思った。(この作品は)まさに『東京国際映画祭』のレッドカーペットで成立した企画です」と、村上自身の印象が余りにも強かったと振り返る。

 一方奥山氏はかつて『SCORE』『GONIN』など自身が手がけた映画で、武監督が「凄惨な現場を随分、チーフ助監督として支えてくださった。アクションジャンルでは、阿吽の呼吸」と共によく仕事をし信頼関係で結ばれていたことを振り返りつつ「『銃』については、いずれ武監督に相談しようと思っていた」と再び仕事を共にすることに期待を寄せていたことを回想する。

村上虹郎

 一方、映画のキャスティングがほぼ決まった際に、武監督のスケジュールを確認したところ、2年先まで予定がいっぱいだという返答。そんな中、奥山氏は「だけど『銃』の原作を取りに行ったときにも、“もう原作権は他で決まっている”といわれたけど取れたから、武さんだし、(武さんの仕事も)必ず飛ぶよ、って」と運の流れを確信。すると翌日武監督の作品が一つ飛び、監督はあわてて奥山に連絡し、この作品の監督を手がけることが決定したという。

 また村上は4年ほど前に出演した舞台で、共演者に「虹郎に合う本がある」と言われて本を購入、その本がまさに『銃』だったという。そしてオファーを受け「奥山から電話が来て。驚くを超えて、宿命だなと」と実感。こうした奥山の映像化したいという執念が縁をつなぎ、作品制作に導かれたことを振り返った。

 そんな作品に対して武監督は「特にこの映画が、日本人ではない外国の方がこの映画を見たときに、どのような感想を持っていただけるかが、一番お聞きしたい。銃社会ではないこの日本でおこなわれるこの『銃』と、銃社会という場所が世界にはいろいろありますが、そこで生きている方がどんな感想をもたれるのか? 是非この『東京国際映画祭』を出発して世界へと少しでもこの映画を広げていければ」と作品に込めた思いを語った。

朝ドラの出演出番がない間にオファーを受けた広瀬

 今回、広瀬がキャスティングされたきっかけは、武監督がかつて手がけた映画『百円の恋』で脚本を担当した、脚本家の足立紳がかつて執筆した本によるドラマ『佐知とマユ』(NHK:2015年放送)を、武監督自身も見ていたことがきっかけで「こんなことができるんだ、という引き出しの深い感じがあったので。今回はヒロインということで年齢的にもジャストだし、と思って」と狙いを定めていたことを振り返る。

 そして駄目もとで声を掛けてもらうよう依頼したところ、ちょうど広瀬はNHKの連続テレビ小説『わろてんか』の出演中だったものの広瀬は「全然出番がなくて…ちょうどその時期だったんです」と回想。こちらもいいタイミングでのオファーが実を結んだことを振り返る。

 対して、作風からすると広瀬にとってはチャレンジになったのでは? とたずねられると「でも私の役は、この作品の中で唯一の天使のようなもので…」とコメント。武監督も「そうですよね。この人が出てこなかったら、辛いですよね」などと続け、笑いを誘う。

広瀬アリス

 その広瀬は、村上とは現場ではそれほど喋ることもなく、なかなか交流を持つことが出きなかったため、先日映画の取材を二人で応じたときに「喋ることがないな、って。現場で何かエピソードありますか? とたずねられても、何も無さ過ぎてすごく困った。でも取材ですごく喋るので“あ、すごく喋る人なんだな”とその時思いまして…」と撮影後に苦労した思い出を振り返る。

 一方で役者としての村上の印象に関して広瀬は、近寄りがたい雰囲気を感じながら「会うたびに目つきが全然違っていた」と役者然とした姿に強い印象を感じていたことを振り返る。さらに武監督は、村上が撮影に使用していた廃屋のアパートの、セットの部屋の中に撮影中はずっと住み込み、完全に24時間、“西川トオル”となっていたことを振り返っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

音楽&エンタメニュースサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

西島秀俊、『空母いぶき』山内圭哉の「いてまえー!」生披露に感動!

 俳優の西島秀俊が7日、TOHOシネマズ日比谷にて行われた映画『空母いぶき』(全国公開中)大ヒット御礼舞台あいさつに山内圭哉と出席し、山内が劇中で披露する掛け声の生披露に、感激の表情を見せた。

 「沈黙の艦隊」などの原作者で知られるかわぐちかいじの人気コミックを、『沈まぬ太陽』の若松節朗監督が実写映画化した本作。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受けた日本列島を舞台に、防衛出動を命じられた航空機搭載護衛艦「いぶき」の乗組員をはじめとする人々の戦いを描く。
 
 「(本作だけで)18回目の舞台あいさつなんですよね」と話す西島は、「何度も劇場に足を運んでいるという方もいると聞きました。映画を観ていただけて感無量です」と表情を崩す。壮大なスケールで展開する本作について、「人気の原作で、面白さもテーマも深い作品。クランクイン前も、撮影中もプレッシャーがありました」と心情を吐露すると、「この映画は、これまで携わった作品のなかでも、特にお客さんに観ていただいて完成すると感じました」と胸中を明かした。
 
 この日は、護衛艦「いそかぜ」の艦長・浮船武彦役の山内に加えて、「いそかぜ」の砲雷長・岡部隼也役の和田も出席。司会者から、劇中で武彦が「いてまえー!」と叫ぶシーンが話題となっていることに触れられた山内は「最初に台本を読んだとき、その状況でこんなこと言っていいいのか思っていたんです。でも原作にもあるシーンなんですよね」と笑顔を見せる。
 
 さらに司会者からうながされる形で、そのシーンを再現することに。西島が「照準よーし!」と力強い声を発すると、山内は「いてまえー!」と劇中さながらのテンションで再現。山内の掛け声に、西島は「生はいいですね、感動しました」と破顔していた。
 
 また、訪れた人に「いぶき」の識別帽がプレゼントされる一幕も。帽子の当選者のなかには、劇場鑑賞が10回目という熱烈なファンもおり、西島は「ありがとうございます」と両手で握手。「いまこうやって皆さんと楽しく過ごしているときにも、自衛官の皆さんは命がけで平和を維持してくださっています。この映画を観て、友達や家族、大切な方と平和について語ってくださったら、こんなにうれしいことはありません」と熱いメッセージを伝えた。(磯部正和)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。