西島秀俊、『空母いぶき』山内圭哉の「いてまえー!」生披露に感動!

 俳優の西島秀俊が7日、TOHOシネマズ日比谷にて行われた映画『空母いぶき』(全国公開中)大ヒット御礼舞台あいさつに山内圭哉と出席し、山内が劇中で披露する掛け声の生披露に、感激の表情を見せた。

 「沈黙の艦隊」などの原作者で知られるかわぐちかいじの人気コミックを、『沈まぬ太陽』の若松節朗監督が実写映画化した本作。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受けた日本列島を舞台に、防衛出動を命じられた航空機搭載護衛艦「いぶき」の乗組員をはじめとする人々の戦いを描く。
 
 「(本作だけで)18回目の舞台あいさつなんですよね」と話す西島は、「何度も劇場に足を運んでいるという方もいると聞きました。映画を観ていただけて感無量です」と表情を崩す。壮大なスケールで展開する本作について、「人気の原作で、面白さもテーマも深い作品。クランクイン前も、撮影中もプレッシャーがありました」と心情を吐露すると、「この映画は、これまで携わった作品のなかでも、特にお客さんに観ていただいて完成すると感じました」と胸中を明かした。
 
 この日は、護衛艦「いそかぜ」の艦長・浮船武彦役の山内に加えて、「いそかぜ」の砲雷長・岡部隼也役の和田も出席。司会者から、劇中で武彦が「いてまえー!」と叫ぶシーンが話題となっていることに触れられた山内は「最初に台本を読んだとき、その状況でこんなこと言っていいいのか思っていたんです。でも原作にもあるシーンなんですよね」と笑顔を見せる。
 
 さらに司会者からうながされる形で、そのシーンを再現することに。西島が「照準よーし!」と力強い声を発すると、山内は「いてまえー!」と劇中さながらのテンションで再現。山内の掛け声に、西島は「生はいいですね、感動しました」と破顔していた。
 
 また、訪れた人に「いぶき」の識別帽がプレゼントされる一幕も。帽子の当選者のなかには、劇場鑑賞が10回目という熱烈なファンもおり、西島は「ありがとうございます」と両手で握手。「いまこうやって皆さんと楽しく過ごしているときにも、自衛官の皆さんは命がけで平和を維持してくださっています。この映画を観て、友達や家族、大切な方と平和について語ってくださったら、こんなにうれしいことはありません」と熱いメッセージを伝えた。(磯部正和)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

庄司智春、娘が大好きひょっこりはんとの共通点語る

公開中の米映画「アクアマン」のPRイベントが27日、都内で行われ、庄司智春(43)ひょっこりはん(31)がゲストとして登壇した。 おなじみ「ミキティー!」の叫び声とともに登場した庄司は、作品に合わせてグリーンのタイツ姿。「3歳の娘が大フ…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

まさにアイアンマン!ダウニー・Jr、最新テクノロジーで環境保護に取り組む団体設立

 映画『アイアンマン』シリーズのロバート・ダウニー・Jrが、高度なテクノロジーを用いて地球環境を保護する新組織を設立したと、Varietyほか各メディアが報じた。

 同サイトによると、ダウニー・Jrは現地時間4日、アメリカ・ラスベガスで開催されたAIなどをテーマにしたイベント「Amazon re:MARS」に登壇した際に、新組織「Footprint Coalition」を発表。すでに組織の公式サイトも立ち上がっており、ニュースレターを受信するための登録が始まっている。

 現在の地球環境を取り巻く状況に危機感を持っていたというダウニー・Jrは、「ロボット工学とナノテクノロジーを利用すれば、完全にではないが、10年後に地球をキレイにすることができるはずだ」と環境保護におけるテクノロジーの可能性を主張。活動の詳細は明かされていないが、2020年4月までに発足予定だという。

 ダウニー・Jrは、2008年公開の『アイアンマン』より天才発明家トニー・スタークとして、高度なテクノロジーを駆使して地球の平和を守るヒーローを演じてきた。テクノロジーを利用した今回の組織設立は、まさに映画のキャラクターそのもの。『アベンジャーズ』シリーズで共演したキャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスは、自身の公式Twitterで、Varietyの記事を引用しながら「(彼は)レジェンドだ」と称賛している。(編集部・倉本拓弥)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。