転機は「今」――、TEE 奇縁 特別な存在「海」題材作で挑んだ歌、演技

 TEEが、映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』(公開中)で自身初の映画出演を果たした。種子島の海を舞台に、吉沢悠演じる主人公の梅原光太郎がサーフィンを通して人生を取り戻す姿を描く。ヒロイン役の馬場ふみかや竹中直人や香里奈、泉谷しげるら錚々たる顔ぶれだ。これに店長役として出演するTEEは自身初の映画主題歌として「UMI」が起用されている。デビュー前、プロボクサーを目指していたが怪我で断念。絶望のなか、海に連れて行ってくれた父の言葉がきっかけで立ち直ることができた。以来、海は特別な存在で、海を題材にした本作に携われたことに特別な思いがあるという。「ベイビー・アイラブユー」の大ヒットから9年。転機は「今」と語るTEEに話を聞いた。【取材・撮影=木村陽仁】

初出演作、役と向き合った

場面写真。吉沢 悠(C)2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会

――映画初出演、実際に演じられた感想は。

 実は役を演じるのは広島のローカル番組で演じて以来2度目なんですよ。映画としては今回が初めてで、だけどセリフは3行ぐらい。それでも一発勝負で、監督が「やります!」と言って本番が始まり、撮った後に「映像を見せてください」と言えぬまま終わって、出来上がり具合は試写でしか確認することが出来なくて。撮影前に自分でデモンストレーションをやっていたから「何とかなったかな」という感じだったけど、実際に見てみたら「意外とうまくできたな」って(笑)。自分で言うのもあれだけど「やれたな」みたいな(笑)。

――セリフは短かったかもしれないですが、背中で物を語るような、演じた役柄の背景が見えたような気もしました。

 え! 本当に! これドッキリ!? でも、少しの出番のなかでも皆さんに迷惑をかけないように、NGは出さないように気を付けていました。

――演じるに当たってプレッシャーは?

 出番が近づくにつれてどんどん緊張していきましたね。音楽もそうなんですけど、2時間のライブでも、1曲だけ歌うライブでも、1曲1曲にフルパワーを出さないといけない。だからセリフは少なくても、そこにかけて準備することについては手を抜きませんでした。それこそ3行のために何時間も練習したり、イメージを膨らませたりして…。でもやっぱり、NGを出さなくて良かったなと思いました(笑)。

――本番に向けて準備された、とのことですが、役作りはどのようにして?

 僕は映画が大好きなんですよ。だから普段からめちゃくちゃ見ていて。それで、役者をやると決まってからは色んな人の演技を注視していました。どの人の演技がナチュラルで、この人を宿らしたらどういう演技をするんだろうか、とか。少ないセリフでどれぐらいナチュラルにやるんだろうか、といろんな人に置き換えていました。

――そのなかで参考になったのは?

 おこがましいけど、小栗(旬)さんとか。すごくナチュラルでした。

――撮影現場はどうでしたか?

 皆が温かく迎えてくれました。それでも最初は「誰だ、こいつ?」という感じだったと思うけど、監督も「今回主題歌を歌うTEEです」と紹介して下さいましたし、皆さん和気藹々とやっていて、自分も積極的に話しかけていましたので、和やかでした。

――今回の経験で得たものは大きい?

 そこの場所や役者さんを見る機会、その雰囲気を感じられた、空気感に触れられたのは自分にとってプラスでした。どういう思いで映画を撮っているのか、監督がこの映画にかけた思いとか、吉沢(悠)さんがサーフィンにかける思いとか。撮影地に温泉があって、皆で一緒に入ったんですよ。吉沢君はずっとサーフィンの話をしていて、役としてサーフィンのことをずっと考えているんだなと。役者さんが役に向き合う姿とか、そういうところに触れられたのは大きいですね。

場面写真。吉沢 悠、馬場ふみか(C)2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会

場面写真。吉沢 悠、馬場ふみか(C)2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【人気記事】今こそ観たい!嵐5人で出演したあのドラマ&映画(3/29版)

 今月27日、2020年12月31日をもって活動休止することを発表したアイドルグループ・嵐。5人全員が揃って出演しているファン必見のドラマや映画を紹介する。

 相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔の5人がさまざまなジャンルで活躍している嵐。それぞれが多忙をきわめ、現在では5人全員が揃うのは歌番組やバラエティー番組、コンサートなどに限られているが、彼らは過去にドラマ「Vの嵐」(1999)、「最後の約束」(2010)、映画『ピカ☆ンチ』シリーズ、『黄色い涙』(2007)で共演を果たしていた。

【その他の人気記事】

賀来賢人、榮倉奈々との結婚を決意した理由・馴れ初めを初告白 生電話で夫婦トークも披露

北川景子「怖かった」プライベートでの体験にスタジオ驚愕

DAIGO、妻・北川景子との生活に変化「夜な夜な2人で」理想の家族像も語る

 

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「サタデー・ナイト・ライブ」のコメディエンヌが製作!女の友情描くNetflix映画

 Netflix注目のコメディ映画『ワイン・カントリー』について出演者アナ・ガステヤー、ポーラ・ペルが、5月8日(現地時間)ニューヨークのAOL開催のイベントで語った。

 長年の女友達で集まり、ワインを堪能するためカリフォルニア州のナパへ旅行に出かけた6人。だが、レベッカ(レイチェル・ドラッチ)の50歳の誕生日を祝う楽しい旅行になるはずが、日頃の不安や悩みから逃れられない女たちの間に気まずい空気が漂い始める。アナは、レイチェルの友人キャサリン役、ポーラはヴァル役を演じている。そして、映画『俺たちフィギュアスケーター』『インサイド・ヘッド』などに出演した女優エイミー・ポーラーが初監督を務め、アメリカの長寿番組「サタデー・ナイト・ライブ」で活躍した女性たちによって本作は製作された。「サタデー・ナイト・ライブ」(Saturday Night Live, SNL)とは、1975年から現在まで続いている生放送のコメディバラエティ番組。エディ・マーフィー、ビル・マーレー、マイク・マイヤーズなどのスターを輩出し、若手コメディアンの登竜門となっているだけではなく、大物ハリウッド俳優やミュージシャン、政治家など、豪華ゲストが続々出演することでも知られている。

 彼女たちのことをよく知るSNL出身の脚本家が今作を執筆したので、飾らずに演じることができたそうだ。「今作に出演している女性陣は、ほぼ「サタデー・ナイト・ライブ」の女性メンバーで、私たちもメンバーの大きな節目の誕生日を共に祝ったり、息抜きに一緒に旅をしたりしていたわ。事実、今作のレベッカの誕生日のように、私たちもプライベートでワインカントリーを旅していたのよ。昨年はわたしの誕生日を祝うために、みんなで(カリフォルニア州の)パームスプリングに行ったわ」とアナは語った。

 ポーラがSNLに加わったのは1995年。大きな入れ替わりがあり、誰もが新人だったそうだ。「これは番組の歴史の中でも、とても稀な時期だった。でも、自分たちがこの番組に選ばれたのは面白いからだと捉えて、自分たちのやるべきことをやったわ」とポーラは当時を振り返った。一方、アナは、ポーラの加入から1年後の1996年からSNLに出演した。「わたしが加わった時、女性はパフォーマーに3人、脚本家に3人だけで、それ以外はみんな男性だったのよ。当時は大幅に女性の数が少なかったけれど、目をつむって、自分の仕事をこなしていたわ。けれど、時の経過とともに状況は変わっていき、わたしが番組を離れる時には、ティナ・フェイはヘッドライター兼パフォーマーになり、より多くの女性パフォーマーがこの番組に参加するようにもなったの」とアナは明かした。
 
 アナの夫は今作のコンセプトを聞いて、女性版『ハングオーバー!』シリーズみたいなものだと思ったらしい。しかし、今作は女性の友人関係を描いた映画だとアナは語る。「女性は、自分たちの周り人の面倒を見てあげる時間が多いから、ちょっとの間だけ自分のことだけを考えるのは、完全な息抜きになるわけ。本音をぶつけ合うことが、腹の底から笑ったり、自分自身を再発見することにつながるのよ」と解説した。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画『ワイン・カントリー』はNetflixにて独占配信中

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。