トレエン斎藤、『MIB』吹き替えに苦戦

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(6月14日全国公開)スペシャルイベントが6日、都内で行われ、トレンディエンジェルの斎藤司、ゆりやんレトリィバァら吉本坂46のメンバー総勢38名が登壇し、ブラックスーツにサングラス姿のMIB仕様で会場を沸かせた。

 本作は、地球に潜む宇宙人を監視する秘密組織の活躍を描いた人気シリーズの第4弾。新人女性エージェントMと先輩エージェントHの新コンビが、組織内部に潜むスパイの捜索に繰り出す。“MIB日本支部エージェント”に任命された吉本坂46は、メンバー全員が日本語吹替版に参加しているほか、日本語版主題歌「今夜はええやん」も担当しており、この日は登壇者全員で主題歌を生披露した。

 肩乗りエイリアン・ポーニィ役を務めた斎藤は、「吹替えは前にも一回やったんですけど、その時は2時間くらいで(アフレコが)終わった。今回は6~7時間くらいかかった」と吹き替えに苦戦したことを告白。

 斎藤は以前、アニメーション映画『SING/シング』でブタのキャラクターを担当していたこともあり、「前回はブタ。今回はエイリアン。人間はなかなかやらせてもらえない」とため息。今回担当したポーニィについて、「とにかくまくし立てるキャラクター。プライベートはわたし無口なので、余計難しかった。声に特徴があるところは自分と似ていてやりやすかった」と振り返った。

 イベントでは、SNSなどで募集していた、吉本坂46の中に紛れたスパイを当てるキャンペーンの回答も発表された。スパイだったことが判明した尾形貴弘(パンサー)は、「そらスパイもしますわ」と口にすると、「仕事がないのが悪い。35年ローンで買った家の支払いが月17万ですよ。誰に相談しても助けてくれない」と冗談交じりにコメント。

 また河本準一(次長課長)は、先日結婚を発表した南海キャンディーズの山里亮太をスパイ呼ばわりすると、「あいつが一番裏切り者や。あのニュース聞いてお腹痛くなりました」と語り、笑いを取っていた。(取材・文:名鹿祥史)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

伊坂幸太郎原作・三浦春馬主演『アイネクライネナハトムジーク』第3弾キャスト発表

 2019年秋公開予定の映画『アイネクライネナハトムジーク』の、第3弾キャストが発表された。

(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会 

 人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集として、すでに累計45万部を売り上げる同名ベストセラーを原作に、新鋭・今泉力哉監督がメガホンをとり、三浦春馬主演、多部未華子や原田泰造ほか豪華共演で贈る映画『アイネクライネナハトムジーク』。この春には<仙台・宮城オールロケ>でも話題を呼んだ本作に、現在人気急上昇中の若手俳優3名が加わることが明らかになった。

 1人目は、『イノセント15』(16)で主演を務め、その後も『3月のライオン』『帝一の國』など映画出演が続き、現在公開中の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』にも出演中の若手実力派、萩原利久。子役時代からの磨かれた演技力で、前期TVドラマ『あなたには帰る家がある』でもユースケ・サンタマリアと木村多江演じる夫婦の、どこか影をもつ息子役で話題を呼んだ。萩原は、本作では高校生の久留米和人役を演じている。

 2人目は、ヘビー級ボクサー役に抜擢された、成田瑛基。空手やテコンドーなどを特技とし、その身体能力を活かしたアクション作品にも多数出演する俳優としても注目されているが、本作では約3か月間の本格的トレーニングで10㎏の増量を果たした上に体脂肪率を9%まで絞るという、本物のボクサーさながらの徹底的な身体作りと役作りで、ヘビー級ボクサー・ウィンストン小野こと小野学役に挑んだ。

 3人目は、メンズノンノモデルを5年間務め、バンドグループ「THE TOKYO」ではギタリストとして、またソロではフォークシンガーとしてもライブ活動をするなどアーティストとしての顔を持つ、こだまたいち。今回こだまが抜擢されたのは、その独特な魅力が存分に発揮されるストリートミュージシャン“斉藤さん”役。10年もの間、仙台駅前のペデストリアンデッキで同じ楽曲の弾き語りを続ける謎のストリートミュージシャンとして、劇中で歌声を披露している。

 これまでに発表された豪華キャストに、さらに三者三様、個性豊かな実力派若手俳優が加わり、期待は高まるばかりの映画『アイネクライネナハトムジーク』。公開は2019年の秋を予定している。

ストーリー

 ギターの弾き語りが心地よく響く仙台駅前。大型ビジョンからは、ボクシング世界戦のタイトルマッチに沸く声。「劇的な出会い」を待つだけのボク・佐藤(三浦春馬)は、街頭アンケートを実施中だ。今時なかなか相手にしてもらえない中、珍しく快く応えてくれたのはリクルートスーツの女性(多部未華子)。手には「シャンプー」の文字。これって運命?そういえば居酒屋で雇われ店長をやっている親友が言ってた「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」って。確かに、あいつは分不相応なほど美人の奥さんと可愛い娘がいて、幸せそうにやってる。運命って、奇跡って、幸せって?音と音がつながってメロディが生まれるように、誰かと誰かがつながって物語が生まれる……それは、恋とか愛にまつわる物語。

Eine kleine Nachtmusik【アイネ・クライネ・ナハトムジーク】とは、ドイツ語で、【小さな夜の曲】の意味。モーツァルトの有名な楽曲のタイトルである。

(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会 

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「サタデー・ナイト・ライブ」のコメディエンヌが製作!女の友情描くNetflix映画

 Netflix注目のコメディ映画『ワイン・カントリー』について出演者アナ・ガステヤー、ポーラ・ペルが、5月8日(現地時間)ニューヨークのAOL開催のイベントで語った。

 長年の女友達で集まり、ワインを堪能するためカリフォルニア州のナパへ旅行に出かけた6人。だが、レベッカ(レイチェル・ドラッチ)の50歳の誕生日を祝う楽しい旅行になるはずが、日頃の不安や悩みから逃れられない女たちの間に気まずい空気が漂い始める。アナは、レイチェルの友人キャサリン役、ポーラはヴァル役を演じている。そして、映画『俺たちフィギュアスケーター』『インサイド・ヘッド』などに出演した女優エイミー・ポーラーが初監督を務め、アメリカの長寿番組「サタデー・ナイト・ライブ」で活躍した女性たちによって本作は製作された。「サタデー・ナイト・ライブ」(Saturday Night Live, SNL)とは、1975年から現在まで続いている生放送のコメディバラエティ番組。エディ・マーフィー、ビル・マーレー、マイク・マイヤーズなどのスターを輩出し、若手コメディアンの登竜門となっているだけではなく、大物ハリウッド俳優やミュージシャン、政治家など、豪華ゲストが続々出演することでも知られている。

 彼女たちのことをよく知るSNL出身の脚本家が今作を執筆したので、飾らずに演じることができたそうだ。「今作に出演している女性陣は、ほぼ「サタデー・ナイト・ライブ」の女性メンバーで、私たちもメンバーの大きな節目の誕生日を共に祝ったり、息抜きに一緒に旅をしたりしていたわ。事実、今作のレベッカの誕生日のように、私たちもプライベートでワインカントリーを旅していたのよ。昨年はわたしの誕生日を祝うために、みんなで(カリフォルニア州の)パームスプリングに行ったわ」とアナは語った。

 ポーラがSNLに加わったのは1995年。大きな入れ替わりがあり、誰もが新人だったそうだ。「これは番組の歴史の中でも、とても稀な時期だった。でも、自分たちがこの番組に選ばれたのは面白いからだと捉えて、自分たちのやるべきことをやったわ」とポーラは当時を振り返った。一方、アナは、ポーラの加入から1年後の1996年からSNLに出演した。「わたしが加わった時、女性はパフォーマーに3人、脚本家に3人だけで、それ以外はみんな男性だったのよ。当時は大幅に女性の数が少なかったけれど、目をつむって、自分の仕事をこなしていたわ。けれど、時の経過とともに状況は変わっていき、わたしが番組を離れる時には、ティナ・フェイはヘッドライター兼パフォーマーになり、より多くの女性パフォーマーがこの番組に参加するようにもなったの」とアナは明かした。
 
 アナの夫は今作のコンセプトを聞いて、女性版『ハングオーバー!』シリーズみたいなものだと思ったらしい。しかし、今作は女性の友人関係を描いた映画だとアナは語る。「女性は、自分たちの周り人の面倒を見てあげる時間が多いから、ちょっとの間だけ自分のことだけを考えるのは、完全な息抜きになるわけ。本音をぶつけ合うことが、腹の底から笑ったり、自分自身を再発見することにつながるのよ」と解説した。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画『ワイン・カントリー』はNetflixにて独占配信中

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。