山寺宏一「フレンド・ライク・ミー」熱唱でファン魅了!『アラジン』公開前日イベント

 7日公開のディズニー映画『アラジン』のスペシャル・ナイトイベントが6日にTOHOシネマズ日比谷にて開催され、日本語版吹き替えキャストの山寺宏一(ジーニー役)、中村倫也(アラジン役)、木下晴香(ジャスミン役)、北村一輝(ジャファー役)が参加して夢のパフォーマンスを行った。

 本作は「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議な魔法のランプを手に入れた青年アラジンと王女ジャスミンのラブロマンス、そしてランプをめぐる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督が実写映画化した作品。

 上映後に行われたパフォーマンスは幕を持ったダンサーたちが現れるところから始まり、幕の合間から山寺が登場。名曲「フレンド・ライク・ミー」をジーニー色の青のスーツを着て熱唱し、観客は大興奮。その後、中村、木下、北村も参加し、観客はペンライトを振りながら大歓声で迎えた。中村と木下はアラジンとジャスミンになりきって「ホール・ニュー・ワールド」を歌い、客席をうっとりと魅了した。

 アニメ版に続いてジーニーの声を担当した山寺は「蒼井優ちゃんと電撃結婚した方じゃない“山ちゃん”でーす」とあいさつし、客席は大爆笑。ジーニーについては「世界中で愛されているキャラクターで、最高のエンターテイナー。僕にとって大切な役なんです」と愛を込めて語り、今回のジーニー役ができなければ声優を辞める! とまで宣言していたことを明かした。

 アラジンの声を担った中村は「アラジン役のオファーがきて、一番の楽しみは山寺さんと声のかけ合いができることでした」と声優・山寺へ熱視線を送る。木下はジャスミンについて「現代に響くメッセージ性の強い女性」と説明し、「自分の足で前に向かって進んでいく姿や国民を思う優しさを意識しました」と役作りを振り返っていた。

 イベントの最後に中村は「冒険とラブロマンス、魔法、悪との戦いなど盛りだくさん。ぜひ劇場で楽しんでください」とメッセージを送っていた。(取材・文:福住佐知子)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

田中圭、『ゴジラ』吹き替え担当キャストとの年齢差に戸惑い

 俳優の田中圭(34)が、31日にTOHOシネマズ日比谷で行われた映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』初日舞台あいさつに出席し、自身が吹き替えを担当した動物学者役のカイル・チャンドラー(53)との年齢差に戸惑ったことを明かした。

 本作は、『GODZILLA ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く“モンスター・ヴァース”シリーズの第3弾。前作から5年後を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラら復活した神話時代の怪獣たちとゴジラの激闘と、それに相対する人類の姿が描かれる。イベントには、同じく日本語吹き替え声優の芦田愛菜(マディソン役)と木村佳乃(エマ・ラッセル博士役)も出席した。
 
 田中は、カイルふんする動物学者マーク・ラッセルの声を担当したが、カイルとの実年齢は約20歳差。「『ゴジラ』の仕事ということですごく嬉しかったのですが、吹き替えは初めての経験で、(担当するキャストとの)年の差がすごくあるので大丈夫なのかな」と声優として不安があったことを明かす。

 さらに、田中が声の収録を行った時は、芹沢猪四郎博士役の渡辺謙の声しか入っていなかったそうで、「声を入れていると、(渡辺と)格が違うなと思ってへこんでくるんです」と苦笑い。それでもスタッフから、「吹き替えは家族の方も観に来る作品ですし、お父さんとしての思いをマークにぶつけてください」とアドバイスを受けたといい、「根性論で頑張りました」と振り返る。
 
 そんな田中は、本作でゴジラが覚醒するシーンにちなんで「最近覚醒したこと」を聞かれると、「今、ドラマ(「あなたの番です」)をやっているのですが(半年間放送されるものなので)本来最終回の時期でも、全然終わらないんです。だから、そろそろ僕も覚醒したい」と発言し、客席を沸かせていた。
 
 作品を観た田中は、「ゴジラが覚醒する瞬間は震えました」と大興奮だったことを明かすと、「小さい頃から『VSシリーズ』を観ていたので、童心に返ったような気持になりました」と目を輝かせていた。(磯部正和)

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は全国公開中

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「サタデー・ナイト・ライブ」のコメディエンヌが製作!女の友情描くNetflix映画

 Netflix注目のコメディ映画『ワイン・カントリー』について出演者アナ・ガステヤー、ポーラ・ペルが、5月8日(現地時間)ニューヨークのAOL開催のイベントで語った。

 長年の女友達で集まり、ワインを堪能するためカリフォルニア州のナパへ旅行に出かけた6人。だが、レベッカ(レイチェル・ドラッチ)の50歳の誕生日を祝う楽しい旅行になるはずが、日頃の不安や悩みから逃れられない女たちの間に気まずい空気が漂い始める。アナは、レイチェルの友人キャサリン役、ポーラはヴァル役を演じている。そして、映画『俺たちフィギュアスケーター』『インサイド・ヘッド』などに出演した女優エイミー・ポーラーが初監督を務め、アメリカの長寿番組「サタデー・ナイト・ライブ」で活躍した女性たちによって本作は製作された。「サタデー・ナイト・ライブ」(Saturday Night Live, SNL)とは、1975年から現在まで続いている生放送のコメディバラエティ番組。エディ・マーフィー、ビル・マーレー、マイク・マイヤーズなどのスターを輩出し、若手コメディアンの登竜門となっているだけではなく、大物ハリウッド俳優やミュージシャン、政治家など、豪華ゲストが続々出演することでも知られている。

 彼女たちのことをよく知るSNL出身の脚本家が今作を執筆したので、飾らずに演じることができたそうだ。「今作に出演している女性陣は、ほぼ「サタデー・ナイト・ライブ」の女性メンバーで、私たちもメンバーの大きな節目の誕生日を共に祝ったり、息抜きに一緒に旅をしたりしていたわ。事実、今作のレベッカの誕生日のように、私たちもプライベートでワインカントリーを旅していたのよ。昨年はわたしの誕生日を祝うために、みんなで(カリフォルニア州の)パームスプリングに行ったわ」とアナは語った。

 ポーラがSNLに加わったのは1995年。大きな入れ替わりがあり、誰もが新人だったそうだ。「これは番組の歴史の中でも、とても稀な時期だった。でも、自分たちがこの番組に選ばれたのは面白いからだと捉えて、自分たちのやるべきことをやったわ」とポーラは当時を振り返った。一方、アナは、ポーラの加入から1年後の1996年からSNLに出演した。「わたしが加わった時、女性はパフォーマーに3人、脚本家に3人だけで、それ以外はみんな男性だったのよ。当時は大幅に女性の数が少なかったけれど、目をつむって、自分の仕事をこなしていたわ。けれど、時の経過とともに状況は変わっていき、わたしが番組を離れる時には、ティナ・フェイはヘッドライター兼パフォーマーになり、より多くの女性パフォーマーがこの番組に参加するようにもなったの」とアナは明かした。
 
 アナの夫は今作のコンセプトを聞いて、女性版『ハングオーバー!』シリーズみたいなものだと思ったらしい。しかし、今作は女性の友人関係を描いた映画だとアナは語る。「女性は、自分たちの周り人の面倒を見てあげる時間が多いから、ちょっとの間だけ自分のことだけを考えるのは、完全な息抜きになるわけ。本音をぶつけ合うことが、腹の底から笑ったり、自分自身を再発見することにつながるのよ」と解説した。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画『ワイン・カントリー』はNetflixにて独占配信中

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。