本郷奏多、キレキレな殺し屋役を絶賛され破顔「ときめきました」

 俳優の本郷奏多が6日、都内で行われた映画『Diner ダイナー』のジャパンプレミアに出席。キレキレの殺し屋・キッドを演じた本郷は、斎藤工や奥田瑛二から“ぶっ飛んでいた”と称賛されると「胸がときめいちゃいました」と発言し会場を笑わせた。

 平山夢明の小説を蜷川実花監督で実写化した本作。殺し屋専用の食堂「ダイナー」を舞台に、天才シェフ・ボンベロ(藤原竜也)と、血なまぐさい殺し屋たちとのやり取りを描く。本郷は、一見子供のように可愛らしい姿をしているものの、無邪気に笑いながら死体を切り裂くサイコパス・キッドを演じる。

 この日は、主演の藤原をはじめ、玉城ティナ、窪田正孝、武田真治、金子ノブアキ、土屋アンナ、真矢ミキら豪華キャストたちが登壇。劇中、強烈な殺し屋が多数登場するなかで、「誰が一番ぶっ飛んでいたか」というトークになると、それぞれ思い思いに名前を挙げる。

 票を集めたのは美しき男装の麗人・無礼図を演じた真矢。その圧倒的な格好良さに多くの人が賛辞を送っていたが、その真矢は本郷を指名。上映前のイベントだったため、ネタバレを避けつつ、「すごいことになっていますから」とコメントした。真矢の意見に奥田も反応すると「本郷くんの役はもう、言葉にできないぐらいとんでもない。すごい」と追随。本郷は「奥田さんに指名していただき、ときめきました」と笑顔を見せた。

 さらに斎藤も「やっぱり本郷さんですね。すご過ぎます」と話に乗ってくると、本郷は破顔し「強烈なキャラクターでしたからね。でも斎藤さんにも言われると、またときめいちゃいます」と照れ笑いを浮かべていた。

 大人なのに見た目が子供のキャラクターを演じ、首から下の撮影のために子役と接することが多かったという本郷。待ち時間にその子役と藤原がゲームをしていたのを見ていたという本郷は、「藤原さんが楽しそうに子供とゲームをやっていたので、ほほえましく見ていたら、藤原さんが勝ったとき『よっしゃー!』と叫んでいたんです。そんな姿も素敵でした」と裏話を暴露し、藤原をタジタジにさせていた。(磯部正和)

映画『Diner ダイナー』は7月5日より全国公開

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

“普段と違う園子”が登場するまで!監督&プロデューサーが語る

 大ヒット人気シリーズの裏側を明かす公開講座「監督・プロデューサーが語る 映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』ができるまで」が7日にデジタルハリウッド大学の駿河台キャンパスで行われ、永岡智佳監督と諏訪道彦プロデューサーがファンの間で話題となっていた、普段とは違う髪型で登場したシーンがあった園子に関して語った(以下、本作のストーリーについて触れています)。

 シンガポールを舞台に、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”をめぐる攻防が描き出される本作では、ヒロイン毛利蘭の友人である園子と、京極真の恋模様が描かれるのも見どころの一つ。普段、カチューシャでおでこを出している園子だが、本作ではとある展開から前髪をおろした姿が登場した。

 永岡監督は「前髪の園子はずっと入れたいと話していて。見せたかったシーンだったんです。それで青山(剛昌)先生に聞いてみたところ『かわいいんじゃない』と言っていただいて。先生の許可をいただきました」とその経緯を説明。スクリーンに映し出された絵コンテを見た観客からも「かわいい」という声が飛び出し、永岡監督も「園子はかわいいんです」と満足げな表情。

 さらにそのシーンの直後に登場する、京極の絆創膏をめぐる、とあるやりとりの話に。「絵コンテをお見せしたら青山先生からこうした方がいいんじゃないというアドバイスをいただいたんですが、それが本当にキュンとする内容だった。乙女の心を持っていますよね」という永岡監督に対して、諏訪プロデューサーも「先生はなんでこんなに女性の動きまでわかるんでしょうね?」としみじみ。

 永岡監督が「すごいなと思うのは、絵コンテのカットを全部直すのではなくて、一か所、ちょっとした仕草を直すだけで、そのキャラらしい動きになるというか。そこは先生が乙女の心を持っているからとしか言えないんです。前髪の園子は原作になくて、映画で初めて出すところなんですが、先生はかわいいからいいんじゃないと受け入れてくださった。あそこは先生が原画もやってくださったから、園子らしさも残っていると思います」と笑顔を見せた。

 それを受けて、諏訪プロデューサーは「青山剛昌先生は原作者としてクレジットされていますが、やっていることは製作総指揮以上で。映画のキャラクターに先生の手を入れてもらっているし、こちらから新たなアイデアを出したりとキャッチボールをして。絵作りの表情や、ラブコメ的な要素でも助けられています」と明かした。

 この日は影響を受けた作品について2人が質問をされるひと幕も。『ユニコ 魔法の島へ』をあげた永岡監督は、ユニコと西風の精との関係性が、「今回、いつものコナンとキッドとの関係性ではないというところに、少しだけですが、参考にさせてもらったところがあります」と説明。『80日間世界一周』をあげた諏訪プロデューサーは「この作品はお手本ですね。最後にどんでん返しがあるんですけど、コナンの時もシナリオの打ち合わせの時にそういうことを考えたりします。コナンって最後になっても、まだ何かがあるというのは、この映画の感覚に近いですね」と付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「サタデー・ナイト・ライブ」のコメディエンヌが製作!女の友情描くNetflix映画

 Netflix注目のコメディ映画『ワイン・カントリー』について出演者アナ・ガステヤー、ポーラ・ペルが、5月8日(現地時間)ニューヨークのAOL開催のイベントで語った。

 長年の女友達で集まり、ワインを堪能するためカリフォルニア州のナパへ旅行に出かけた6人。だが、レベッカ(レイチェル・ドラッチ)の50歳の誕生日を祝う楽しい旅行になるはずが、日頃の不安や悩みから逃れられない女たちの間に気まずい空気が漂い始める。アナは、レイチェルの友人キャサリン役、ポーラはヴァル役を演じている。そして、映画『俺たちフィギュアスケーター』『インサイド・ヘッド』などに出演した女優エイミー・ポーラーが初監督を務め、アメリカの長寿番組「サタデー・ナイト・ライブ」で活躍した女性たちによって本作は製作された。「サタデー・ナイト・ライブ」(Saturday Night Live, SNL)とは、1975年から現在まで続いている生放送のコメディバラエティ番組。エディ・マーフィー、ビル・マーレー、マイク・マイヤーズなどのスターを輩出し、若手コメディアンの登竜門となっているだけではなく、大物ハリウッド俳優やミュージシャン、政治家など、豪華ゲストが続々出演することでも知られている。

 彼女たちのことをよく知るSNL出身の脚本家が今作を執筆したので、飾らずに演じることができたそうだ。「今作に出演している女性陣は、ほぼ「サタデー・ナイト・ライブ」の女性メンバーで、私たちもメンバーの大きな節目の誕生日を共に祝ったり、息抜きに一緒に旅をしたりしていたわ。事実、今作のレベッカの誕生日のように、私たちもプライベートでワインカントリーを旅していたのよ。昨年はわたしの誕生日を祝うために、みんなで(カリフォルニア州の)パームスプリングに行ったわ」とアナは語った。

 ポーラがSNLに加わったのは1995年。大きな入れ替わりがあり、誰もが新人だったそうだ。「これは番組の歴史の中でも、とても稀な時期だった。でも、自分たちがこの番組に選ばれたのは面白いからだと捉えて、自分たちのやるべきことをやったわ」とポーラは当時を振り返った。一方、アナは、ポーラの加入から1年後の1996年からSNLに出演した。「わたしが加わった時、女性はパフォーマーに3人、脚本家に3人だけで、それ以外はみんな男性だったのよ。当時は大幅に女性の数が少なかったけれど、目をつむって、自分の仕事をこなしていたわ。けれど、時の経過とともに状況は変わっていき、わたしが番組を離れる時には、ティナ・フェイはヘッドライター兼パフォーマーになり、より多くの女性パフォーマーがこの番組に参加するようにもなったの」とアナは明かした。
 
 アナの夫は今作のコンセプトを聞いて、女性版『ハングオーバー!』シリーズみたいなものだと思ったらしい。しかし、今作は女性の友人関係を描いた映画だとアナは語る。「女性は、自分たちの周り人の面倒を見てあげる時間が多いから、ちょっとの間だけ自分のことだけを考えるのは、完全な息抜きになるわけ。本音をぶつけ合うことが、腹の底から笑ったり、自分自身を再発見することにつながるのよ」と解説した。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画『ワイン・カントリー』はNetflixにて独占配信中

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。