子どもと映画にいって楽しく過ごせる三つの方法

3歳くらいになると、少しずつ聞き分けもできるようになって、好きなアニメなら集中して観ていられるようになります。「そろそろ映画館に連れて行っても平気かしら?」と思っているママも映画を観ること自体が久しぶりなのではないでしょ […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

クリステン・スチュワート、同性愛コメデイ映画の出演交渉中

クレア・デュヴァル監督と脚本家のメアリー・ホランドのコンビで贈る同作は、ザ・ハリウッド・レポーターによると、家族が集まる恒例のパーティーで若い女性が同性の恋人にプロポーズしようとするものの、実は相手がまだ両親にカミングアウトしていないことが発覚し、場が混乱するという物語だという。

テンプル・ヒルのマーティ・ボーウェンやアイザック・クラウスナー、ジャクリン・ハントリングが製作を担当するほか、ハンナ・ミンゲラ、シャーリー・シラジらがトライスター・ピクチャーズの下、携わる。現在、クリステンの配役やその他のキャスティングについては不明となっている。

一方、私生活では『トワイライト』の共演者ロバート・パティンソンと交際していたクリステンだが、バイセクシャルを自認しており、フランス出身の歌手ソーコ(Soko)セイント・ヴィンセント(St.Vincent)との交際を経て、モデルのステラ・マックスウェル(Stella Maxwell)と現在付き合っているという。

そんなクリステンには、1970年代のテレビ番組『地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル』のリブート版でエラ・バリンスカ、ナオミ・スコットらとの共演が控えていて、 2018年8月には同作への出演に向けてトレーニングしていることを明かしていた。

「ちょっとボクシングをやっているの。今までやったことなんてないけど。とても熱中しているわ。実のところ、スパーリングを始めてすぐに、私がやっていることって誰かと戦うためにやっていることなんだって自覚した。これ暴行よね、本当に嫌だわってなったわ」「でも、最近やったことといえばエリザベスと話したことかしら。他の共演者と会うのが待ち遠しいの。もっと格闘技のトレーニングを始める予定で、さらに激しくなるわ」などと語っている。

最新のセレブニュースはこちら

クリエイションが詰まったインターナショナル・モード誌『Numero TOKYO』のWEBサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

富良野の定番観光スポット10選 ラベンダーもあのロケ地も!|北海道|LINEトラベルjp 旅行ガイド

北海道・富良野は、色鮮やかな四季を楽しめる場所。春から秋には広大な花畑に花々が咲き誇り、冬は純白のパウダースノーを堪能できます。映画やドラマのロケ地も数多くあり、ため息の出るような絶景が目白押し!

今回は、富良野に行ったらココは押さえておきたい、富良野・定番の観光スポットをご紹介いたします。

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。