《ブラジルサッカー》癌の少女のために全員丸刈り=U20の国内大会で優勝したサンパウロFCの舞台裏

 ブラジルのサッカー・チームの20歳以下の選手たちで行われる選手権コパ・サンパウロの決勝が25日にサンパウロで行われ、サンパウロFCがPK戦の末にヴァスコ・ダ・ガマを破って優勝したが、この決勝戦にはひとつのドラマがあった。
 この試合、サンパウロFCの選手たちは、ほとんど全員が丸刈りになって試合を行った。その理由は、脳腫瘍におかされた6歳の少女に敬意を表したためだ。
 その少女、ラリッサちゃんとサンパウロが知り合ったきっかけは、ベスト16の対ミラソル戦にさかのぼる。
 この試合で、マスコット・ガールを務めたラリッサちゃんは、試合開始前のセレモニーでサンパウロの先発メンバーたちと共に入場したが、その際に、選手たちは彼女がかつらをかぶっており、脳腫瘍で髪を失っていることを知った。
 その試合でエースのアントニーは、ラリッサちゃんとの約束を守る形でゴールも決めた。
 さらに、決勝戦の試合前、サンパウロの選手たちは揃って髪をそり上げた。そして、ラリッサちゃんをロッカールームに招き、一緒に記念撮影も行った。写真には、サンパウロのユニフォームを着、髪を失った頭に赤いリボンをしたラリッサちゃんを真ん中にし、選手たちが取り囲むように写った。
 決勝戦は接戦となり、90分の試合では2―2の引き分け。勝負はPK戦に持ち込まれたが、結果、3―1でサンパウロが勝ち、優勝を決めた。
 アントニーは、「僕の一生で最高の試合ができた」と優勝をかみしめていた。(25日付グローボエスポルテ・サイトなどより)

ブラジル発の生情報をほぼ毎日、約20本も配信。サッカー、リオ五輪、デモなど社会情勢、経済、企業、政治、日系社会、日本移民の歴史など各種情報を、豊富な写真付の記事やコラムなどで詳しくお伝えします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

松嶋菜々子が女優26年目でテレ朝ドラマ初主演

女優松嶋菜々子(44)が、今秋放送されるテレビ朝日系ドラマスペシャル「誘拐法廷~セブンデイズ~」に主演することが26日、分かった。松嶋が、テレビ朝日制作のドラマに出演するのは、女優活動26年目で初。同局系のドラマで主演するのも初めてとな…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

テレ東の裏エース? 75歳・北大路欣也が“最年長視聴率男”と呼ばれるワケ

演劇の初舞台は早大時代の「リア王」 ©共同通信社 2月で76歳になる北大路欣也の快進撃が続いている。新春を飾るテレ東・金曜夜8時のドラマ枠で「記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜」に主演。車椅子に…

世の中の「ほんとう」がわかります