クイーン映画の大ヒット、名曲から生まれる映画…音楽の新たなポテンシャル

 英ロックバンド・クイーンのフロントマンであるフレディ・マーキュリーを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』(公開中、配給=20世紀フォックス映画)が先日、日本での興行収入100億円を突破、その勢いが留まるところを知らない。この大ヒットを受け、今後ミュージシャンの伝記映画は増えていきそうだ。日本でも中島美嘉の同名曲から生まれた映画『雪の華』(2月1日公開)など楽曲の映画化が話題となっている。以前から映画と音楽は切っても切れない関係ではあったが、『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットは音楽の持つ新たなポテンシャルを示しているのではないか。

ミュージシャンと映画の関係

 『ボヘミアン・ラプソディ』は『第76回ゴールデン・グローブ賞』で「最優秀作品賞」(ドラマ部門)を獲得し、フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが最優秀主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞。日本でも昨年11月に公開され興行収入も100億円を突破し、昨年公開された映画で興行収入1位を記録している。

 また、レディー・ガガが主演を務めた『アリー/スター誕生』は放送映画批評家協会(BFCA)主催の『第25回クリティック・チョイス・アワード』で『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズと同票で主演女優賞を受賞した。受賞会見でガガは「今後も演技を絶対に続けていく」と語っている。

 近年は特にミュージシャンが映画に関わる事例が増えているようだ。ケンドリック・ラマーは昨年1月に公開された『ブラックパンサー』のサウンドトラック『ブラックパンサー:ザ・アルバム』を手掛けた。レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは、昨年11月に公開、日本では1月25日に公開された『サスペリア』で初のサウンドトラックを手掛けている。

 このこと自体は特に珍しいことではない。過去を振り返れば、デヴィッド・ボウイも『地球に落ちて来た男』など多数の映画に出演しているし、ザ・ビートルズもミック・ジャガーも多数の映画に出演している。それはミュージシャンが役者として、またはサントラを担当して映画と関わるというものだった。

 または、マーティン・スコセッシ監督が、1976年の米バンドのザ・バンドがサンフランシスコで開催した解散のコンサートの模様を収録したライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』のようなドキュメンタリーとして鑑賞されてきた。

 しかし、その関係性は変化している。ミュージシャンが映画作品に参加するということより、音楽自体がエンターテインメントとして新たな側面を見せているのだ。

音楽自体がエンターテインメントに

 これまでにもレイ・チャールズの伝記映画『レイ』やジョニー・キャッシュの伝記映画『ウォーク・ザ・ライン』などミュージシャンの伝記的映画はこれまでにも高い評価を受けてきたが、『ボヘミアン・ラプソディ』がこれまでの伝記映画と大きく違うのはやはり、クライマックスを飾るクイーンが1985年に出演した20世紀最大のチャリティー音楽イベント『ライブ・エイド』の“完コピ”シーンだろう。

 約7万5000人の観客で埋め尽くされたロンドンのウェンブリースタジアムでの彼らのパフォーマンスとその熱狂を再現するということはラミらの絶え間ない努力と才能はもちろん、CGなど現代の最先端技術が可能にした賜物である。本作でメガホンを取った、ブライアン・シンガー監督はインスタグラムにその撮影シーンを公開している。クイーンのメンバー視点で映し出されるその映像と音像に観客が興奮を覚えるのも頷ける。

 今までの伝記映画はどちらかと言うと、ミュージシャンの破天荒な生活や恋愛などステージや音楽以外の場所にスポットライトを当てている作品が多かった。『ボヘミアン・ラプソディ』は、クイーンの音楽制作やステージパフォーマンスをメインにストーリーを進めている所が新しさであり最大の魅力であると思う。つまり、彼らの音楽活動自体が映画のメインストーリーとして確立されているのである。

 日本でも音楽と映画の関係は変容している。2016年11月にAcid Black Cherryのコンセプトアルバム『L―エル―』を広瀬アリス主演で映画化した同名作品が公開された。今年1月にはGReeeeNの大ヒット曲「愛唄」が映画化された『愛唄―約束ノナクヒト―』が公開され、2月1日には中島美嘉のヒット曲を元に制作された映画『雪の華』が公開される。同作では三代目J SOUL BROTHERSの登坂広臣と中条あやみが主演を務めることで早くも話題だ。

 日本ではアーティストやサウンドというよりも、作品の特に歌詞という部分から物語が派生しているというところは印象的だ。まるで日本の音楽の歌詞に対する価値観の大きさを物語っているようだ。

音楽セールスとも相乗効果

 日本の伝記映画としては、GReeeeNの楽曲「キセキ」誕生までの実話を元にした映画『キセキ ―あの日のソビト―』(2017年1月公開)でGReeeeNのメンバーを演じた松坂桃李、菅田将暉、成田凌、横浜流星が「グリーンボーイズ」としてテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演して話題にもなった。菅田はこの後、2017年3月に「見たこともない景色」でソロ歌手デビューし、昨年3月に1stアルバム『PLAY』をリリースしている。

 また昨年、『第71回カンヌ国際映画祭』で最高賞のパルム・ドールを獲得した『万引き家族』の音楽は細野晴臣が担当している。同作は『第91回アカデミー賞』でも外国語映画賞にノミネートしている。カンヌ映画祭でコンペティション部門正式出品された、映画『寝ても覚めても』では気鋭のビートメイカーでミュージシャンであるtofubeatsが音楽を手掛けて話題となったことも記憶に新しい。

 今後『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットを受け、伝説的ミュージシャンの伝記映画は数多く制作されるだろう。すでに今年5月には英ミュージシャンのエルトン・ジョンの伝記ミュージカル映画『ロケットマン』が全米公開される予定。エルトン・ジョン自らがプロデュースを務め、『キングスマン』に出演する英俳優のタロン・エガートンがエルトン役を演じる。

 もちろん、音楽セールスへの影響も大きい。『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラック・アルバム『Bohemian Rhapsody(The Original Soundtrack)』は、昨年12月3日付のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Billboard JAPAN Download Albums”で1位を獲得。2位に『クイーン・ジュエルズ』、7位に『グレイテスト・ヒッツ』とTOP10に3作品がランクイン。クイーン関連8作品が100位圏内にランクインするなど、音楽セールスにも大きな効果をもたらしている。今年2月9日には2枚組LPとして『Bohemian Rhapsody(The Original Soundtrack)』が発売される。

 YouTubeやストリーミングサービスの普及によって音楽の消費形態が変わる中、今後コンテンツとしても音楽の在り方がどんどん変わっていくのかもしれない。しかし、人々が音楽を求める欲望そのものが変容することはないだろう。レコードからCD、そしてストリーミングと形を変えながらも私たちは音楽を求め続けるのだ。【松尾模糊】

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

『名探偵ピカチュウ』など注目作5選!【今週公開の映画】

 『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画など、今週公開の注目映画を紹介する。(編集部・大内啓輔)

全世界待望!『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画

『名探偵ピカチュウ』5月3日公開

 ニンテンドー3DS用ゲームソフト「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」をもとにした『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画。幼い頃はポケモン好きだった青年・ティムが父親を捜すために中身はおっさんの名探偵ピカチュウとコンビを組む。監督は『ガリバー旅行記』のロブ・レターマン。ジャスティス・スミスが主人公ティムを演じたほか、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、ビル・ナイなどがキャストに名を連ねる

浜辺美波ら若手キャストがハイテンション!人気ドラマの劇場版

『映画 賭ケグルイ』5月3日公開

 人気コミックを実写化したドラマ「賭ケグルイ」の劇場版。ギャンブルの勝敗でヒエラルキーが決まる学園を舞台に、蛇喰夢子が学園を支配する生徒会との戦いを繰り広げる。ヒロイン役の浜辺美波のほか、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、矢本悠馬、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華ら人気若手キャストが出演。監督は『トリガール!』『3D彼女 リアルガール』などの英勉。

3戦隊19ヒーロー…史上最大の「VS」が幕開け!

『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』5月3日公開

 「スーパー戦隊」シリーズの「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」と「宇宙戦隊キュウレンジャー」がコラボレーションした特撮アクション。“ルパパト”の世界にキュウレンジャーが現れ、悪の連合から地球を救うために力を合わせて戦う。ルパンレッド役の伊藤あさひをはじめ、結木滉星、濱正悟、横山涼、岐洲匠、岸洋佑ら各作品のキャストが集結する。

故ロビン・ウィリアムズが映画化を熱望したユニークな風刺漫画家の物語

『ドント・ウォーリー』5月3日公開

 交通事故により胸から下が麻痺しながらも再起を遂げた風刺漫画家ジョン・キャラハンの自伝を映画化。俳優のロビン・ウィリアムズが生前に構想しており、志半ばで死去した彼の遺志を受け継ぎ、ホアキン・フェニックスを主演に迎えてガス・ヴァン・サントがメガホンを取った。共演にはジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラックら。

ジャッキー×ブロスナン!孤独な戦いに終わりはあるのか!?

『ザ・フォーリナー/復讐者』5月3日公開

 ジャッキー・チェンが製作と主演を担うサスペンスアクション。元特殊部隊員の男が無差別テロで亡くなった高校生の娘の復讐を果たすべく調査を進め、事件の裏に隠された真相へと近づいていく。共演にはピアース・ブロスナンら。監督は『007』シリーズなどのマーティン・キャンベル。脚本は『エネミー・オブ・アメリカ』などのデヴィッド・マルコーニ。

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

キスマイ北山宏光は「精神力がすごい」、多部未華子が明かした撮影現場の姿

 Kis-My-Ft2の北山宏光(33)が主演を務める『トラさん~僕が猫になったワケ~』の完成報告記者会見が26日に都内でおこなわれ、北山とともに共演の多部未華子(30)、メガホンをとった筧(かけひ)昌也監督(41)が登壇、現場の雰囲気づくりのために積極的にキャスト陣に声をかけていた北山を、多部が「精神力がすごい」という一言で一蹴する場面があった。

 本作は、漫画家・板羽皆さん人気コミックを原作とした作品で、急死した漫画家が、猫としてよみがえり、自分の家庭に戻り家族と新たな生活を始めていく様子を、人間と猫の両方の視点で描いたストーリー。主人公のダメ夫・高畑寿々男役を北山、その妻・奈津子役を多部、娘の実憂を子役の平澤宏々路(こころ)が演じる。その他に飯豊まりえ、要潤、富山えり子、バカリズムなど個性的な面々が名を連ねている。また、主題歌にはKis-My-Ft2の「君を好きだ」が起用されている。

北山宏光

 今回初主演、初出演の映画作品で、猫役というオファーをもらって、大いに驚いたという北山は「挑戦の作品」と気合を入れて撮影に臨んだ様子。人間と猫の二役を演じる北山に対して、筧監督は「生物として猫っぽくしていくというよりは、ちゃんと寿々男のキャラを踏襲する必要があり、常に調整していた感じでした」と演出で心掛けたポイントをコメント。北山も初主演でプレッシャーもあったことを明かしつつ「主演主演しているというよりは、この家族になじむというところを意識しました」と自身の演技で留意した箇所を明かす。

筧昌也監督、北山宏光、多部未華子

 本撮影時のチームワークをたずねられると「僕の主観ではものすごくよかったです」と語る北山。多部も「北山さんがフランクに分け隔てなく接してくださる方だったので、気が付けば楽しく現場にいたという感じ」とアットホームな現場に癒された様子。

 しかし多部はさらに詳しく現場の様子をたずねられると、食事中に本を読んでいた時に話しかけられたことなどを明かし「話しかけられたら、やめざるを得ない。本当に携帯触っている時とか、本読んでいる時とかに話しかけてくるんですよ。その精神力がすごいなと」とかなり積極的なアプローチをされた様子を明かし、うっとおしいと思われたのかと言葉を失う北山をよそ目に、笑いを誘っていた。

多部未華子

多部未華子

 また、北山は今回猫役をやるにあたり“猫スーツ”を着用。ポスターなどで強烈なインパクトを見せているビジュアルを、最初に自分で着て鏡を見たときには「“俺はこれでいくんだ”と気合を入れました」と気を張った一方で「俺、意外にイケるなと思いました」とまんざらでもなかった様子。通りすがりの子供を、自分が北山であること以前に猫であることで集めていたことを振り返りながら「それが終わるときには、寂しかったですね」と名残惜しさを明かす。

 一方、次にやってたい役は? とたずねられると、北山は「今回、このような形でやらせてもらったけど、“実は次にこんな役をやらせたい”というオファー待ちをしています。そういうオファーがもらえる俳優になりたいと思います」と今後の役者としての願望を語った。【取材・撮影=桂 伸也】

多部未華子

音楽&エンタメニュースサイト