キスマイ北山宏光は「精神力がすごい」、多部未華子が明かした撮影現場の姿

 Kis-My-Ft2の北山宏光(33)が主演を務める『トラさん~僕が猫になったワケ~』の完成報告記者会見が26日に都内でおこなわれ、北山とともに共演の多部未華子(30)、メガホンをとった筧(かけひ)昌也監督(41)が登壇、現場の雰囲気づくりのために積極的にキャスト陣に声をかけていた北山を、多部が「精神力がすごい」という一言で一蹴する場面があった。

 本作は、漫画家・板羽皆さん人気コミックを原作とした作品で、急死した漫画家が、猫としてよみがえり、自分の家庭に戻り家族と新たな生活を始めていく様子を、人間と猫の両方の視点で描いたストーリー。主人公のダメ夫・高畑寿々男役を北山、その妻・奈津子役を多部、娘の実憂を子役の平澤宏々路(こころ)が演じる。その他に飯豊まりえ、要潤、富山えり子、バカリズムなど個性的な面々が名を連ねている。また、主題歌にはKis-My-Ft2の「君を好きだ」が起用されている。

北山宏光

 今回初主演、初出演の映画作品で、猫役というオファーをもらって、大いに驚いたという北山は「挑戦の作品」と気合を入れて撮影に臨んだ様子。人間と猫の二役を演じる北山に対して、筧監督は「生物として猫っぽくしていくというよりは、ちゃんと寿々男のキャラを踏襲する必要があり、常に調整していた感じでした」と演出で心掛けたポイントをコメント。北山も初主演でプレッシャーもあったことを明かしつつ「主演主演しているというよりは、この家族になじむというところを意識しました」と自身の演技で留意した箇所を明かす。

筧昌也監督、北山宏光、多部未華子

 本撮影時のチームワークをたずねられると「僕の主観ではものすごくよかったです」と語る北山。多部も「北山さんがフランクに分け隔てなく接してくださる方だったので、気が付けば楽しく現場にいたという感じ」とアットホームな現場に癒された様子。

 しかし多部はさらに詳しく現場の様子をたずねられると、食事中に本を読んでいた時に話しかけられたことなどを明かし「話しかけられたら、やめざるを得ない。本当に携帯触っている時とか、本読んでいる時とかに話しかけてくるんですよ。その精神力がすごいなと」とかなり積極的なアプローチをされた様子を明かし、うっとおしいと思われたのかと言葉を失う北山をよそ目に、笑いを誘っていた。

多部未華子

多部未華子

 また、北山は今回猫役をやるにあたり“猫スーツ”を着用。ポスターなどで強烈なインパクトを見せているビジュアルを、最初に自分で着て鏡を見たときには「“俺はこれでいくんだ”と気合を入れました」と気を張った一方で「俺、意外にイケるなと思いました」とまんざらでもなかった様子。通りすがりの子供を、自分が北山であること以前に猫であることで集めていたことを振り返りながら「それが終わるときには、寂しかったですね」と名残惜しさを明かす。

 一方、次にやってたい役は? とたずねられると、北山は「今回、このような形でやらせてもらったけど、“実は次にこんな役をやらせたい”というオファー待ちをしています。そういうオファーがもらえる俳優になりたいと思います」と今後の役者としての願望を語った。【取材・撮影=桂 伸也】

多部未華子

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【スターシアターズ・榮慶子の映画コレ見た?】「ブレス しあわせの呼吸」 日常取り戻す 家族の愛 – 沖縄タイムス+プラス ニュース

 毎日の当たり前だと思っている事が、人や場所によってはそうでない事を知っているつもりだ。だが意識をすることの少ない“呼吸”さえも、当たり前ではないという日常をどれだけ想像する事ができるだろうか。

沖縄タイムス社のニュースと電子新聞サイト。沖縄県の最新ニュースに加えて、おくやみ、人事、観光、グルメ、イベント、コラム、プレゼントなどの情報も。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

キスマイ北山宏光、楽屋裏での猫マネ 飯豊まりえに暴露され大焦り

 Kis-My-Ft2の北山宏光(33)が主演を務める『トラさん~僕が猫になったワケ~』の完成披露試写会が26日に都内でおこなれ、北山とともに共演の多部未華子(30)、平澤宏々路(こころ=11)、飯豊まりえ(21)、要潤(37)と、メガホンをとった筧(かけひ)昌也監督(41)が登壇、飯豊が、楽屋裏で猫マネの練習をしていた北山の様子を暴露し、北山が焦った表情を見せて会場を沸かせる場面があった。

多部未華子と北山宏光

 本作は、漫画家・板羽皆の人気コミックを原作とした作品で、急死した漫画家が、猫としてよみがえり、自分の家庭に戻り家族と新たな生活を始めていく様子を、人間と猫の両方の視点で描いたストーリー。主人公のダメ夫・高畑寿々男役を北山、その妻・奈津子役を多部、娘の実憂を平澤が演じる。その他に飯豊、要、富山えり子、バカリズムなど個性的な面々が名を連ねている。また、主題歌にはKis-My-Ft2の「君を好きだ」が起用されている。

北山宏光

北山宏光

 この日は映画で着用した“猫スーツ”姿で登場した北山は「俺だけ異常に暑いんですよね、寒かったり暑かったり。部屋の中に入ると暑くて、外は寒かったりして体温調節が難しかった」と、ステージで一人汗だくで挨拶に応じる。

 今回、人間と猫という二役を務めた北山は、猫の役作りに関して「この状態が猫なので、いかに人間っぽくやりながら猫のスパイスを入れていくかが一番難しかった。寿々男は一見、ダメ男、でもどこか可愛くて愛されなければいけない、というところがあるし」と注意した点を振り返る。

飯豊まりえ

飯豊まりえ

 今作では、北山と同じく飯豊も猫役を担当。もともと16年飼っていた白猫が亡くなり、そのあとにこの役のオファーが舞い込んで、自分で白猫の役をやることになったという経緯を感慨深く振り返りながらも、一方で猫役ということに衝撃を受け不安を感じていたものの「現場に行ったら、(既に)北山さんが猫になっていたので」と不安が解消されたことを回想する。一方の北山も「最初は自分だけだったんですよ。初めて友達ができたような気が」と飯豊の猫としての登場に、胸をなでおろした様子。

飯豊まりえ

飯豊まりえ

 一方、猫を演じた中でのエピソードをたずねられると、飯豊は「このまま(の姿)でも完成されていましたが、北山さんはちゃっかり猫の練習していました。こうやって」と、猫が手で顔をなでるポーズを実演。「(北山さんからは)“言わないで”と言われていたんですけど、鏡に向かってしっかり練習されていたんです、ちゃんと動画を見たりして」と、舞台裏での北山の様子を暴露。北山は慌てて「やめて! 恥ずかしい!」と叫び、会場を沸かせていた。

多部未華子

多部未華子

 また、この日は映画のテーマに沿って登壇者に「人生挽回したいことは?」と質問が投げかけられると、北山は「小学校の合唱コンクールとか、文化祭、体育祭なんかを“なんで頑張ってたんだよ”と斜に構えていたんですけど、あの時にできること、それこそ青春を謳歌することを、しておけばよかったなと。照れずに」などと回想。

平澤宏々路

平澤宏々路

 さらに「思わず泣いてしまった話」とたずねられると、平澤が「共演した役者さんに、実はライブチケットをもらって、初めて東京ドームのライブに行ったんです。人生初めてのライブだったので。踊ったり歌ったり汗だくになりながら頑張っててすごい、感動して楽しいのにウルッとしちゃいました」と、敢えてアーティスト名を出さずに感動した話を告白。

 すると要がすかさず「それテイラー・スウィフトの話でしょ?」とコメント、すかさず北山は「(いや、)キスマイでいいでしょ?」などとツッコミを入れ、笑いを誘っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

要潤

音楽&エンタメニュースサイト