荒井“翔伍100%”開会式もレースも沸いた/江戸川

地元の荒井翔伍が4Rで逃げ切った。 開会式では、お笑いタレント「アキラ100%」の芸をまねたパフォーマンス。レースでも活躍して「丘の上だけじゃなく、水の上でも頑張らないと」と話した。当地は正月シリーズで9走して8度の3連対を果たしている…

ニッカンスポーツ・コム ボート最新ニュース

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【沼にはまる女たち】ただの出待ちファンじゃない!お笑いライブスケジュールの定期メールで味わう特別感~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する同シリーズ。今回の沼は、売れない若手芸人にどっぷりとハマり、他のおっかけに負けないように食事を振る舞うなどの行動を繰り返す「若手芸人」の沼 […]

Suits-woman.jp(スーツウーマン)は、真面目に働きながら、仕事、お金、未来のことなど地に足をつけて“堅実に”考える“堅実女子”の応援サイト。賢人のお悩み解決、デジタルの基本、貧困女子などの記事で働く女子をバックアップ。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

アート観賞がさらに楽しく!アート×お笑いのイベントが開催

笑いが生まれる場、笑いとアートが交わる場、アートが生まれる場といった、3部構成で行われるイベント「アートと笑いの境界線」。
第1部では、企画の主宰であり放送作家の倉本美津留と、ジャルジャルによる「超コント」。その場でできた言葉をタイトルに、ぶっつけ本番で新作コントを披露するというもの。台本もない、稽古もしていない、打ち合わせすらしていないなか生みだされる面白さは必見。

倉本美津留 KURAMOTO Mitsuru

第2部では、「アートと笑いの境界線」をテーマに、現代アーティストAKI INOMATA、青田真也、LEEKANKYO、田中偉一郎を招いてのトーク。作品を「笑いとボケ」に捉え、ときに作品にツッコミを入れながら楽しむというもの。現代アートファンも、そうじゃない人も新しい見方で作品を楽しむきっかけになりそう。

会田誠 AIDA Makoto Courtesy Mizuma Art Gallery

会田誠 AIDA Makoto Courtesy Mizuma Art Gallery

さらに第3部では、漫画家のしりあがり寿と、現代アーティストの会田誠が、描いて、しゃべって、また描く…という「しゃべつくり」を開催。こちらももちろん台本はなし! 目の前で作品が完成していくその瞬間お見逃しなく。

アート、お笑いの両方に新たな楽しみ方を見出せそうな当イベント。チケット購入はウェブサイトにて。

ヨコハマアートラリー「アートと笑いの境界線」
会期/2019年2月2日(土)
会場/横浜市開港記念会館
住所/横浜市中区本町1-6
時間/開場12:00、1部12:30〜14:00 、2部15:00〜16:00、3部17:00〜18:00
定員/各回389名
主催/横浜トリエンナーレ組織委員会
URL/yokohamaartrally-1.peatix.com/

クリエイションが詰まったインターナショナル・モード誌『Numero TOKYO』のWEBサイト