さんまも大笑い 女医8人が登場しエピソード披露

タレント明石家さんま(63)が司会を務めるMBSテレビ「痛快!明石家電視台」(月曜午後11時56分=関西ローカル)の28日放送分に8人の女医が登場する。「実際どうなん!?女医」と題した番組には、形成外科が専門のタレントで医師の西川史子ら…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

「ブラックリスト」ナヴァービ女優、降板 100エピソード以上に出演

 テレビドラマ「ブラックリスト」でサマル・ナヴァービ捜査官を演じてきたモズハン・マーノが、3月29日米放送のエピソードを最後に降板したことをTwitterで明かした。

 TV Line などによると、サマルは事故の後遺症で記憶力が衰えてしまう症状が出始め、そのストーリーの延長で去ることになったという。最終出演エピソードの放送後モズハンは感謝の言葉をツイートしている。

 「5年前、『ブラックリスト』のサマル役に選ばれたというマネージャーからの電話があり、一晩にしてわたしの人生は変わりました。素晴らしい経験でした。間違いも犯しましたし、友達もできました。成長もし、素晴らしい人々と一緒に仕事をすることもできました。ニューヨークの地下鉄に乗るたびに誰かが、『よう、サマル!』と親しみを込めて呼んでくれます。ですが昨夏、わたしは人生の次の章に進む心の準備ができ、プロデューサーたちは番組を去ることを快く受け入れてくれました。というわけで、今晩、またわたしの人生が変わります。最後の出演エピソードが放送される中、同僚、プロデューサー陣、そして番組のファンの皆さんに心からの感謝を述べさせてください。最高に楽しい時間でした」とつづっている。

 モズハンは第2シーズンから「ブラックリスト」のキャスト入りをし、100エピソード以上に出演している。(澤田理沙)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

パラ競泳の一ノ瀬メイ「精進します」近大職員に内定

近大は25日、16年リオデジャネイロ・パラリンピックの競泳女子日本代表一ノ瀬メイ(21)が4月1日付で同大学職員に内定したことを発表した。 近大4年の一ノ瀬は先天性の右前腕欠損症で生まれ、競技者として活動しながら、テレビCMなどでパラス…

ニッカンスポーツ・コム 水泳最新ニュース