【飛行機の迷信②】飛行機に乗っているとお酒に酔いやすい!?



飛行機の迷信2回目はお酒の話。飛行機の中でお酒を飲むと、地上にいる時よりも酔いやすいって聞いたことありませんか。果たして本当でしょうか。

この迷信はズバリ「正しい」です。



長時間のフライト、機内の限られたスペースでの楽しみと言えば、映画などのエンターテイメントもありますがやっぱり食事です。おいしいかどうかはともかく、いつもとは違った環境で、いつもとはちょっと違った食べ物を食べるのは気が紛れます。

1万メートルを超える高度で安定飛行に入ると、CAのみなさんがドリンクを配り始めます。いよいよ旅が始まったなと実感するタイミングですよね。清涼飲料水でも、ジュースでも、ビールでにワイン、ウィスキーやジンのミニボトルなど、なんでもあります。さて、特にやらなきゃいけないこともないし、できれば眠ってしまいたいということでお酒を頼む人も多いと思います。

身をもって体験された方も多いかと思いますが、この上空1万メートルでのアルコールは、ずばり地上よりもやっぱり酔いやすいんです。

なんで酔いやすくなっちゃうの?



飛行機の中の気圧は地上よりも低いそうです。1800メートルから2200メートルの高さの山にいるこうなもので、富士山なら五合目くらい。そのような気圧だと、身体に酸素を取り込む能力が2割ほど下がってしまいます。そうすると、体の中でアルコールを分解するスピードも落ちてしまい、体内のアルコール濃度がいつものように下がらないため、長い時間酔った状態が続きます。

それに気づかぬまま地上にいる時と同じように、もう一杯とお酒を重ねていくと、いつもより体内のアルコール濃度が高くなっていってしまうということになります。

ANAのホームページによれば、地上の2倍酔うそうです。
 

諸説ありますが、機内で酔いやすいのは体内の酸素が減るため代謝が悪くなり、アルコール分解が遅れるためと、気圧が低いために末梢血管が拡張し、血液循環が促進されてアルコールがまわりやすくなるためと言われています。なんと機内では地上の2倍程度酔いやすいという報告も。

ANA Trivia Vol.23」より引用

エコノミー症候群のリスクが高まる!



アルコールは利尿効果を高めます。そのため脱水症状に陥りやすくなります。脱水症状が進むと、エコノミー症候群を引き起こすリスクが高まるのはみなさんご存知の通りです。「お酒を楽しんで、トイレに行ってゆっくり眠る」のはあまりよくなさそうです。

KLMオランダ航空では、アルコール飲料を取ったら必ず同じだけの水を取るようにすることをすすめています。また、塩辛い料理はアルコールが進むので、避けたほうがいいそうです。機内食についてくる塩は振らないほうがよさそう。



また、アルコール摂取による不適切な行動は国際法違反であり、機長はそのような乗客を降機させる、または法を執行する機関に引き渡す権限があるということです。

いつも通りに飲んでいたのに、つい酔っぱらってしまって・・・という言い訳は通じないようですね。

いずれにしても適量が大事!



地上でお酒を飲む時以上に、「適量」に気を使ったほうがよさそうです。そしていつもよりゆっくりと楽しんで、水を取ることも忘れずに。

飛行機トリビアについては、『【飛行機トリビア】通路側の座席をもっと快適にするボタンがある!』『ずっと気になっていた、飛行機についてのあの謎の「答え」10選』もぜひチェックしてくださいね。

[All Photos by shutterstock.com]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

E・ブラント初来日「ミステリアスな部分が魅力」

英女優エミリー・ブラント(35)が23日、都内でディズニー映画「メリー・ポピンズ リターンズ」(ロブ・マーシャル監督、2月1日公開)ジャパンプレミアに出席した。 主人公メリー・ポピンズ役を演じており、今回が初来日。「滞在している1分1分…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

村上春樹×韓国の巨匠が鮮烈なコラボレーション。映画『バーニング 劇場版』

カンヌの批評家採点で歴代最高点を記録した噂の青春ミステリー映画が全貌を現す!

なんて鮮烈な青春映画。韓国を代表する巨匠、イ・チャンドン監督の『ポエトリー アグネスの詩』から8年ぶりとなる待望の新作。彼が今年デビュー40周年となる世界的な人気作家、村上春樹の異色短篇『納屋を焼く』(1983年初出)を、いまの韓国の格差社会にアジャストして大胆に脚色。完全版148分(NHKで95分の短縮版を放送済み)の新しい傑作が誕生した!

運送会社のアルバイトをしているジョンス(ユ・アイン)は、街角で美しくなった幼なじみのヘミ(チョン・ジョンソ)に再会。ヘミがアフリカ旅行で留守の間、自宅にいるという猫の世話を頼まれる。やがて帰国したヘミは青年ベン(スティーヴン・ユァン)を連れていた。洗練された佇まいで裕福な暮らしを送る正体不明の男。ある時、ベンはジョンスに自分の秘められた“趣味”を打ち明ける――。

男女三人の揺れ動く関係性と、次第に高まる緊張感。韓国の現代社会で浮遊する若者たちの姿と心理的な駆け引きをミステリータッチで描き出す。

メインキャスト陣も注目だ。骨太かつ繊細な魅力を見せる主人公ジョンス役のユ・アイン。ヒロインのヘミ役には、これが長編映画デビューとなる新人女優チョン・ジョンソ。そしてベン役――米作家F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』の若くして富を得た主人公に喩えられるこの謎めいた青年役には、米国のテレビシリーズ『ウォーキング・デッド』で知られるスティーヴン・ユァン。

ハリウッドスターでもある彼がミステリアスで優雅な存在感を怪しげな色気と共に発揮する。彼ら三人が田舎の玄関先でパーティをする中盤は、原作のメインパートを踏襲した見せ場。ジャズと大麻の甘く気怠い時間の頽廃美は強烈なインパクトを残す。

本作はアカデミー賞外国語映画部門の韓国代表に選出。また第71回カンヌ国際映画祭では、批評家による得点が過去最高点をマーク。各国の有力ジャーナリスト10人による星取表で4.0満点中、平均点3.8という驚異の評価を叩き出し、国際映画批評家連盟賞を受賞。『万引き家族』のパルムドール受賞を脅かしたとされる一本――これは見逃すわけにいかない!

『バーニング 劇場版』

監督/イ・チャンドン
原作/村上春樹『蛍・納屋を焼く・その他の短編』(新潮文庫)
出演/ユ・アイン、スティーブン・ユァン、チョン・ジョンソ
2019年2月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
URL/http://burning-movie.jp/

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

クリエイションが詰まったインターナショナル・モード誌『Numero TOKYO』のWEBサイト