濱田岳『フルーツ宅配便』でデリヘル店長に。“嬢”の一言がグサリと刺さる

 ドラマ『フルーツ宅配便』(テレビ東京系、金曜24時12分~)が、1月からスタートしました。テレビ東京でこの時間枠に放送されるドラマは「ドラマ24」と銘打たれており、新鋭のクリエイターや俳優陣が出演。お色気系から本格的な […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

山田涼介の役者魂見せた号泣シーン、極寒で雨に打たれ「本当に大変だった」

 山田涼介が主演を務める映画『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年1月17日公開)のメイキング特別映像が公開された。極寒のなか雨に打たれ泣き叫ぶシーンに挑戦した山田は「俳優人生で最も過酷だった」と振り返る。

【写真】完成披露試写会に出席した山田涼介

 シリーズ累計50万部を超える織守きょうや氏の小説「記憶屋」をもとに映画化。恋人の記憶を取り戻すため記憶屋探しに奔走する大学生・遼一を「Hey! Say! JUMP」の山田涼介、遼一の幼馴染・真希を芳根京子、遼一の記憶だけを失ってしまった恋人・杏子を蓮佛美沙子、遼一と共に記憶屋探しをする弁護士・高原を佐々木蔵之介が演じ、監督は『ツナグ』、「天皇の料理番」、「義母と娘のブルース」の平川雄一朗が務める。

 大学生の遼一は、年上の恋人・杏子にプロポーズをするが、数日後に再会した杏子は遼一の記憶だけを失っていた。杏子の記憶を取り戻そうとする中で、遼一は“記憶屋”の存在に行きつく。都市伝説だと思われていた記憶屋の足取りをたどる中で出会う、人々との“想い”と“絆”。遼一がたどり着いた、あまりにも切ない衝撃的な答えとは…。

 公開された映像には、遼一を演じた山田涼介や、遼一と一緒に記憶屋を探す高原を演じた佐々木蔵之介らの姿が映し出される。

 本映像で注目なのは、1分9秒からのシーン。降りしきる雨の中、街行く人々の中で一人うずくまり、激しく地面を叩く遼一。そして、怒りとも悲しみともつかない彼の慟哭が寒空に響き渡る…。

 大人気グループのセンターを務め、TVのバラエティなどでも活躍している山田が、その全てをかなぐり捨てて挑む迫真の演技に、観ているこちらまで胸を鷲掴みにされてしまう程の衝撃だ。実はこのシーンが撮影されたのは1月。極寒の中、雨に打たれながら感情を爆発させなければいけないこのシーンは、山田にとって俳優人生を振り返っても一二を争う程に辛いシーンだったという。

 山田は、「雨に打たれるシーンは本当に大変でした。湖で寒中水泳をした経験もありますが、それ以上に寒かった!」とその壮絶さを語りながら、「役者経験の中で、エキストラの方に『大丈夫ですか!?』と本気で声をかけられたのは初めてでした(笑)」と話し、なんと周りのエキストラにまで心配をされていたことを明かした。

 山田が役者魂を見せつけたこのシーンは、劇中でも重要なシーンとして描かれる。普段は明るい遼一が、ここまで感情を露わにして泣き崩れてしまう程の理由とは一体何なのか?

 そしてもう一つの注目は、高原を演じた佐々木の存在。佐々木の計算された軽妙な演技は、高原の弁護士というお堅い肩書に、憎めない軽さと人間味を与え、唯一無二のキャラクターに仕上げた。真っすぐで一本気な性格の大学生と、どこか砕けた雰囲気を持つ弁護士との凸凹バディは、作品に暖かいユーモアを与えている。

 山田は、バディを組んだ佐々木に関して「一番共演をしたかった俳優さんだったんです!」と念願の共演であったとを明かしつつ、「これまでお会いしたことはなかったのですが、“絶対にいい方だろう”と思っていたら、やっぱりそうで(笑)年の差を感じさせないように、あえてフランクに接してくれたのもありがたかったです。」と初共演の感動を語った。

 山田が過酷な撮影を乗り越えて、渾身の演技を魅せた本作。遼一の成長と大切な人への想いを繊細に描いた、至極のヒューマンドラマに期待が高まる。

音楽&エンタメニュースサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「やりたいこと」を仕事にすると、「夢≒呪い」の呪縛にかかる

日本で一番有名な予備校講師、林修先生がテレビ番組でこんなことを言っていました。

仕事は「やりたいこと」より「できること」で選ぶ

「社会で働くにあたって、どっちの軸で考えるかが人生の分かれ目になる」と “やりたいこと”と”できること”のどちらを軸に仕事をするかは重要な選択になる。
林氏はできることを軸に仕事をしているようで、「僕はこっちのほうが大事なんですよ」と語る。

やりたいこと、できることを仕事にした人を分類すると、このようになります。

やりたいこと×できること を仕事にする = 好きなことで生きていく

これが一番楽しそうです。
しかし、これをやるのは非常に難しいです。

と、いうのは、人がやりたいことってのは、だいたい一緒であり、競争率が非常に高くなるから、「できる」(=生活できるレベルのお金を稼ぐ)が難しくなるからです。

例えば、野球をやって生きていきたい人は世の中にごまんといます。

それ故に、日本で350人くらいしかいないプロ野球の1軍選手になるための競争率は非常に高く、生まれ持っての才能にとてつもない努力を乗せても、プロになれない人がたくさんいます。

Youtubeにおもしろ動画をアップして生きていくのも同様です。

自分が好きなものが「世間から需要がある かつ 競合が少ない」ものであったらラッキーです。
しかし、みんな大好きなものが自分の好きなものだったときには「夢 ≒ 呪い」という状態になります。

夢≒呪い とは?

好きなものに固執してしまうと、いつまでもその夢を追いかけていくことになります。

私(42歳)が今からメジャーリーガーを目指すことが無謀であるように、永遠にかなわぬ夢を追い続けることになる。これは、夢というより、呪いです。

このように、好きなことを仕事にしようとすると、過当競争に巻き込まれたり、呪いにかかったりと、辛い人生になる可能性があります。

そこで、やるべきことは、できることを仕事にすることです。

「できること」を仕事にしよう

林先生は、金融をやりたくて銀行に入ったり起業したりしたがうまく行かず、学生時代バイトでやっていて評価が高かった塾講師をするようになったそうです。

このように、自分が得意なことを仕事にすると成果を出しやすいです。

そして、林先生が現在のタレントという職業をどう思っているかはわかりませんが、得意な仕事で成果を出すと、どんどんチャンスが増えていき、いろいろな仕事にチャレンジできるというメリットもあります。

学生時代に、「できること」を見つけよう

つまり、学生が今後のキャリアを考えるときにやっておくべきことは、

「自分ができる仕事」を探すです。

ちなみに、自分が「好き」な仕事の方が「できる」場合が多いので、好きなものもさがすといいでしょう。じゃあ、できる仕事を探すためにはどうすればいいのか?

答えは、いろんな仕事を体験することです。

林先生が、実際にバイトで塾講師をやってみたことで、人にものを教えることが得意だと気付いたように、自分がどんな仕事が得意かは、実際にやってみないとわかりません。

自己分析シートにいくら書き込んでも無駄です。

だから、学生時代には、バイトやインターンシップでいろいろな仕事を体験することが大切です。

また、もう一つ大切なことが、その仕事の成果を客観的に評価してもらうことです。

自分が好きな仕事は、やっているだけで楽しく、成果がでているように感じてしまいがちです。
しかし、外から見ると、あまり成果が出ていない場合があります。

だから、職場の上司や同僚から評価を聞いて、その仕事が「できている」のかをきちんと確認することが大切です。

仕事を他人から評価されるということ

我々がやっているインターンシッププログラムでは、このような形で、自分だけでなくチームメンバーが、あなたの「得意な仕事」「苦手な仕事」を評価してくれる制度になっています。

カンボジアのカレー屋を経営する中で、マーケティング、人材採用、生産管理、会計、プロジェクトマネジメントなどの仕事を体験してもらうわけですが、その中でどんな仕事が得意で、どんな仕事が苦手だったか、チームメンバーによる評価を(匿名で)もらうことができるようになっています。

自己評価は「好きな仕事」を発見してくれて、他己評価は「できる仕事」を発見してくれるわけです。

例えば、インターンシップに参加する前は「人と話をするのが苦手。特に営業なんてやったことがないから無理」と思っていた学生がいました。

しかし、この2週間だけは思い切って営業やって見ようと、積極的にお客さんに声をかけて販売をしました。

プログラム修了後、自分は営業としてうまくできたか自信がなかったのですが、メンバーから「営業◎」の評価を多くもらい、実際チームも売り上げ目標を達成できました。

こうやって、実際にやってみて、他人から評価を得ることで、自分ができることを見つけることができるのです。

できる仕事は、好きな仕事になる

そして、こうやって成果を出すと、仕事が好きになります。
実際、彼は最初は営業の仕事が不安でしたが、終わった後は「すごく楽しかった」という感想に変わりました。

「日本の大学生は、仕事をしたことがないから、自分がどんな仕事ができるかわからない」
というのが、日本の就活の最大の問題です。

それを解消するために、多くの学生がバイトやインターンシップで自分が「できる仕事」を見つけてもらいたいと思います。

そうすることで、結果的に仕事を楽しめる人が増えるのです。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts