蓮花「歌で感謝の気持ちを返していく」デビューから3年経て完成した集大成

 1stアルバム『星の羽ばたく夜は』をリリースした蓮花。彼女は、2015年にゲーム『ファイアーエムブレムif』のヒロインの劇中歌「if~ひとり思う~」でデビュー。以降はアニメ『信長の忍び』シリーズの楽曲などを歌い、その儚く切ない歌声にはファンも多い。ファン待望となる本作には、BREAKERZのAKIHIDE、元GARNET CROWの岡本仁志、数多くのアニソンを手がけるツカダタカシゲ、AKB48グループの楽曲を多く手がける川浦正大など多彩な作曲家が参加。「デビューからの集大成で、感謝の気持ちを表したアルバムになった」と話す蓮花に、アルバムに込めた想いや制作エピソードを聞いた。【取材=榑林史章】

ブラッシュアップを繰り返して制作

――デビューから約3年経ちますが、ついに1stアルバムをリリースされますね。

 出させていただける喜びでいっぱいです。その分、丁寧に時間をかけて作ることができたので、素直にここまでやって来られてうれしいです。

――アルバムでテーマにしたことは何ですか?

 一言で言うと、感謝の気持ちを聴いてくださる方一人ひとりに伝えたかったです。言葉で伝えることもできるけど、歌にしたり歌詞にしたほうが、より心の深いところまで伝わるんじゃないかと思いました。それで表題曲の「星の羽ばたく夜は」も、感謝の気持ちを伝えたい相手に手紙を書くような気持ちで作詞をしました。

――「星の羽ばたく」という表現が独特ですね。

 満点の星空をイメージして、星が瞬いている様子を他の言葉で表現できないか考えました。「羽」という漢字が好きで、「星」とすごく合っているとも思ったのでこう付けました。

――この曲とはデビューする以前の4年くらい前に出会ったと伺っています。

 はい。歌詞の1番ではスタッフさんや周りの方への感謝を伝えていて、当時書いた部分です。2番はファンへの感謝を書いていて、ここはデビュー以降経験を重ねていく中で、少しずつ書き直していってやっと完成したという感じです。

――この「星の羽ばたく夜は」は、元GARNET CROWの岡本仁志さんが作編曲されています。参加クリエーターは、どんな風に決めていきましたか?

 基本的には、たくさんの楽曲のストックの中からスタッフさんと選んで、そこからイメージを膨らませて歌詞を書いています。そうやってデビュー前から常に曲をいただいて歌詞を書くということを繰り返していて、たくさん曲ができた中から今みなさんに聴いて欲しい曲を集めたのが今作です。「星の羽ばたく夜は」のように、ブラッシュアップを繰り返した曲もあります。

――自分の中で曲を選んだ基準は?

 デビュー曲の「if~ひとり思う~」の歌い方や声のイメージに近い、美しさや切なさがある歌を選びました。日々たくさん歌っていると、曲ごとに声の表情や色合いが違ってしまうので、アルバムでは1枚を通してその部分を統一させたいというのはありました。だから、歌い直した曲もあって、美しさや切なさを保ちながら、さまざまな曲を表現しました。歌詞の面で、生々しさのある曲もあるので、その部分でのバランスも考えました。

――新曲「ただ一つ」は、雑踏の音も入っていて、ストーリーを感じさせますね。

 東京で過ごす日々で、素直に思ったことをそのまま書いている感じです。簡単に崩れてしまうような関係はいらないから、本物だけが欲しい、と。街を行く人もみんな声に出さないだけで、きっと同じように思っているんじゃないかと思うんです。雑踏の音は、東京感を表現したくて入れていただきました。

――「ツキノカケラ」という曲は、孤独を歌いながら前向きな雰囲気です。

 聴いた人が、肩の力を抜いてもらえる曲を作りたいと思って歌いました。人は、誰かが一緒にいても孤独を感じることがあると思うんですよね。どんな人にでもスッと入る素直な言葉を綴りたいと思って書いたので、この曲を聴いて一息ついてもらえたら嬉しいです。

――また、「時を越え」は、今までの蓮花さんのイメージとは全く違った、疾走感と格好良さのある曲になりましたね。

 イントロから格好良くて、蓮花の新しい一面を感じていただける曲です。疾走感のあるロックテイストで、歌詞も熱いので、歌い方も自然と力強くなりました。メロディの上がり下がりが激しくて難易度が高い曲ですが、そういう曲だからこそ、今までとは違う歌い方ができたと思っています。昨年の7月に開催した「デビュー3周年ライブ ~Live Voice#~」でも披露したのですが、その時はDIMENSIONの小野塚さんによるライブボサノバのアレンジで歌ったんです。首をゆっくり左右に振るようなゆったりした感じだったので、昨年のライブをご覧頂いた方は「まさか、あの曲が!」と、驚いていただけると思います。

――歌詞も、他の曲にはない激しさがあります。

 苦しい時期があっても、それを乗り越えたからこそ今があると伝えたくて、自分をさらけ出すような気持ちで書きました。自分もこういうことがあったと、共感してくださる方も多いと思いますね。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【スタバ新作】甘みと香ばしさが同居した『ゴマ ゴマ ゴマ フラペチーノ』はどこか懐かしい味! 「はちみつ」入りで体にも良さそう~

読者のみなさんは、楽しいクリスマスを過ごしただろうか。記者はひたすらアニメ『SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)』の消化に当てるという、クリスマスも何もあったもんじゃないが、それなりに楽しい時間を過ごした。

何はともあれ、12月の一大イベントが終了した訳だ。あれだけクリスマスを推していたスターバックスも、何事もなかったかのように2018年12月26日、新商品『ゴマ ゴマ ゴマ フラペチーノ』を出してきた。相変わらず切り替え早いな! さっそく飲んできたので、詳細をお届けしたい。

・正月っぽい見た目のフラぺ

「どんだけ繰り返すんだよ」と、思わず突っ込みたくなる商品名の『ゴマ ゴマ ゴマ フラペチーノ』(税別580円)。ミルクベースでホワイトモカシロップ、そして黒ゴマソースを組み合わせて作られている。黒ゴマソースが、まるで筆書きのような見た目を醸(かも)し出していて非常に正月っぽいぞ。

ホイップの上には黒と白と金のゴマを使って焼き上げたサブレ、そしてはちみつが振りかけられている。飲んでみるとゴマの風味が甘みもあり香ばしくもありで、まるでおばあちゃんの家で出て来るお菓子のような懐かしい味だ。はちみつ効果で、全体に統一感が生まれているところもポイントだ。

・エスプレッソと黒ゴマソースの相性が良い

また「ゴマ ゴマ ゴマ ラテ(440円~)」も同時発売だ。こちらは黒ゴマソースをエスプレッソで溶かし、ミルクで溶いたドリンク。フラぺ同様にホイップと黒ゴマサブレ、そしてはちみつが振りかけられている。

驚いたことにエスプレッソと黒ゴマソースの相性がとても良く、しっかりとしたコクを楽しむことができる。これはアリだな……!! 体にも良さそうな味で、特に女性は好きそうな味な気がする。

一気に年末感が押し寄せる見た目と味をした『ゴマ ゴマ ゴマ フラペチーノ』と『ゴマ ゴマ ゴマ ラテ』。大掃除をしたり、あいさつ回りをしたりと慌ただしい季節にふさわしい落ち着く味だ。2019年1月15日までの期間限定で、例によって資材がなくなり次第終了なので注意してくれよな。

参照元:スターバックス
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

<金正恩氏>訪中時の「屈辱のメモ取り場面」 中国では反復放送 北の放送ではカット

北京での歓迎式典に臨んだ朝中両首脳。2019年1月10日の中国中央電視台ニュースより。

金正恩氏が1月7日から10日まで中国を訪問し、習近平主席と4回目の首脳会談を行った。二人の対面と会談の様子は、両国のテレビメディアが放送したが、扱いと演出が大きく異なっている。

[関連動画を見る] 金正恩氏の屈辱「メモ取り場面」 北と中国の映像を見比べる

北朝鮮の朝鮮中央テレビは、金正恩氏一行の平壌出発から帰国までを、48分余りのドキュメンタリーとして放送。全編が、国賓として暖かく歓迎されたというトーンで、習近平氏との対面する場面にわざわざスローモーションを使うなど、両首脳の親密さ、朝中親善を強調する演出・編集になっている。

他方、中国の中央電視台は、約11分のニュースとして紹介している。そのうち約9分を首脳会談と儀典の場面が占める。北朝鮮の放送と比べると実務的でそっけない。
次のページ: ◆屈辱的な金正恩氏の「メモ取り場面」を繰り返した中国… ↓

北京での歓迎式典に臨んだ朝中両首脳。2019年1月10日の中国中央電視台ニュースより。

◆屈辱的な金正恩氏の「メモ取り場面」を繰り返した中国

編集も随分異なった。大きなテーブルを挟んで会談する場面では、北朝鮮の放送は金正恩氏の発言シーンを長く取り、それを習近平氏が頷きながら聞いているシーンが目立つ。習近平氏と金正恩氏が対等の関係であることを印象付けようとするのが編集の狙いだろう。

一方、中国のものは、習近平氏が話すのを、金正恩氏が真剣に傾聴しているシーンが多用され、金正恩氏が一生懸命メモを取っている場面を三度も登場させている。まるで、講義をありがたく受けている生徒のような描き方だ。

金正恩氏の初訪中(2018年3月)の時も、「メモ取り場面」がこれ見よがしに繰り返し使用されていた。もちろん北朝鮮の放送では、この屈辱的なカットは外されている。

朝中の映像を見比べると、両首脳が揃う一連の映像は、同一のカメラで撮影されたもののようである。おそらく中国側が撮影を担当して、素材映像を北朝鮮側に提供したのだろう。

公式会談の場での撮影は、当然両国で事前協議があるはずだ。とすると、屈辱的な「メモ取り場面」は、中国から金正恩氏に「メモをしなさい」と要請があり、それを北朝鮮が受け入れた可能性がある。この「メモ取り場面」は、現在の朝中の関係を象徴しているように見えた。(石丸次郎)

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル