エミリー・ブラント初来日、平原綾香の歌声を絶賛「素晴らしく胸に響いた」

 ディズニー映画の最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』(2月1日公開)のジャパンプレミアが23日、都内でおこなわれ、主演のエミリー・ブラントが初来日。日本版声優を務めた平原綾香、谷原章介とともに、同作への想いを語った。また、平原はこの日、日本版エンドソング「幸せのありか」を披露。エミリーは平原の歌声を「本当に素晴らしい」と称賛した。

 映画は1964年に公開された『メリー・ポピンズ』の最新作。主人公の魔法使いメリー・ポピンズを演じるのはエミリー。日本版のポピンズ役は平原、バンクス一家の長であるマイケル・バンクス役は谷原が演じている。

 この日は、映画の世界から飛び出したかのような舞台セットが組まれた。電燈が灯る“街並み”を日本版エンドソング「幸せのありか」を歌いながら登場した平原は、メリーの衣装。その歌声は伸びのある高音に、力強さと優しさを兼ね備えた厚みがあり、鳥肌が立つほどだった。

平原綾香

 歌を披露し終えた後に登場した谷原はセットアップ姿。紳士のスマイルを見せると気品のある足取りで階段を下り、平原とトークをおこなった。

 ふたりともオーディションで役を勝ち取った。平原は「緊張しましたけど、受かって良かった。エミリーさんのメリー像が素晴らしくて、それを壊さないように日本語で自然にできるように何度もイメージしてやりました」と振り返った。

 吹き替えに挑戦するのは今回が2回目。「不慣れなところもあったけど、素晴らしいスタッフのおかけで凄く良いものが録れました」と笑み。

谷原章介

谷原章介

 一方、邦画の吹き替えは初めてだったという谷原は劇中で歌唱にも挑戦している。「こんな素敵な歌を披露された平原さんの横で言うのも恐縮ですが、とても良いシーンで、監督さんやスタッフと一緒に作って頂き、なんとか練習してできました」と謙虚。

 ただ、平原は谷原の歌唱を絶賛。妻を亡くしたマイケルが「君はどこへ」について「号泣しました。この映画のなかでも一番難しかった曲だと思う。歌だけど、セリフでもあるし、英語を日本語に翻訳するのは凄く大変な作業なので」と絶賛すると谷原は「人前で歌っても良いのでしょうかね」と照れつつ「歌唱指導の方は歌いやすいようにして下さったので」と改めて謙虚な姿勢をみせた。

エミリー・ブラント

エミリー・ブラント

 この日はスペシャルゲストとして登場した、エミリー・ブラントは初の来日を楽しみにしていたそうで「滞在する1分1分を大切に過ごしていて、愛の溢れる歓迎を受けて嬉しい」。また、一番好きな料理は「日本食」だといい「本物の日本食を食べて幸せ」と笑み。

 そんなエミリーは撮影で一番大変だったのは「ダンス」だったという。「ダンサーとしてのトレーニングはしていないので緊張しました」。55年前に放映されたものでは、メリーをジュリー・アンドリュースが演じており、それを引き継ぐのはプレッシャーもあったようだが、「自分なりのメリー像を演じる勇気」を持つことで乗り越えたそうだ。

エミリー・ブラントをエスコートする谷原章介

エミリー・ブラントをエスコートする谷原章介

 メリーの魅力は「マジカルでファンタジック」というエミリー。「なにか人が必要なときにそれを見極めて、それを自己発見することに押し上げることができる人。マジカルの部分と人間的な部分があり、そして未知な部分もある。メリーはいつかは去っていく存在。ミステリーとマジカルを併せ持っている」。

 一方の平原は「知的で才能があって、一番人間っぽくないけど、考え方が人間っぽくて。一番は面白いところかな。常にその場を楽しもうとしている、その点が素敵」、谷原は「ジュリーが作り上げたメリーはチャーミー。でもエミリーが演じるメリーは凛としているけど寂しさを感じる」と語った。

 その谷原が語った「寂しさが同居している」ことにエミリーは大きくうなずいた。「人間性も大切に演じたいと思った。彼女のちょっとしたパーソナルところを垣間見えるようにしたいと人間的なところをチラちらっと。子どもたちと接するちょっとした瞬間や去っていく姿なども」と明かした。

エミリー・ブラントと谷原章介

 改めてエミリーは平原の歌声を「本当に素晴らしい」と絶賛。更に「もしこの楽曲を平原さんが先に歌ってその後に私が…となっていたら怖くて歌えなかった。胸に響いてきたし、声も含めて平原さんが演じて下さっていることが嬉しい」とすると、平原は「嬉しい。もう帰る。大好きな女優さんなので」と表情を緩ませた。

 この日は「魔法」にかけて谷原が早着替えにも挑戦。桜の花に見立てた桃色の紙が舞うなかでイベントは終了した。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ディズニー実写『アラジン』が初登場1位!【全米ボックスオフィス考】

 先週末5月24日~5月26日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した『アラジン』が、興行収入9,150万929ドル(約100億円)を記録し、初登場1位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督がメガホンを取り、ウィル・スミスがランプの魔人ジーニーを演じている本作。昨年の同時期に公開された『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のオープニング興収8,442万489ドル(約92億円)を上回る好スタートを切っており、メモリアルデー(戦没者追悼記念日)の祝日を含む4日間の興収は1億1,680万5,962ドル(約128億円)となっている。
 
 初登場作品ではその他、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手掛けたジェームズ・ガンが製作を務めた異色ホラー『ブライトバーン(原題) / Brightburn』が、784万5,658ドル(約8億6,300万円)で5位にランクイン。『トロン:レガシー』などの女優オリヴィア・ワイルドが長編監督デビューを果たした『ブックスマート(原題) / Booksmart』が693万3,620ドル(約7億6,200円)で6位と、やや苦しいスタートとなった。
 
 また、3位の『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、興収1,720万742ドル(約18億円)を記録し、全米累計興収は8億339万5,591ドル(約883億円)に到達。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(9億3,666万2,225ドル・約1,030億円)に続く、全米累計興収8億ドル突破となった。

 今週末は、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、世界的ミュージシャンであるエルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』などが公開となる。(編集部・倉本拓弥)

5月24日~5月26日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『アラジン』
2(1)『ジョン・ウィック:パラベラム』
3(2)『アベンジャーズ/エンドゲーム』
4(3)『名探偵ピカチュウ』
5(初)『ブライトバーン(原題) / Brightburn』
6(初)『ブックスマート(原題) / Booksmart』
7(4)『僕のワンダフル・ジャーニー』
8(5)『ジ・ハッスル(原題) / The Hustle』
9(6)『ジ・イントルーダー(原題) / The Intruder』
10(7)『ロング・ショット(原題) / Long Shot』

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

<金正恩氏>訪中時の「屈辱のメモ取り場面」 中国では反復放送 北の放送ではカット

北京での歓迎式典に臨んだ朝中両首脳。2019年1月10日の中国中央電視台ニュースより。

金正恩氏が1月7日から10日まで中国を訪問し、習近平主席と4回目の首脳会談を行った。二人の対面と会談の様子は、両国のテレビメディアが放送したが、扱いと演出が大きく異なっている。

[関連動画を見る] 金正恩氏の屈辱「メモ取り場面」 北と中国の映像を見比べる

北朝鮮の朝鮮中央テレビは、金正恩氏一行の平壌出発から帰国までを、48分余りのドキュメンタリーとして放送。全編が、国賓として暖かく歓迎されたというトーンで、習近平氏との対面する場面にわざわざスローモーションを使うなど、両首脳の親密さ、朝中親善を強調する演出・編集になっている。

他方、中国の中央電視台は、約11分のニュースとして紹介している。そのうち約9分を首脳会談と儀典の場面が占める。北朝鮮の放送と比べると実務的でそっけない。
次のページ: ◆屈辱的な金正恩氏の「メモ取り場面」を繰り返した中国… ↓

北京での歓迎式典に臨んだ朝中両首脳。2019年1月10日の中国中央電視台ニュースより。

◆屈辱的な金正恩氏の「メモ取り場面」を繰り返した中国

編集も随分異なった。大きなテーブルを挟んで会談する場面では、北朝鮮の放送は金正恩氏の発言シーンを長く取り、それを習近平氏が頷きながら聞いているシーンが目立つ。習近平氏と金正恩氏が対等の関係であることを印象付けようとするのが編集の狙いだろう。

一方、中国のものは、習近平氏が話すのを、金正恩氏が真剣に傾聴しているシーンが多用され、金正恩氏が一生懸命メモを取っている場面を三度も登場させている。まるで、講義をありがたく受けている生徒のような描き方だ。

金正恩氏の初訪中(2018年3月)の時も、「メモ取り場面」がこれ見よがしに繰り返し使用されていた。もちろん北朝鮮の放送では、この屈辱的なカットは外されている。

朝中の映像を見比べると、両首脳が揃う一連の映像は、同一のカメラで撮影されたもののようである。おそらく中国側が撮影を担当して、素材映像を北朝鮮側に提供したのだろう。

公式会談の場での撮影は、当然両国で事前協議があるはずだ。とすると、屈辱的な「メモ取り場面」は、中国から金正恩氏に「メモをしなさい」と要請があり、それを北朝鮮が受け入れた可能性がある。この「メモ取り場面」は、現在の朝中の関係を象徴しているように見えた。(石丸次郎)

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル