日本ハム杉谷「僕、ドラマにしか出ないんで」

日本ハム選手たちのユニークな発言や軽妙なトークを集め、週に1度、5位までの傑作を掲載します。1位には5点、2位4点…5位1点のポイント制で、キャンプインに合わせオフ期間の大賞を決定します。   ◇   ◇   ◇   金賞:中田翔「汗か…

ニッカンスポーツ・コム 日本ハム最新ニュース

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

亀梨和也、ホラー初出演で手応え「自信をもって」

 亀梨和也、奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうか、中田秀夫監督が21日、都内で行われた映画『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)完成記念イベントに登壇した。なお、松原タニシはリモートで参加した。本作がホラー初出演となる亀梨は「自信を持ってお届けできる作品」と胸を張った。

 事故物件住みます芸人として活動する松原タニシの実体験による著書『事故物件怪談 恐い間取り』の映画化。

 テレビ出演のために事故物件に住み始める売れない芸人・山野ヤマメ役を演じた亀梨和也は本作がホラー初出演となる。「ホラーという作品は、観てくださる皆さんのことを常に感じながら、撮影していくのだなというのを感じました。自信を持ってお届けできる作品に参加できて嬉しく思います」と胸を張った。

 お笑いコンビ・ジョナサンズでヤマメの相方を務める中井大佐役を演じた瀬戸康史は「コンビということで、ほぼ亀梨さんとのシーンでした。亀梨さんとは初めてだったんですが、本当に初めて感がなくて」と明かすと、亀梨は「僕も!コンビという設定だったからでしょうか? 10年間コンビを組ませていただくという、役柄なのか、それはとても感じてました」と同意見。

登壇した亀梨和也ら

 ヤマメを密かに応援するテレビ局のヘアメイクアシスタント・小坂梓役を演じた奈緒は、亀梨に最初に会った当時のことを「帰り道にマネージャーさんから“今まで共演された方であんなに緊張せずに、ナチュラルに話せているのは初めてだと思う”って言われたんです」と振り返り、「実は忘れられないことがあって、体力を使うシーンの撮影後に亀梨さんからですって、“焼肉のお弁当と、私が前チラッと話していた”タン塩が好き“というのを覚えてくださっていて、タン塩も入っていて、本当に感動しました」と感激していた。

 この日は、ヤマメに事故物件を紹介する不動産屋・横水純子役を演じた江口のりこ、ヤマメに事故物件に住んでみろと無茶ぶりする制作会社プロデューサー・松尾雄二役を演じた木下ほうかもエピソードを語り、リモート参加した松原は実際に住む事故物件を紹介していた。

音楽&エンタメニュースサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【実話】福岡県警察本部で食べたカツ丼の味は忘れないだろう

刑事ドラマのお約束グルメといえば、もちろん「カツ丼」だ。薄暗い取調室で食べるカツ丼は、たとえ冷めていても美味いに決まっている。厳しい取り調べを受けるのは勘弁だが……あのカツ丼が食べたい。1度でいいから警察署でカツ丼が食べたいのだ!

というわけで今回は、福岡県警察本部でカツ丼を食べてきた。と言っても、長年の夢を叶えるために罪を犯して出頭した……わけではないから安心してくれ。どういうことか詳しく経緯を説明しよう。

・福岡県警察本部へ

福岡県警察本部は、JR吉塚駅から徒歩約10分の距離にある。垂れ幕によると、現在「暴力団壊滅作戦」を推進中らしい……ほほう、なるほど。「修羅の国」真っ最中だな。悪いことはしていないが近づきにくい雰囲気だ。気軽に「カツ丼を食べさせてくれ」なんて絶対に言えない。

しかし……実はここ警察本部では、誰でもカツ丼を食べることができる。理由は簡単、福岡県警本部の食堂は一般開放されているからだ。入口左手にある受付で「食堂を利用する」と伝え、名前・電話番号等を記帳して入館証を受け取ればOK。エレベーターで地下階にある食堂へ向かおう。

・「カツ丼」一択

無事、食堂に到着。雰囲気は学食、注文は食券制だ。定番の麺類・ご飯類は一通り揃っていて、日替わりのランチセットは470円となかなか良心的……だが! 今回に限って迷いは一切ナッシング。モチのロンで「カツ丼(510円)」一択である!

・刑事(デカ)すぎる

そして待つこと約5分。いよいよ、福岡県警のカツ丼が登場した。こ、これは……!

とってもデッカいです!

大盛りを頼んだつもりはないが余裕で特盛サイズだ。もしここが取調室だったら、刑事さんに「2人でシェアします?」と聞いてしまうレベル。おいおい、マジで刑事(デカ)すぎるカツ丼だぜ。

で、気になる味は……もちろん最高。なぜならここは警察署。シチュエーションが文句ナシで満点だから、感情を込めてカツ丼と向き合うことができるのだろう。刑事ドラマをイメージして食べるカツ丼の味は深い、心にしみる美味さである。故郷のお母さんに伝えたくなる味であった。

・実際にはあり得ない

ちなみにだが、福岡県警によると「取調室でカツ丼が出ることがあり得ない」らしい。取り調べ中の犯人の権利を守るための規則があり、カツ丼をおごる行為は「自白に向けての誘導につながる」という理由があるのだとか。知らなかったぞ。

──というわけで、「取調室でカツ丼」は現実では起こり得ないことがわかったが、福岡県警本部の食堂で食べたカツ丼は、限りなく刑事ドラマ近い感じであった。ちなみに地下階には売店もあり「ポリスまんじゅう」なんかも売っていたぞ。カツ丼の後は、ポリスまんじゅうを食べて和んでくれよな!

・今回ご紹介した施設の詳細データ

名称 福岡県警察本部 食堂
住所 福岡県福岡市博多区東公園7-7 B1F
時間 7:00~19:15
休日 不定休

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。