平成のベッドシーン史 識者がこぞって絶賛した女優は?

 平成の30年間では、多くの女優が映画で裸身を晒して世を騒がせた。映画評論家の秋本鉄次氏(1952年生まれ)、精神科医の和田秀樹氏(1960年生まれ)、映画監督の城定秀夫氏(1975年生まれ)が、歴史に名を残すエロスの傑 […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

『ゲド戦記』原作者を題材にしたドキュメンタリー、監督が製作への思いを明かす

 アメリカを代表する女性SF作家アーシュラ・K・ル=グウィンさんを題材にしたドキュメンタリー映画『ワールズ・オブ・アーシュラ・K・ル=グウィン(原題)/ Worlds of Ursula K. Le Guin』について、アーウェン・カリー監督が、3月1日(現地時間)、ニューヨークのバーナード・カレッジで行われたAthena Film Festivalの上映後Q&Aで語った。

 本作は、まだ男性のSF作家が中心の時代に、女性のSF作家として頭角を現したアーシュラさんが、「闇の左手」、「所有せざる人々」、「ゲド戦記」などの代表作を、いかに執筆したかを捉えたドキュメンタリー。映画内では、彼女と家族との関係、フェミニストとしての活動などを、彼女の作品群をアニメ化したものと交錯させて描いている。

 サンフランシスコでパンクロックの雑誌で働いていたとき、友人とアメリカの詩人アドリエンヌ・リッチのスピーチを聞いたことが、今作を製作するきっかけになったというカリー監督。「作家の言葉を作家と同じ部屋や会場で、生で聞くことの重要性について友人と語り合ったの。自分たちの人生に意味をもたらした作家の名前を挙げていったら、子供の頃に読んで、作品の内容に個人的なつながりを感じていたアーシュラの作品を思い出したわ」

 当時、カリフォルニア大学バークレー校でジャーナリズムを専攻していた彼女は、同じ大学にあったドキュメンタリー映画のプログラムに参加。「そのときは、どのように映画を製作してよいのか全くわからなかったから、いつかアーシュラを扱った映画を手掛けることを念頭に置いて、勉強していたわ」そして、実際にアーシュラさんにアプローチをかけて製作が始まったそうだ。

 撮影に10年を費やしたという今作、その構成については「今作はアーシュラ作品の全てを扱った総合的な映画ではなくて、わたしの個人的な観点から構成しているの。ただ、それを通して、彼女が残した作品が多くの人に感動を与えられたら良いと思っているわ。今作で描かれていない彼女の作品や、カットされたインタビューを通した精神的な観点は、重要ではなかったわけではなくて、ストーリーに一貫性を持たせるために編集的にそうしなければならなかっただけなのよ」と説明。長期間の編集を経て、納得のいく構成の作品に仕上がったようだ。

 アーシュラさんの作品の中で好きな作品を聞かれると「(撮影を通して)長い間、彼女の作品に没頭していたから、好きな作品を選ぶのは難しいわ。でも、あえて挙げるのならば、今作では扱っていないけれど『天のろくろ』かしらね。彼女の作品の中でわたしが最初に読んだ小説なの。自分が見た夢が現実になってしまうという悩みを抱えた青年が精神科医を訪ねるも、その精神科医に彼の能力が利用されてしまうという話で、当時は(ファンタジーの世界を通して)現実を揺るがすような大きな衝撃を受けたわ。その他には、晩年に執筆された短編集の一つで、『Four Ways to Forgiveness』という作品も好きね。彼女の短編に関しては、今作ではそれほど描かれていないけれど、目を見張るようなものも多いのよ」と答えた。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

佐久間良子 平岳大へ、役者として、母親としての思い

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、女優・佐久間良子が、かつて夫婦だった平幹二朗と競演した舞台『鹿鳴館』について、そこで役者デビューした息子の平岳大について語った […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。