軍服だけで権力を手にした男の驚くべき実話。映画『ちいさな独裁者』監督インタビュー

映画『ちいさな独裁者』のワンシーン

少し皮肉を交えて言うと、2月8日から公開される映画「ちいさな独裁者」ほど、身だしなみの大切さを痛感させる作品はないかもしれない。

舞台は第二次大戦末期。若い脱走兵ヴィリー・ヘロルトは道端に打ち捨てられた車の中からナチス大尉の軍服を発見する。暖を取ろうとそれを着た矢先、別の脱走兵から本物の大尉と間違われ、彼を部下とする。これに味をしめたヘロルトは、次々と脱走兵を束ねて自分だけの部隊「ヘロルト親衛隊」を結成する。やがて、ヘロルトの部隊は政治犯や脱走兵を収容した施設に到達する。そこでヘロルトは強大な権力を行使し、恐るべき命令をくだす。

本作の物語は実話に基づいている。主人公のヴィリー・ヘロルトも実在の人物で、映画の中で描かれた恐るべき事件のほとんどは実際に起きた出来事だ。ただの脱走兵でしかない男が、軍服を身にまとうだけで権力を手に入れ、恐るべき暴君に変貌した。そして、彼のことを疑いもせず服従する者が何十人もいた。

日本版のメインビジュアルが見事だ。主演俳優の顔を大胆にカットし「主役は軍服」であることを強調している。

 

本作を観ると、人間という存在の不確かさに目眩がする。一体、普段自分が信じているものがなんなのか、すべては儚い幻想ではないのかと戦慄する。

本作の監督、ロベルト・シュヴェンケに本作について話を聞いた。

 

ヘロルトは特別な人間ではない

ロベルト・シュヴェンケ監督

 

——ヴィリー・ヘロルトという男は、大尉の軍服を着る前はどんな人物だったのでしょうか。後の残忍な行動につながる兆候などはあったのでしょうか。

ロベルト・シュヴェンケ監督(以下ロベルト):映画を作るにあたり、たくさんリサーチしましたが、戦前のヴィリー・ヘロルトにそうした兆候は見つけられませんでした。彼は戦争前は煙突掃除の見習いをしていました。19歳の時に徴兵されて、激戦区のモンテカッシーノにパラシュート舞台として配属されています。

彼はサディストでもなければ、イデオロギーに染まりきった人間というわけでもありません。ヒトラー・ユーゲントをクビになっていますし、ナチスに心酔しているわけでもないでしょう。どうやらカウボーイごっこをして遊んでいたらしく、それがナチスの思想にそぐわないということでクビになったらしいです。もしかしたら、彼にとってはすべてがそのようなごっこ遊びだったのかもしれませんね。

 

——映画を観てミルグラム実験を思い出しましたが、意識されましたか。

ロベルト:ミルグラム実験は、電気ショックを用いるなど実験方法に問題があるものですので参照していません。私が参考にしたのは、ナチス党員の日記や手紙です。

スタンフォード監獄実験やミルグラム実験よりも、ベトナムのソンミ虐殺の方が、この映画の状況に近いと思います。あの虐殺は必要のないものでしたが、あれに関わった誰か1人でも「ノー」と言えば止めることができたはずです。しかし、誰も「ノー」と言わなかった。関与した人間、それぞれに理由はあると思いますが、それは皆の選択の結果としてあのような虐殺が起きてしまいました。人間にはそうした獣のような本能があるのです。だから、誰でもそうした行為に加担してしまう可能性があるのです。

 

これは演技とは何かについての映画でもある

主演のマックス・フーバッヒャー。軍服を着ていない時は純朴な青年に見える。

 

——ヘロルトを演じたマックス・フーバッヒャーには、どのような演技の指示をしたのでしょうか。大尉を装う男を演じているというより、途中から大尉そのものを演じているような印象を受けました。

ロベルト:私にとって演技とはイリュージョンです。役者は2つの役を同時に演じることはできないものですが、変容していくさまを順番に演じていくことは可能です。ヘロルトは軍服を見つけた時から変わっていきますが、それは彼の中に、大尉としての新たな人格が生まれたということです。この映画は、その2つの人格がだんだんと重なり合っていく様子を見つめたものなのです。ですので、撮影はシーン順番どおりに行い、どのように彼自身が変わっていくのかを様子を見ながら進めていきました。また物語のどの時点がヘロルトがどのような状態であったかを明確に決めておき、俳優はそれに沿ってクリアに役作りできるようにしました。

軍服に身を包み不敵な笑みを浮かべるマックス・フーバッヒャー

 

——ナチスの軍服について質問です。改めて見ると大変クールなデザインです。このデザインそのものに人を狂わせる何かがあると監督は考えますか。

ロベルト:はい。ナチスの軍服はノーブルで権威を感じさせます。とても厳格で秩序のあるデザインだと思います。軍服のデザインをするというのはとても恐ろしいことだと思います。デザイナーも軍服のデザインひとつで人を変えてしまうことがあることを自覚してやっているのではないでしょうか。

映画『ちいさな独裁者』のワンシーン

 

——衣装と人格の関係という点について考えると、映画の撮影では衣装による人格の変化が日常茶飯事と言えないでしょうか。俳優は衣装を身につけると気持ちが入りやすいものだと思います。

ロベルト:おっしゃるとおりです。この映画は演技とは何かについての映画でもあります。私にとっては馴染み深い世界の話でもあるんです。俳優にもタイプがあるのですが、今回の作品で言えばヘロルト役のマックスは衣装によってその人物に入り込むタイプでしたが、アレクサンダー・フェーリングは着るものは関係ないといった感じでしたね。しかし、一般的には多くの俳優は衣装を役柄の理解の手がかりにするもので、衣装を見て「ああ、この役はこういうタイプなのか」と理解が進むことはよくあります。

映画『ちいさな独裁者』のワンシーン

 

権力という目に見えない幻想を人間はたやすく信じてしまう。しかし、そんな目に見えないものが存在するという前提で、人間の社会は営まれている。社会は確かにそうした幻想を必要としている。時に権力構造は秩序を作り出し、時には本作の物語のように混沌を生み出す。たったひとつの「服」を引き金にして。

筆者は、この映画を観て『カエアンの聖衣』というSF小説を思い出した。「服は人なり」という哲学で作れらたカエアン製の衣装は、着る人の外見だけでなく、内面や肉体面をも進化させる、というユニークな設定のSFなのだが、この映画を観ると、その荒唐無稽な哲学も俄然信憑性を帯びてくる。人格というものは、自分で思っているよりも、様々な外部環境に左右されるものなのではないだろうか。自分のすべてを自分でコントロールできると考えるのはうぬぼれなのだ。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

負け組たちが輝く“胸アツ”スポーツ映画の名作『カリフォルニア・ドールズ』

文=村尾泰郎/Avanti Press

格差社会と言われる今日この頃。いつの時代も負け組はいて、いつか輝くことを夢見ている。80年代初頭のアメリカを舞台にした『カリフォルニア・ドールズ』(1981年)は、輝くことを夢見て悪戦苦闘する女性レスラーと彼女たちを支えるマネージャーの物語。監督は娯楽映画の巨匠、ロバート・アルドリッチだ。

輝くことを夢見て悪戦苦闘する女性レスラーの物語

赤毛のアイリスとブロンドのモリーは、「カリフォリニア・ドールズ」という名前でタッグを組んで売り出し中のレスラー。美女コンビというのがウリだが、なかなか芽が出ない。

二人の頼みの綱は、どこか頼りなさそうなマネージャーのハリー。ドールズをスターにしようと奮闘するハリーは、二人をオンボロ車に乗せてアメリカ中を旅しながら試合を組んでいる。

でも、世の中そう簡単にはいかない。ゴキブリが出るようなモーテルに泊まって、晩ご飯はファストフードでハンバーガー。3人はそんなドサまわりの日々を送っていた。

うさん臭い中年マネージャー役は「刑事コロンボ」の名優

ある日、日本から来たタッグチーム、「ゲイシャ」に勝利したドールズ。ハリーはプロモーターのエディにギャラを請求するが、エディは「宣伝に金を使ったから」と約束の額を払おうとせず、用心棒がすごみをきかせる。怒ったハリーは、仕返しにバットでエディの車をボコボコに。

一見うさん臭そうなハリーは、修羅場をくぐり抜けてきた男。ときにはいかさま賭博で軍資金を増やしたりと抜け目ないところもあるが、ドールズに注ぐ愛情は本物だ。そんなハリーを演じたのは、『刑事コロンボ』のピーター・フォーク。クセモノだけど情には厚いハリーを、愛嬌たっぷりに演じている。

一方、満身創痍で闘い続けるドールズの二人。モーテルの一室で「こんな生活もうイヤ。もとの電話交換手の仕事に戻りたい」と涙を浮かべるモリーに、「やめるなんて言わないで。私の相棒はあなたひとりよ」と慰めるアイリス。二人はどんな風に出会ったんだろう、と想像せずにはいられないシーンだ。

またお金のために、祭りの出し物の泥レスリングに出て悔しくて大泣きしたりも。でも、その悔しさをバネにして闘う二人のファイトは次第に評判になって、雑誌にも紹介される。少しずつ彼女たちは夢に近づいていた。

負け組たちの輝きを描く、巨匠アルドリッチの繊細な眼差し

アイリス役のヴィッキー・フレデリックとモリー役のローレン・ランドンは、本作に出演するために4か月間特訓を重ねて数々の技を身体に叩き込み、吹き替え無しでハードな試合シーンを撮影した。

男優とは違い、女優が筋肉をつけて、怪我をするかもしれない格闘技をするというのはかなり覚悟がいること。当時、無名だった2人は、まさにドールズと同じようなハングリー精神で役に挑んだに違いない。

骨太な作風で知られるアルドリッチ監督だが、女性の強さや弱さも描ける繊細さも持っていて、ドールズの活躍を活き活きと描き出している。

80年代初頭、アメリカは戦後最悪といわれるくらい不景気で失業率も高かった。俳優出身のロナルド・レーガンが1980年に大統領に就任。「レーガノミクス」という政策を打ち出したもののうまくいかず、弱者の生活は厳しくなるばかりだった。

ドールズもハリーも負け組。そして、ドールズが旅する先は工場が建ち並ぶ地方都市で、彼女たちの闘いを観てうっぷんを晴らしている観客の多くも負け組だ。

そんな陽の当たらない世界で、肩を寄せ合って旅をする3人。男と女だから恋愛感情が生まれたりもするけれど、ベタべタしたロマンスではなく、お互いに孤独を慰めあうような大人の関係だ。そして、最後には3人の夢を賭けた大きな試合が待ち受けている。

何度観ても胸が熱くなる、一世一代の入場シーン

全国にテレビ中継される試合に出場できることが決まったドールズ。チャンピオンの座を巡って闘うのは宿敵、トレド・タイガースだ。しかし、敵は彼女たちだけではなかった。ハリーに車を壊されたエディが、仕返しをしようと狙っていた。

そんななか、エディはいかさま賭博で儲けた金を使って、会場中にドールズのポスターを貼ったり、子供たちを雇ってドールズの応援歌を歌わせたりと、さまざまな仕込みでドールズをバックアップ。ドールズが有り金ははたいて作ったゴージャスな衣装を身にまとってリングに入場するシーンは、何度観ても胸が熱くなる。

PHOTO SUPPLIED BY SMP/GLOBE PHOTOS,INC. TV/FILM STILL PETERFALKRETRO

そして、試合のシーンはほぼリアルタイムで進行。身体を張った役者の熱演と臨場感あふれる演出で、ドールズが繰り広げる激戦に引き込まれていく。

男達から好奇な目で見られながら、時にはそれを利用して夢を目指すドールズの姿を見ていると、どこか最近のアイドル業界を思わせるところもある。そして、男性的なリーダーシップでドールズを引っ張っていくのではなく、ダメな父親みたいなおおらかな愛情で2人を支えるハリー。そんな3人の絆に笑って泣ける『カリフォルニア・ドールズ』は、今の時代にこそ観て欲しい一級のエンターテイメント。

映画は世界を変えることはできないけど、束の間、素晴らしい夢を見せてくれる。心が折れそうになった時、ドールズが見せてくれる一瞬の輝きが、勇気を与えてくれるはずだ。

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

佐久間良子 平岳大へ、役者として、母親としての思い

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、女優・佐久間良子が、かつて夫婦だった平幹二朗と競演した舞台『鹿鳴館』について、そこで役者デビューした息子の平岳大について語った […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。