佐久間良子 平岳大へ、役者として、母親としての思い

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、女優・佐久間良子が、かつて夫婦だった平幹二朗と競演した舞台『鹿鳴館』について、そこで役者デビューした息子の平岳大について語った […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

大倉忠義・成田凌出演、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』が撮影終了!「33歳という今だからこそできた役」(大倉忠義)

■「大倉忠義の色気と成田凌のかわいらしさに何度も魅了された」(行定勲監督)
先頃、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』が無事クランクアップし、キャストの大倉忠義、成田凌、行定勲監督、そして原作者の水城せとなからのコメントとクランクアップ時の写真が到着した。

本作は、セクシャリティを越え、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『爼上の鯉は二度跳ねる』を、行定勲監督が『窮鼠はチーズの夢を見る』のタイトルで実写映画化。

受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた大伴恭一(大倉忠…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

のんさん、アニメ映画「この世界の片隅に」の魅力語る – 沖縄タイムス+プラス ニュース

 文化庁メディア芸術祭やんばる展の一環で、太平洋戦争中の広島県呉を舞台に戦時下の庶民生活を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)の上映会とトークショーが16日、大宜味村の旧塩屋小学校であり、主人公・すず役の声を担当した女優、のんさんとプロデューサーの真木太郎さんが映画の魅力などを語った。

沖縄タイムス社のニュースと電子新聞サイト。沖縄県の最新ニュースに加えて、おくやみ、人事、観光、グルメ、イベント、コラム、プレゼントなどの情報も。