小説『孤独のグルメ』望郷篇――第17話「巨人の栄光と寂寥を思いながら啜る赤坂の排骨拉麺と黒豆のタルト」

♬都会の空き地は空にある。上、上、上へ!
知り合いの不動産屋さんのCMがラジオやテレビでながれるたびに、尻のあたりがむず痒くなる。
渋谷も、どんどんビルが高くなっていく。高くなるだけでなく、建築家やいろんな人がおもしろがって、あれこれデザインを細工、上塗りしていくから、これ、いったいどれくらい生かすつもり? いつまでを寿命の見当にしてつくってるの?と、頭がボンヤリしてしまう。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

「ツッコミを入れながら見る」「笑うタイミングが変」お笑いライブにいるブスあるある 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#87

 AbemaTV(アベマTV)のトークバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#87が10月22日(月)よる9時より放送される。同番組はお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務める、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、“ブスとは何なのか”を徹底討論していく。

 #87では“ブス枠”ゲストとして、元サッカー選手・丸山桂里奈、タレント・ぱいぱいでか美らが出演。“美人枠”にはグラビアアイドル・岸明日香も出演し、その他のブスゲストとともに、「ライブで見たブス」「トラウマになってしまったH」について語り合うほか、番組に度々出演している個性派ブス・モリィが、両親に“バージン卒業”を報告する姿に密着。心のブス度を測る心理テスト「ココロンブス」では、内面の美しさがあぶり出される。

 「ライブで見たブス」では、丸山がお笑いライブで目撃した「みんなが笑い終わった後におかしなタイミングで笑う」「ツッコミを入れながら見る」といったブスが話題に。矢作は「いるいる!」と同意し、“ブス枠”の女芸人たちも「強盗が来る(と分かっている)設定なのに、『ヒャー』とか声を出す」、「一人コントをしている時、いない相手を指差すと、お客さんに『えっ、オレ?』みたいな反応される」といった体験談が飛び出す。こうした“やりづらい客”について、ぱいぱいでか美は「自分は一段階上、お笑いをわかっている人って示したい人では」と、お笑い通を自称する人のアピールの可能性を指摘。矢作は「やりづらいね~!」「ブスが多いんだよな」と、こうした客に遭遇した芸人たちに同情する。

 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#87は、10月22日(月)よる9時より、AbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルで放送される。

(c)AbemaTV


▶︎個性派ブス「パパ、私、バージン卒業しました。」 おぎやはぎの「ブス」テレビ#87

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

生活習慣病に「糖尿病レシピ本」が最善なワケ 沖縄県医師会「命ぐすい耳ぐすい」(1172) – 沖縄タイムス+プラス ニュース

 先日スーパーへ買い物に行ったら納豆が無い。その前はクルミが売り切れ、今日はさば缶が品切れ。聞けば、テレビで取り上げられた商品が品切れになるとの事。数日、納豆食べても脳梗塞の予防にはならないし、オリーブオイルに変えて安心しても油は油、中性脂肪は下がらない。

沖縄タイムス社のニュースと電子新聞サイト。沖縄県の最新ニュースに加えて、おくやみ、人事、観光、グルメ、イベント、コラム、プレゼントなどの情報も。