マキタら「劇団八雲」結成、大泉洋はスカートの生歌絶賛も「僕のおかげ…」

 大泉洋、本上まなみ、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、深川栄洋監督が17日、都内でおこなわれた映画『そらのレストラン』(1月25日公開)の舞台挨拶に出席。スペシャルゲストに主題歌を担当したスカートの澤部渡が登場し、その曲「君がいるなら」を生披露した。

 映画は、洞爺湖を舞台にした『しあわせのパン』(2012年1月公開)、空知が舞台の『ぶどうのなみだ』(2014年10月)に続く、大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾。

 道南のせたな町を舞台に、海が見える牧場で作り出されるチーズと様々な食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様な描く。

 北海道出身俳優の大泉洋が、様々な葛藤を抱えながらも一日限りのレストラン開店に向け奔走する亘理役を演じ、亘理を温かく見守る妻・こと絵役を本上まなみが演じる。

 また、東京から一人でやってきて牧羊を営む若者・神戸役に岡田将生。さらに、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世と若手からベテラン俳優が集結。『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督がメガホンを執った。

 この日、劇中でも披露しているギャルソンの衣裳で登場した面々。客席から登場することは知らなかったと言い張る大泉が早々に段取りを忘れる始末。仕切り直して「そらのレストランにようこそ!」と声を揃えて観客を迎えた。

 昨年秋にせたな町に1カ月滞在して撮影したという本作。監督も認めた出演者同士のチームワークの良さは、カメラを引いて撮影したロングショットが多用されていることからもうかがえるが、もう一つ、撮影期間に結成された「劇団八雲」にも表れている。

 その劇団は、マキタスポーツを座長に、岡田将生、高橋努、石崎ひゅーいらが“劇団員”としているという。結成の経緯を大泉は「小さな町なので一緒にホテルに泊まれなかった」ことがきっかけとし、説明を始めた。

 それによると、繁華街がある町・八雲を選んだのがその面々。隣町と聞いていたが、車で1時間はかかる距離だという。マキタは遅めの現場入りでも良いが、移動する車は1台しか出せず、俳優業では日が浅い石崎らと一緒になって現場に入っていたようだ。

 大泉は撮影現場から近いホテルに泊まっていたこともあって、現場入りは彼らの3時間遅れ。この3時間の間に、マキタらは台本の読み合わせをおこなうなどして体が温まった状態。その光景をみた大泉が「劇団八雲」と呼んだそうだ。

 その劇団八雲は、往復2時間の距離が辛くなり、最終的には大泉らが寝泊まりするホテルに移動。念願だったという温泉にも浸かることができたが、マキタが素っ裸のまま勢いよく転倒したという。

 一方、映画出演2回目の石崎は「映画の現場はこうなのかな、と思っていました」と語ると、本上らが「違う違う」と否定していた。

 この日は主題歌を担当したスカートの澤部渡も登場。アコギによる弾き語りで「君がいるなら」を披露した。澤部はこうした劇場でパフォーマンスにしたことに「雰囲気が違いますから、普段はこんな天井が高いところで歌えませんので」といつもとは異なる雰囲気にワクワクしながらも、「この映画のおかげで書けた曲。自分の一人のお蔭ではない」。

 これに大泉は「ぼくのおかげですか(笑)。では共作で」と悪乗りすると、マキタから「自分が強いな」とツッコミ。終始笑いの絶えない舞台挨拶となった。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

エミリー・ブラントのミュージカルシーン初解禁、メリー・ポピンズ リターンズ

 2月1日公開の映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(ウォルト・ディズニー・ジャパン)で、エミリー・ブラント演じる上から目線でエレガントな魔法使いメリー・ポピンズが歌うミュージカルシーンがこのほど、初解禁された。

 PL トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」を基に1964 年に公開され、アカデミー賞13 部門ノミネート&5 部門受賞した映画『メリー・ポピンズ』が、ディズニー史上最高に“ハッピー”なエンタテインメント作品『メリー・ポピンズ リターンズ』として戻ってくる。メリー・ポピンズが“美しい魔法”を使い、子供たちと普通のバスタブからカラフルでワクワクがいっぱいの海底探検へ飛び出していく。エミリー・ブラントが楽曲「Can You Imagine That?」を歌い、美しい歌声が響くハッピーがたくさん詰まったシーンにワクワクが止まらない。

 本作の主人公メリー・ポピンズはちょっと上から目線でエレガントな魔法使い。母親を亡くし悲しみに暮れるバンクス家の元に、昔と変わらない姿で空から突然舞い降りてくる。解禁されたシーンは、メリー・ポピンズがバンクス家の子供たちと一緒に海底探検へ飛び出すワクワクのミュージカルシーンだ。メリー・ポピンズが美しい魔法を使ってバンクス家の子供たちを連れて行くのは、どんなことも可能になるハッピーがたっぷり詰まった海の中だった。巨大なアヒルの人形が泳いでいたり、大きな船でバンクス家の家政婦エレンがご飯を作っていたり、お宝や財宝がたくさんあったり、何でもアリの大冒険に子供たちは大はしゃぎ。メリー・ポピンズは「すぐに飛び込む人想像できる?深い海で泳ぐワンちゃん、現実に思えるけどそうじゃない。海の底でお料理想像できる?お鍋の中は何かしら。宝物を追う海賊、ヘンな帽子。大人にならず年も取らない。想像できる?」と歌いながら子供たちに、日常の中に溢れる“想像”の楽しさを教えていく。

 実はバンクス家の長男マイケルの子供たちであるジョン、アナベル、ジョージはまだ幼いながら母親を亡くし、さらに家も失いそうだと聞き、子供心を忘れてしまっていた。そんな子供たちにメリー・ポピンズは美しい魔法で、子供たちの笑顔を取り戻していく。ロブ・マーシャル監督は「バンクス家の子供たちは母親を亡くし、普通の子供よりも早く大人にならなければいけない状況なんだ。だからワクワクすることや想像することの楽しさを忘れてしまっている。そんな状況の中、メリー・ポピンズがやって来るんだ。メリー・ポピンズは魔法を使い、子供達がお風呂に入ることを嫌がっても、それをワクワクする大冒険に変えてしまう。メリー・ポピンズは日常の中にあるハッピーに気付かせてくれて、そういう所が僕は大好きなんだ」と語っている。大人になると忘れてしまう子供心を思い出させてくれるメリー・ポピンズの美しい魔法は、きっと私達の心にもハッピーをもたらしてくれるだろう。

 そんなエレガントでちょっと厳しい魔法使いメリー・ポピンズを演じるのは、ハリウッドを代表する女優エミリー・ブラント。エミリーは今回解禁された楽曲「Can You Imagine That?」以外にもたくさんの歌を劇中で披露している。エミリーはこれまで『イントゥ・ザ・ウッズ』でも美声を披露していたが、本格的なミュージカルは初挑戦。本作の楽曲制作の段階から関わり、歌のトレーニングをみっちり受けて、音域を広げてメリー・ポピンズの“歌声”を作っていった。エミリーは「私はジュリー・アンドリュースのようには歌えないし、彼女の声も持っていない。だから、二人の歌の先生に指導してもらって、メリー・ポピンズの個性溢れる声を作り上げたの。普段の声とは違う役としての声をいかにして作りあげるかという挑戦だったわ」と徹底的な役作りをしたそう。そんなエミリーが演じるメリー・ポピンズは海外で高く評価されており、アカデミー賞ノミネートもほぼ確実と言われている。『美女と野獣』『シンデレラ』を贈りだしたディズニーが<メリー・ポピンズが教えてくれる“日常の楽しみ方”と“人生をハッピーにする方法”>を極上のエンタテインメントとして描いた『メリー・ポピンズ リターンズ』は2019 年2 月1 日(金)より全国公開。

音楽&エンタメニュースサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

特別な日のデートにぴったり。東京都内の「映画&ディナースポット」7選

「映画鑑賞の後にディナー」というのデートの定番プランですが、スムーズに次のディナーのお店が決まらないなんてこともありませんか?せっかく楽しく映画を観たのに、お店を探して歩き疲れてしまうのはもったいないですよね。そこで今回はシネコンからミニシアターまで、記念日や誕生日デートにぴったりな映画館と、その付近のディナーにおすすめなお店をまとめて7選ご紹介します!(※掲載されている情報は2019年1月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

RETRIP(リトリップ)は旅行キュレーションメディアです!インターネット上で見つけた、あらゆる旅行・おでかけ情報を自由に組み合わせ、保存、紹介することが出来ます。