【2019年冬アニメ】1話終了時点で勢いのあったアニメおすすめ5選!

寒い寒い寒い! さみィィィイイイ!! 自転車をこげば指が凍りついて取れそうになる今日この頃。こんな日は、家にこもってアニメでも見たいものだ。

というわけで、2019年冬アニメのおすすめ5選をご紹介したい。ポツポツと2話が放送され始めている中、1話時点で個人的に勢いを感じたのはこの作品

・『上野さんは不器用』

とある中学校の科学部の日常を描く『上野さんは不器用』。科学部部長の上野さんは後輩・田中に恋しながらもその気持ちを素直に伝えられない。暴走する上野さんがただただ可愛いアニメだ

そのテンポの良さと、様々なアプローチをしては悶える上野さんの姿に思わずこちらまで悶えてしまう。こんな気持ち、誰だって抱えたことはあるだろう。

・『かぐや様は告らせたい』

前述の『上野さんは不器用』とはまた違ったアプローチのラブコメが『かぐや様は告らせたい』である。家柄最強のエリートたちが集う秀知院学園では恋も頭脳戦。

天才がなんとか相手から「好き」という言葉を引き出そうと知略の限りを尽くす様子には、まぬけさを通り越したガチ感が凄い。勢いあるナレーションを入れる青山穣(あおやまゆたか)さんも良い味。

・『どろろ』

リメイクブームである昨今。ついに手塚治虫が登場。古い作品のリメイクとなると古臭い雰囲気になるのでは……と、いつも心配になるが、現代的なテンポや表現で名作アニメになるものも多い。『どろろ』も今のところそのライン。

時は平安の世。化物と人が交差する原作の重厚な雰囲気はそのままに、美しい作画で描かれる世界観は鳥肌もの。普遍的な原作力も感じる良いリメイクだ

・『盾の勇者の成り上がり』

異世界転生ものにもかかわらず1話からボッコボコにされるのが『盾の勇者の成り上がり』。最弱の盾の勇者として異世界に召喚されてしまう平凡なオタク大学生・岩谷尚文。その弱さを利用され貶められた挙句、犯罪者のような扱いを受ける。

他の勇者がイイ感じにイケメンのクズで、1話にしてすでに胸アツな展開が見えるような本作。今から成り上がりが楽しみだ。

・『私に天使が舞い降りた』

「え!? もう30分経ったの?」と思ってしまうのが『私に天使が舞い降りた』。内容は、人見知りな女子大生みやこが、妹が連れてきた友だちの女子小学生の花ちゃんを好きになるというものだ。

そこはかとなく狂気を感じる内容だが、テンポが良すぎて30分がマジで一瞬。グルーヴする女子大生と女子小学生のやり取りに惹き込まれる。勢いNo.1。

──以上である。個人的には今期はコメディーが強いように感じた。また、話題のたつき監督の『ケムリクサ』や人気アニメ第2シーズンの『けものフレンズ2』『賭ケグルイ××』などはまだエンジンがかかっていないもよう。まだ1話が放送されていない『ピアノの森』も楽しみ。

様々な話題作がひしめく2019年冬アニメ。とにもかくにも、スタートは切られたが、はたしてこの中で最後まで勢いをキープできるアニメはあるのか? 次回が楽しみである。

執筆:中澤星児
©tugeneko・白泉社/上野さんは不器用製作委員会
(C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会
どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

相模湖リゾートに「進撃の巨人」アトラクション オリジナル「お写真撮りマッスル」も

アミューズメント施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」(相模原市緑区若柳)で7月20日より、アニメ「進撃の巨人」とのコラボイベント「進撃のコロシアム『マッスルモンスター』」が開かれる。

みんなの経済新聞ネットワーク

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

緒方恵美さんの本音に迫る いまの「声優の条件」って?過渡期にある声優ブームの希望と課題

声優界の生ける“レジェンド”緒方恵美さん

たった数百のイスを、一万人以上が取り合う声優業界。

2000年代に入り、世界的アニメブームでオタクと言われたジャンルが市民権を獲得しはじめ、声優が身近に感じられるようになったことで専門学校が一気に増加した。

声優志望者は30万~50万人とも目される飽和状態の中、業界は過渡期を迎えている。

1月17日午後10時からの「ハフトーク」では、声優界の生きる”レジェンド”緒方恵美さんが生出演

1992年に幽☆遊☆白書の「蔵馬」役としてデビューを果たし、エヴァンゲリオンの碇シンジ、カードキャプターさくらの月城雪兎、そしてセーラームーンの天王はるか(セーラーウラヌス)など、名だたるアニメの重要なキャラクターを務めてきた緒方さん。

デビューから常に第一線で活躍を続ける彼女は、今のアニメブームと、声優という仕事の厳しさをどう見ているのか。

声優の仕事ってどう変わった?

90年代まで、声優に会うということはファンにとって至難の業だった。

今のように、声優の写真集がたくさん出ているわけでもない。イベントやライブに声優が出演する機会も限られている印象だったし、大々的なフェスも、ほぼなかった。

役ではなく、声優本人としてテレビでお目にかかることも、少ない。

ラジオを聞き、ファンクラブ会報を心待ちにして、多すぎて読んでもらえるかも分からないファンレターを出していた。

90年代の緒方恵美さんのファンクラブ会報

インターネットが整備され始め、極地的と思われていたアニメファンの世界は、一気に押し広げられていった。アニメのテーマソングやキャラソングはポップミュージックとして受け入れられ、ヒットチャートをにぎわすまでになった。

そしてSNSの登場で、一挙に声優という職業をファンが近くに感じられるようになった。

声優自身の思いが、リアルタイムで流れてくる。地上波やライブDVD、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)以外にも、インターネット番組でたくさんのアニメや番組を享受できる。

ただ、この怒涛の時代変遷に巻き込まれるように、声優という職業は変わっていったようにも見える。

仕事の上で、ファンとの交流や「ファンサービス」の比率も大きくなっていった。

声優も映像にセリフを吹き込み、画面越しに声を届ける存在から、自身が露出していく存在になり、イベントやグラビア、バラエティ番組などに出演するようになった。

そんな変化を牽引してきた声優の1人が緒方さんだ。冒頭で紹介したような名だたるアニメの重要キャラクターを務めてきた緒方さんは、率先して「声の仕事」以外に取り組んできたパイオニアでもある。

平成が始まったころと、現在では声優の育成環境や、働く環境はどう違うのか。

いま声優は、ファンとの交流や告知などのためにTwitterのフォロワー数も重要視されている面がある。役のオーディションなどにおいて、Twitterアカウントを開設しているかや、フォロワー数が一つの指標に加えられたり、男女ともにアイドルとしての要素を求められたりすることもある。

声優として生きていくうえで、緒方さんはこうした変化をどう受け止めているのだろうか。

「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…」逃れられないSNSの面倒くささ、どう思う?

緒方さんも東日本大震災を機にSNSを始め、積極的に発信している。ただTwitterでは、短い言葉で意図が伝わらず、”炎上”してしまうこともある。

匿名のツールでもあり、攻撃的な声を向けられることも少なくない。社会的な話題に触れたら「政治的なことを話してがっかりした」「勉強したのか」などと言われ、どのようなスタンスを取っていても批判されることがある。

ファンに生の声を伝えられるようになった一方で、時事問題についての率直な意見を言うことの難しさについて、どう考えているのだろうか。

【ニュース番組「NewsX」 1月17日の放送内容(予定)】

・dTVチャンネルにて生放送

・質問やご意見は、「#ハフトーク」でツイートしてください。

ゲスト:緒方恵美さん(声を使う仕事を中心によろずエンタメ屋)

出演者:竹下隆一郎(ハフポスト日本版編集長)、

番組はこちらから。

視聴方法がわからない方はこちらをご参照ください。

■番組視聴の手順(dTVチャンネルの会員ではない方)

番組URLをクリック

②31日間無料おためしをクリック(2回出ます)

③dTVチャンネルを申し込むをクリック

この先については、ドコモの携帯をお持ちの方、お持ちでない方によって手順が違うので、手順に従って行ってください。

※会員登録後、31日間無料で視聴ができます。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts