緒方恵美さんの本音に迫る いまの「声優の条件」って?過渡期にある声優ブームの希望と課題

声優界の生ける“レジェンド”緒方恵美さん

たった数百のイスを、一万人以上が取り合う声優業界。

2000年代に入り、世界的アニメブームでオタクと言われたジャンルが市民権を獲得しはじめ、声優が身近に感じられるようになったことで専門学校が一気に増加した。

声優志望者は30万~50万人とも目される飽和状態の中、業界は過渡期を迎えている。

1月17日午後10時からの「ハフトーク」では、声優界の生きる”レジェンド”緒方恵美さんが生出演

1992年に幽☆遊☆白書の「蔵馬」役としてデビューを果たし、エヴァンゲリオンの碇シンジ、カードキャプターさくらの月城雪兎、そしてセーラームーンの天王はるか(セーラーウラヌス)など、名だたるアニメの重要なキャラクターを務めてきた緒方さん。

デビューから常に第一線で活躍を続ける彼女は、今のアニメブームと、声優という仕事の厳しさをどう見ているのか。

声優の仕事ってどう変わった?

90年代まで、声優に会うということはファンにとって至難の業だった。

今のように、声優の写真集がたくさん出ているわけでもない。イベントやライブに声優が出演する機会も限られている印象だったし、大々的なフェスも、ほぼなかった。

役ではなく、声優本人としてテレビでお目にかかることも、少ない。

ラジオを聞き、ファンクラブ会報を心待ちにして、多すぎて読んでもらえるかも分からないファンレターを出していた。

90年代の緒方恵美さんのファンクラブ会報

インターネットが整備され始め、極地的と思われていたアニメファンの世界は、一気に押し広げられていった。アニメのテーマソングやキャラソングはポップミュージックとして受け入れられ、ヒットチャートをにぎわすまでになった。

そしてSNSの登場で、一挙に声優という職業をファンが近くに感じられるようになった。

声優自身の思いが、リアルタイムで流れてくる。地上波やライブDVD、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)以外にも、インターネット番組でたくさんのアニメや番組を享受できる。

ただ、この怒涛の時代変遷に巻き込まれるように、声優という職業は変わっていったようにも見える。

仕事の上で、ファンとの交流や「ファンサービス」の比率も大きくなっていった。

声優も映像にセリフを吹き込み、画面越しに声を届ける存在から、自身が露出していく存在になり、イベントやグラビア、バラエティ番組などに出演するようになった。

そんな変化を牽引してきた声優の1人が緒方さんだ。冒頭で紹介したような名だたるアニメの重要キャラクターを務めてきた緒方さんは、率先して「声の仕事」以外に取り組んできたパイオニアでもある。

平成が始まったころと、現在では声優の育成環境や、働く環境はどう違うのか。

いま声優は、ファンとの交流や告知などのためにTwitterのフォロワー数も重要視されている面がある。役のオーディションなどにおいて、Twitterアカウントを開設しているかや、フォロワー数が一つの指標に加えられたり、男女ともにアイドルとしての要素を求められたりすることもある。

声優として生きていくうえで、緒方さんはこうした変化をどう受け止めているのだろうか。

「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…」逃れられないSNSの面倒くささ、どう思う?

緒方さんも東日本大震災を機にSNSを始め、積極的に発信している。ただTwitterでは、短い言葉で意図が伝わらず、”炎上”してしまうこともある。

匿名のツールでもあり、攻撃的な声を向けられることも少なくない。社会的な話題に触れたら「政治的なことを話してがっかりした」「勉強したのか」などと言われ、どのようなスタンスを取っていても批判されることがある。

ファンに生の声を伝えられるようになった一方で、時事問題についての率直な意見を言うことの難しさについて、どう考えているのだろうか。

【ニュース番組「NewsX」 1月17日の放送内容(予定)】

・dTVチャンネルにて生放送

・質問やご意見は、「#ハフトーク」でツイートしてください。

ゲスト:緒方恵美さん(声を使う仕事を中心によろずエンタメ屋)

出演者:竹下隆一郎(ハフポスト日本版編集長)、

番組はこちらから。

視聴方法がわからない方はこちらをご参照ください。

■番組視聴の手順(dTVチャンネルの会員ではない方)

番組URLをクリック

②31日間無料おためしをクリック(2回出ます)

③dTVチャンネルを申し込むをクリック

この先については、ドコモの携帯をお持ちの方、お持ちでない方によって手順が違うので、手順に従って行ってください。

※会員登録後、31日間無料で視聴ができます。

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

オリジナル音声入り“ミライクリスタル“先着配布!『映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』

 10月27日(土)より全国公開となる「プリキュア」シリーズ劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』の先着限定入場者プレゼントとして、新たに「ミライクリスタル」が配布されることが決定した。

 2004年2月1日に『ふたりはプリキュア』からテレビ放送を開始して以来、瞬く間に人気を博し、子どもたちを中心に幅広く愛され続けている「プリキュア」シリーズ。15周年という節目の年を迎えた2018年、新たにスタートした『HUGっと!プリキュア』も絶賛放送中だ。プリキュア15周年を記念して、現在放送中の『HUGっと!プリキュア』と初代『ふたりはプリキュア』が力を合わせて戦う、劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』が10月27日(土)より全国公開となる。

 そしてこの度、先日発表された入場者プレゼント「ミラクル・メモリーズライト」(ミラクルライト)と併せて、先着20万名限定で、15周年記念映画オリジナル「ミライクリスタル~キュアエール&キュアブラック~」の配布が決定した(※配布はチケット購入の中学生以下のみ)。

 今回、先着限定入場者プレゼントになった「ミライクリスタル」は、『HUGっと!プリキュア』のキャラクターが変身するために使用するアイテム「変身タッチフォン・プリハート」にセットすると、映画オリジナルの音声を聴くことができる。他にも「お世話たっぷり おしゃべりはぐたん」や「メロディソード」「ツインラブギター」「おしごといろいろ!プリキュアミライパッド」など、さまざまなアイテムで遊ぶことができる。

 そして、15周年記念映画オリジナルデザインはミラクルライト同様、現在放送中の『HUGっと!プリキュア』キュアエールと初代『ふたりはプリキュア』のキュアブラックがかたどられ、まさに15周年記念映画にふさわしい豪華な入場者プレゼントとなった。

(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

名女優・市原悦子さん死去 『日本昔ばなし』『家政婦は見た!』ファンから悲痛な声

(画像出典:Amazon) 映画やドラマに数多く出演、テレビアニメ『まんが日本昔ばなし』では声優としても活躍した女優・市原悦子さんが82歳でこの世を去った。 & ■年末から体調不良 昨年12月上旬から体調不良を訴 […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。