須田亜香里、先輩と後輩以上の関係になれた 珠理奈休養がもたらしたSKE48の変化

 SKE48のドキュメンタリー映画『アイドル』が、年明けまで上映が続くなど好評だ。一見はなやかに見える“アイドル”の世界だが、ドキュメンタリー映画『アイドル』では、誰も知らないその裏側に完全密着。一人ひとり違う境遇から同じ夢を持ち、懸命に“アイドル”として生きる彼女たちのリアルな姿、その“アイドル”としての覚悟をスクリーンに映す。

 劇場デビュー10周年を迎えたSKE48の、今年の夏の様子に密着。不動のエース松井珠理奈は地元・名古屋で6月に開票発表された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』で悲願の1位を達成したものの、体調不良で休養へ。7月リリースのニューシングル「いきなりパンチライン」では松井の代わりに総選挙2位の須田亜香里がセンターを務めるが、プレッシャーにより精神的に追い込まれていく。エース不在の初めての夏に不安を感じながらも、戦い続けるメンバーたちの姿とは――。

 前編では大場美奈へのインタビューを紹介。後編では、本作について語る、須田のインタビュー。【取材・撮影=鴇田崇】

目の当たりにした松井珠理奈の変化

――ファンの方も数多く鑑賞していると思いますが、どういう感想が届いていますか?

 一番の感想は、「泣いた!」でしたね。あ、この人泣くの? みたいな方からそういう感想をいただくと、感情を揺さぶるものをわたしたちから感じていただけたのか! って思えてうれしかったです。ひと夏のお話なので感動する出来事がわたしたちにあるのかなと不安だったのですが、そういう感想を言ってもらえてすごくうれしかったです。思っていた以上の反響をいただきました。

――当事者としては、どう観たのですか?

 重かったですね(笑)。本人だからという理由もありますが、すごく精神を削られた状態になりましたね。わたしたちはただ必死になっているだけだったので、はたからみたらこう見えていて、わたしたちアイドルって、ここまで過酷なのかっていうことを、観ながらすごく客観視しました。わたしはアイドルってはかないなあとも観ていて思いました。本当にいましかできないことで、だからこそこれほどまでに全力になれるし、そういうことをひしひしと静かに感じましたね。少しダメージを受けながらも、「ああわたし、本当に時間を無駄にできないな」って。

須田亜香里

――一番印象に残っているシーンは何でしょうか?

 わたしは松井珠理奈さんですね。珠理奈さんがAKB48選抜総選挙の日にかけて、ちょっとずつ気持ちに無理が生じていく姿を目の当たりにしていたので。そばで見ていたけれど、どうにもできなくて、そういう一連のことが記憶として残っているなかで映画を観たので。ファンの方たちにも今回初めて披露する裏側だったということで「こうなっていたんだね!」と言ってくださる声も入って来ますが、わたしたちは、その日を迎えるまでの過程を全部知っているから、映像を観ながら震えと涙が止まらなかったです。ああ、珠理奈さんが倒れちゃうって、わかっていて観ていたので、思っていた以上に、すごくしんどかったですね。

――ドキュメンタリーなので、あえて触れていますからね。

 そうですよね。きっとわかってもらえないことのほうが多いというか、精神的に何がキツイとかって人それぞれで違うし、それくらいなんでもないという人もいるだろうし、でも自分にとったらすごく大きなことでもある。人が想像できないくらい苦労していたりもするけれど、それって、わかろうとしないとわかることはないから、切り取って結果だけを見られがちですが、それがわたしたちはずっと悔しかったです。珠理奈さんはただ一生懸命頑張っただけで、それが皆さんに上手く伝わってないもどかしさは、ずっと持っていましたね。

――それこそ、こうして映像作品として残るって素敵ですよね。

 そうですね。自分たちにとってもいつか観返した時、この時こう乗り越えたみたいな。自分はこういう人だから、これからはこうやってみようとか、自分の地図みたいな迷った時に助けてくれるような気がします。

――今回の松井さんの休養などがあって、皮肉にもチーム全体の結束が強まったみたいなことはありましたか?

 そうですね。お互いに荒療治となった夏でした。珠理奈さんも後輩に甘えることが苦手で、わたしたちも頼ってもらえるような存在ではなかったかもしれないんですけど、まだまだ先輩と後輩以上の関係にはなれていなかった気がします。わたしたちも任せてくださいとずっと言ってきたんですけど、任せられるほどの力も持っていなかったと思うし、珠理奈さんもどうやって頼っていいかわからないというもどかしさを抱いていたと思う。頼っているつもりだけれど頼り切れていなくて、結局自分が背負いすぎてしまったり、お互いに足りないものを、この夏がむしゃらに取りにいった夏だったのかなあと思います。お互いに足りないものに気付けて、おかげでわかりあえたことも増えたはずで、いますごく晴れ晴れとした気持ちで活動できています。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

大沢たかお『キングダム』山崎賢人の10キロ減の役づくりに感動

 俳優の大沢たかおが25日、都内で行われた映画『キングダム』(公開中)超大ヒット舞台あいさつに登壇。原作でも人気の高い大将軍・王騎を演じ、役づくりによる肉体改造が注目された大沢だが、17kgもの増量に対して「ちょっと大きくするだけ」と謙遜。黙して語らずの姿勢に、熱い役者魂を垣間見せた。この日は主演の山崎賢人、吉沢亮、佐藤信介監督も登場した。

 原泰久の大人気漫画を実写映画化した本作は、紀元前・中国の春秋戦国時代が舞台。大将軍を夢見る戦災孤児の少年・信(山崎)と、弟の反乱によって王座を奪われた若き王・エイ政(吉沢)が、王宮奪還に挑む姿を映し出す。公開36日間で動員350万人、興行収入47億円を突破した。

 「公開して1か月近く経ち、キングダムという作品で舞台に立つことはもうないだろうなと思っていた」という大沢は、満席の会場を見渡しながら「公開する前は怖くてどうなるか心配でしたが、(大ヒットの)夢が叶って心から嬉しく思います」とコメント。

 また、興行収入50億円突破の見込みもあり、大沢は「50は滅多にない、おそらく今年の実写邦画で今のところ一番くらい」と予想すると、「この映画のテーマのように夢って持っていると、こういうことになるんだなぁと思って、今日思わず(自分だけ)白い服着てきちゃいました」とおどけた。

 ファンからの質問に答える企画もあり、「くじけそうになった時に、自分をどう高めるか?」と聞かれた大沢は、「くじけそうな時は、くじけちゃえ! みたいな」と意外な回答。普通の人ならくじけそうな肉体改造については、「そんなでもないですよ。賢人は10kgくらい痩せて、びっくりするくらい細くなっていて、むしろそっちに感動していました。僕はちょっと大きくするだけだったんで」と謙遜した。その横で山崎が「17kgですよ。びっくりです」と言うと、大沢は「今は10kg落ちちゃいました」と報告した。

 大沢演じる王騎の反響は大きく、「映画の時代にタイムスリップしても生き残れそうな人は?」と質問が飛ぶと、吉沢は「やっぱり大沢さん。王騎のときのオーラとか、その時代にいても本当に王騎になっていそう。将軍になっていそうな想像が容易にできる」と答え、大先輩の役づくりに舌を巻いていた。(山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)(取材:錦怜那)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

岡田准一の敬語が気になる妻夫木聡、映画「来る」

V6岡田准一(38)が7日、東京・TOHOシネマズ日比谷で、主演ホラー映画「来る」(中島哲也監督)の初日舞台あいさつに、共演の黒木華(28)小松菜奈(22)青木崇高(38)松たか子(41)妻夫木聡(37)中島監督と出席した。 オカルトラ…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース