「174cmで50kg」瀬戸康史、『海月姫』出演時のダイエットを振り返る

 14日、俳優の瀬戸康史(30)が東京・ブックファースト新宿店にて行われた自身のアーティストブック『僕は、僕をまだ知らない』発売記念イベントに登場。今年1月期に放送されたドラマ『海月姫』(フジテレビ系列)出演時に女装男子“蔵子”を演じた際の裏エピソードを告白した。

 8年ぶりとなるアーアティストブック『僕は、僕をまだ知らない』には、今年30歳を迎える瀬戸の俳優とは異なる等身大の写真が満載。ドラマ『海月姫』で瀬戸が演じた鯉淵蔵之介が扮する“蔵子”の撮り下ろしポートレートや、自身が捜索した物語&イラストによる絵本『小さな神様』なども掲載されている。

 記者会見では『海月姫』での役作りを振り返る一幕も。撮影時は女装姿を披露しなければいけなかったため、瀬戸は食事制限によるダイエットを敢行。6kg減量し、身長174cmで50kgという体重だったそうだ。「あのときは本当に食べることって大事なんだな、って思いました。やっぱりしんどかったですもん。でも、その分みなさん『キレイキレイ』って言ってくれるから、キレイになりました(笑)」と振り返った。

 今回のアーティストブックにも“蔵子”として登場しているが、女性らしく美しく写るポイントは「手とか骨格は男なので、それをいかに髪の毛とか服装で隠すか」とのこと。「できるだけ修正はしたくないので。修正したら違うものになっちゃうので。修正しないで、いかにキレイになるか」とそのこだわりっぷりを明かす。

 “蔵子”を演じたことでメイクも上手くなったのか。記者からそう問われると、瀬戸は「化粧はしてもらっていたんですけど、ノリが化粧ノリがよくなってきました。あとストッキング履くのがすごく早くなりました。2、3分かかってたんですけど、ものの10秒くらいでシュンって履けるようになりました(笑)」と語り、会場の笑いを誘っていた。

 瀬戸康史アーティストブック『僕は、僕をまだ知らない』は10月17日(水)発売される。

写真:野原誠治

テキスト:堤茜子

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

トータス松本「いだてん」で名物NHKアナ役 「前畑ガンバレ」の絶叫が伝説に

 人気ロックバンド、ウルフルズのトータス松本が24日、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合・日曜20時~ほか)の新出演者発表会見に出席。1936年ベルリンオリンピックで前畑秀子の壮絶なレース展開に「前畑、ガンバレ!」を20回以上も絶叫したことで知られる、NHKスポーツアナウンサー・河西三省(かさい・さんせい)を演じるにあたって、同作で求められる自身の役割について語った。

 この日は、第二部の主人公で日本にオリンピックを呼んだ田畑政治(たばた・まさじ/阿部サダヲ)の指導のもと、水泳で世界に挑む仲間たちにふんする新キャストが集結。トータスのほか、斎藤工、林遣都、三浦貴大、大東駿介、上白石萌歌、皆川猿時が登壇。田畑役の阿部サダヲも登場した。

 トータスが演じるのは、運動部記者として新聞社に勤務後、NHKに入局したスポーツアナウンサーの河西。克明な実況で日本中を熱狂させた同役を務めるトータス松本は、普段は関西弁を話していることから、「まさかの標準語のアナウンサー役」と驚きながらも、「とにかく有名な人で、『前畑、ガンバレ』というあの声を僕がやるのかと思って、最初は『え~』という感じでした」と率直な思いを吐露。

 しかし、「求められているものはガッツだぜ! 的なことやと思う」と1995年のウルフルズのヒット曲「ガッツだぜ!!」を引き合いに出しながら、自らのポジションを分析。「そういう感じで、自分なりの河西三省をやって、ロサンゼルスとベルリンオリンピックを盛り上げられたらいいかな」と意欲を見せた。

 実際の撮影では、競泳シーンの迫力に押され、かなりエキサイトしたそう。「自分が出せる声を出し切ってやりたいと頑張りました」と報告すると、「自分では『やったぞ!』という感じがあるけど、オンエアを観るのは怖さ半分、楽しみ半分です」と現在の心境を明かした。(取材:錦怜那)

最新映画情報、予告編動画、インタビュー、試写会プレゼントなど盛りだくさん。上映時間・映画館検索、座席予約、チケット購入(当日券/前売り券)も便利。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

海外ドラマを見ると英語が伸びる理由

日本人同士だと英語を話せるのに、外国人とはなぜか会話がかみ合わない。それは、ニュアンスの理解が不足しているから。この記事では、なぜ海外ドラマがニュアンス不足の解決にきくか説明します。

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。