雪山で見つかった少女の死体…『dele』第6話 衝撃のファーストカット

 山田孝之と菅田将暉がW主演を務めるテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele』第6話が8月31日(金)午後11:15~より放送される。

 同作のテーマは「デジタル遺品」。自分が突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか。山田は死者が残したデジタル記録をすべて抹消する仕事を請け負う坂上圭司を、菅田は坂上の仕事を手伝うなんでも屋の真柴祐太郎を演じる。

第6話ファーストカットは雪山で見つかった少女の死体”

 学校でのいじめを苦にしていたと思われる家出少女・石森純子(山田愛奈)の自殺という、ショッキングな展開から始まる物語のファーストカットは、雪に埋もれて眠るように死んでいる純子の姿。実のところ、『dele』の撮影は今年春から初夏にかけてスケジュールが組まれており、リアルな一面の雪景色をとらえるのは至難の業だった。しかし、悲しくも美しい幕開けをどこまでも印象的にカメラに収めるべく、スタッフはまだ雪が残る地域を徹底的に洗い出し、新潟県魚沼市の雪山にたどり着くことに。撮影ではドローンも使用するなど、深夜ドラマの枠を超えた壮大な雪山ロケを敢行し、その結果、物語の冒頭から目を逸らせなくなるようなシーンが完成した。

金城一紀の脚本ならでは! 人々の心を躍動させるアクションと「深い闇」との対決

 第6話の脚本を手掛けるのは『SP』シリーズや『BORDER』シリーズ、そして『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』など話題作を生み出した金城一紀。金城作品といえば、圧巻のアクションシーンが多数出てくることも特色のひとつだが、今回もその持ち味は健在。『dele』第1話でも話題となった、山田孝之の意表を突く切れ味抜群の車椅子アクション&菅田将暉のしなやかなアクションが久々に登場。華麗なアクションは要所要所で物語をキュッと引き締める。

 さらに第6話では圭司と祐太郎が『dele』史上最も深い闇を抱えた敵と対決することに…。物語の先に待ち受ける“出口の見えない漆黒の闇”に、圭司と祐太郎はどう立ち向かっていくのか!? 最後の最後まで手に汗握る第6話に注目だ。

(c)テレビ朝日

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

石原さとみ、泥だらけのボロボロな姿に反響「泥まみれでも美しい」の声

 7月11日よりスタートする新ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の公式Instagramに、主演を務める女優の石原さとみが登場。泥まみれのボロボロの石原の姿がファンの注目を集めた。

 同ドラマは、華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌、キャリア、財力、家柄、さらには圧倒的な才能まで持ち合わせた令嬢・月島もも(石原さとみ)と、“ぷーさん”と呼ばれ、商店街の人々から愛される平凡な自転車店主・風間直人(峯田和伸)が偶然出会い、“格差恋愛”を描く純愛エンターテインメント。

 同投稿では、「‪“華道界の令嬢”とは思えない泥だらけの姿…。もも(#石原さとみ)に一体何が起こったのでしょうか…?」と意味深なコメントが添えられ、足元から服まで泥だらけになった石原が暗い表情で自転車を引いている姿が公開された。

 そんな石原の姿にファンからは、「さとみんかわいすぎますー」「泥塗れでも美しい」と、こんな姿でも美人オーラを放つ石原を称賛する声や、とても気になるワンシーンだけに、「さとみちゃん期待しちゃうぅぅう」「なんでこんなことになったのか11日が待ち遠しいよ〜」「さとみちゃん、楽しみにしてますよ!もうすぐだ~ワクワク」とドラマ放送を心待ちにする声も多数寄せられている。

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ドラマ「ぎぼむす」、MISIAコラボ曲で見せたGReeeeNの伏線

 GReeeeNが作詞・作曲、リーダーのHIDEが歌唱参加し、MISIAに提供した『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』が、綾瀬はるか主演のTBS系ドラマ『義母と娘のブルース』主題歌として反響を呼び、好調なセールスをみせている。それは、ドラマ『ROOKIES』や『義母と娘のブルース』の主題歌のヒットにみられる、GReeeeNの持つ「ドラマタイアップ曲の底力」なのだろうか。各作品の楽曲には伏線が張られている部分も垣間見える。

タイアップ各作品の主題とリンクする部分

 GReeeeNの「ドラマタイアップ曲の底力」。それは、GReeeeNが常にラブソングに込める「どんなに年月を経ても愛を伝え続けていく」という想いを、タイアップ各作品の主題とリンクさせる部分ではないだろうか。彼らの代表曲の、『ROOKIES』主題歌「キセキ」は正にその最たる例だ。

 「キセキ」はTBSの石丸彰彦プロデューサーより「ありったけのラブソング」を書いてほしいというリクエストのもと(小説「それってキセキ」より)、GReeeeNが歯科医師目指しているなかで作った曲だ。そして『義母と娘のブルース』のプロデューサーも石丸氏。ドラマ制作側のGReeeeN楽曲への愛情が感じられる点だ。また、「アイノカタチ」には「キセキ」に伏線を設け、回収している点が見られる。

 「キセキ」の最後の一節、<何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる>という部分など、GReeeeNの楽曲には「愛」を伝え続けていくということを強くうかがえる部分がいくつもある。それは、時間が経っても、形を変えても、GReeeeNの普遍性のある強固な主題として揺るがない。

 今年リリースし、映画「ママレード・ボーイ」主題歌となった「恋」も、「アイノカタチ」も、<あのね>という同じ歌い出しで始まっていて、伏線が張られているとも捉えられる。さらに遡ると、「キセキ」の<永久の愛の形>という部分がそれを示唆しているようにも思え、「愛」という主題の中で全てがリンクしているように受けることもできる。GReeeeNのラブソングに一貫している部分は『ROOKIES』にも、『義母と娘のブルース』にもそれぞれリンクし、物語の主題を強めている。

“永続的な愛”という共通項

 『ROOKIES』の主題歌「キセキ」、映画『ママレード・ボーイ』主題歌「恋」、『義母と娘のブルース』主題歌「アイノカタチ」。GReeeeNが手掛けたこの3曲のテーマには「愛」と「出会い」があり、いずれもありったけのラブソングだ。そしてこの3曲には“永続的な愛”という共通項があるように思える。

 「キセキ」では、<君に巡り合えた それって『奇跡』>と、巡り合えた“奇跡”を「恋」では<この世界中で出逢えたキミへの恋(うた)>と、出逢えたキミへの“恋”を。「アイノカタチ」では、<星の数ほどの中 ただ一人のあなたが 心にいるんだ>と、ただ一人のあなたへの“アイノカタチ”を。それぞれの歌詞にリンクしている部分がある。

 「愛」という普遍的なテーマの中でGReeeeNは、形を変えながら様々なラブソングを手掛ける。そして、タイアップドラマの主題や内容によって、メロディや言葉は違えど、GReeeeNの芯にある主題は首尾一貫している。各作品の「物語」を、「愛」という親和性を持つテーマをもって、様々な“アイノカタチ”としてリンクさせている。それこそがGReeeeNの持つ、物語に寄り添う「ドラマタイアップ曲の底力」だろう。【平吉賢治】

音楽&エンタメニュースサイト