「ワンダー 君は太陽」で描かれたトリーチャーコリンズ症候群 ”当事者”石田祐貴さんが視線を浴びながらも街を歩く理由

 先月から公開されている映画『ワンダー 君は太陽』。ヘルメットをかぶって暮らしている主人公、10歳の少年オーガスト・プルマンは、顔の頬骨やアゴの骨が未発達のまま生まれ、目が垂れ下がってしまう「トリーチャーコリンズ症候群」を抱えている。自身の見た目に悩み、苦しむ少年の姿が描かれている。

 しかし、これはスクリーンの中だけの話ではない。現在、筑波大学大学院に通う石田祐貴さん(25)も、その当事者の一人だ。「もう慣れたのでショックではないが、パッと僕と目が合った瞬間、大人でものけぞる人はいらっしゃるので、あぁ…と思う」。

 5万人に1人の割合で生まれる可能性がある「トリーチャーコリンズ症候群」の主な原因は遺伝子の突然変異や異常といわれている。1992年に大阪で生まれた石田さんは、生まれた時から耳がほとんどなく、これまで10回ほど形成手術を受けてきた。現在、石田さんの後頭部には補聴器が埋め込まれている。

 幼い頃は「宇宙人」「変な顔」等、面と向かって心ない言葉をかけられた。そんな時に石田さんを支えたのは「私はあなたがこの状態で生まれてよかったと思っている。それがあなただから」という母親の言葉だったいう。

 石田さんは幼少期を振り返り「相手も子どもなので、小学校時代はさんざん言ってくるし、指も差される。上手にコミュニケーションをとることに壁がどうしてもあった。中学に上がると、見た目というより耳が聞こえないことでのコミュニケーションの難しさを感じていた」と話した。高校は聴覚特別支援学校へ進学した。自分と同じ、聴覚に障がいのある友達が周りにできたことで、スムーズに人間関係が作れるようになったという。また、内気だった自分を変えるために積極的に行動を起こした。卓球部に所属して全国大会へ出場、さらに彼女もでき、充実した日々を過ごした。「辛いことでも経験することで成長できる部分があると考えている。自分が変わることで周りが変わってくれる。見た目は変えられないけど、周りの目は変えることができる」。

 2011年には桃山学院大学に入学。コンビニのアルバイトの面接は落とされても諦めずに10店舗以上受続けた。「大学時代は部活もやって、サークルもやって、バイトもやってと色々なことをやってきた。もちろんうまくいかないことや辛いこともあったが、人と関わること全てが楽しかった」。

 「トリーチャーコリンズ症候群」に対する理解を深めるため、石田さんはよく街を歩く。

 「やっぱり心を許せるのは、物心が付く前に一緒に遊んでいた友達が多い。小さい頃から僕のことを知っていて慣れているので、大人になっても気にしない。だから人々が僕の顔を見ていれば、次に同じような症状を持った人を見た時の驚きが少なくなると思う。僕のことを初対面で見て、驚かない人はいないと思う。ある意味、人の反射として仕方のないことだと思う。ただ、関わる時には普通に接して欲しい。その上で、”人として合わない”と思ったらそれはそれでいい。そして知識があれば、初めて見た時の反応が違うと思う。知ってもらうことで、同じ悩みを持つ人が過ごしやすい社会にしていけたら」。

 疾患や傷跡による「見た目問題」の啓発や解決に取り組むNPO「マイフェイス・マイスタイル」代表の外川浩子氏は「石田さんと小学校で特別授業をした。教室に入ると、最初は石田さんの顔をみて一瞬固まる。それでも1コマ終わると慣れてしまって普通に接することができるようになる。私たちが活動を始めて15年くらいになるが、見た目問題を抱えた方々が自分で情報発信したり、メディアに露出してきたので、人々の見る目も変わってきた」と話す。

 「見た目問題」の今後の課題について外川氏は「石田さんは耳に障害があったので高校から特別支援学校に通えたが、例えば顔に生まれつきアザがあるだけで機能的には問題がない場合、普通の学校に行くしかない。外見だけでは障害のカテゴリーには入らず、公的な支援の対象にはならない。見た目に症状がある人たちは日本には100万人以上いるはずだが、接客業ではなかなか採用されないので、サービス業でそういう人たちを見かけることはほとんどない。それでも先月末には全国で初めて墨田区議会で陳情が採択されたので、少しずつ変わっていくと思う」と話した。

 作家の乙武洋匡氏は「”見た目問題”と言ってしまうと、石田さんのような人たちが問題を抱えていると捉えてしまいがちだが、それは間違い。僕らが見た目で人を勝手に判断してしまうという問題で、それは多数派のおごりが原因だ。例えば石田さんのような顔立ちが多数派だった場合どうなるかを考えるべきだ」と指摘、「僕や石田さんみたいな性格の人はガツガツ露出できるが、そういう人ばっかりではない。じゃあその人たちに対して、どう接したらいいだろうと考えてほしい」と訴えた。

 ノンフィクションライターの石戸諭氏は「障害という言葉の意味を変えることが大事で、むしろ障害を作り出しているのは、ルールを作ってきている多数派の人たち。特にメディアの人間は障害者と一括りにしてしまうが、それぞれに抱えている問題は違うんだということを語れるようになれば」とコメントしていた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶スタジオでの議論の様子は期間限定で配信中

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

成田凌、映画『さよならくちびる』で色気を絶賛される

 公開中の映画『さよならくちびる』の大ヒットイベントに、成田凌、塩田明彦監督、スタイリストの伊賀大介氏が出席。「(成田の演じた役柄の)諦めが色気につながるような衣装にしたかった」(伊賀氏)など二人から色気を絶賛された成田 […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

主題歌は曽我部恵一の書き下ろし曲 映画『止められるか、俺たちを』予告映像解禁

 映画『止められるか、俺たちを』(10月13日よりテアトル新宿ほか全国順次公開)の予告編映像が解禁となった。同作のメガホンを取ったのは白石和彌監督。門脇麦、井浦新はじめ豪華キャストが織り成す青春群像劇に、曽我部恵一が書き下ろした主題歌「なんだっけ?」のどこか懐かしいメロディーが見事にマッチ。映画の公開に先駆け、曽我部、そしてリリー・フランキー、崔洋一監督からコメントが到着した。

URL: youtu.be

 2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。若松プロダクション出身、『凶悪』『彼女が名前を知らない鳥たち』『孤狼の血』などで日本映画界を牽引する俊英・白石和彌が、師匠・若松孝二が時代と共に駆け抜けた時代を描きだす。白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾となる。

 1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松孝二と共に映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描かれている同作。主人公の助監督・吉積めぐみ役を門脇麦が、若松孝二役を井浦新が演じる。今回解禁となった予告編では、「客にヤイバをつきつけるようなもん作りたい!」と豪語し「緊張して仕事しろ!」と檄を飛ばす若松の姿や、その元で映画作りに奔走するめぐみの姿が切り取られている。

 音楽は若松孝二とも交流があり、若松孝二の映画をこよなく愛する曽我部恵一が担当。主題歌「なんだっけ?」を書き下ろした。曽我部はコメントにて、今回の曲作りについて「ぼくが影響を受けてきたのは若松映画そのものだけではなく、若松監督の物作りの姿勢だったんだと今回再確認した」「当初はあえて客観的に音楽をつけようと思っていたけれど、いつのまにか若松宇宙の中に取り込まれて、夢中で作曲していたんだ」と振り返っている。

以下、曽我部らコメント全文

■曽我部恵一

思いがけない形で若松孝二と再会した。ぼくが影響を受けてきたのは若松映画そのものだけではなく、若松監督の物作りの姿勢だったんだと今回再確認した。当初はあえて客観的に音楽をつけようと思っていたけれど、いつのまにか若松宇宙の中に取り込まれて、夢中で作曲していたんだ。


■リリー・フランキー/イラストレーター

僕にとっての、最高の青春映画の答え合わせ。


■崔洋一監督

なんと、滑稽で、バカで、クズで、最低の奴ら……そして、世界で一番哀しい者たちよ、俺は君たちを誇りに思う。


ストーリー

 吉積めぐみ、21歳。1969年春、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて、“若松プロダクション”の扉をたたいた。当時、若者を熱狂させる映画を作りだしていた“若松プロダクション“。そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの巣窟であった。小難しい理屈を並べ立てる映画監督の足立正生、冗談ばかり言いつつも全てをこなす助監督のガイラ、飄々とした助監督で脚本家の沖島勲、カメラマン志望の高間賢治、インテリ評論家気取りの助監督・荒井晴彦など、映画に魅せられた何者かの卵たちが次々と集まってきた。撮影がある時もない時も事務所に集い、タバコを吸い、酒を飲み、ネタを探し、レコードを万引きし、街で女優をスカウトする。撮影がはじまれば、助監督はなんでもやる。

 「映画を観るのと撮るのは、180度違う…」めぐみは、若松孝二という存在、なによりも映画作りに魅了されていく。

 しかし万引きの天才で、めぐみに助監督の全てを教えてくれたオバケも「エネルギーの貯金を使い果たした」と、若松プロを去っていった。めぐみ自身も何を表現したいのか、何者になりたいのか、何も見つけられない自分への焦りと、全てから取り残されてしまうような言いようのない不安に駆られていく。

 

 「やがては、監督……若松孝二にヤイバを突き付けないと…」

(C)2018若松プロダクション

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。