杏、モーティシアの声「すごく面白いし、でもちょっと難しい」

 杏、生瀬勝久、二階堂ふみ、ロバート秋山、LiLiCoが日本語吹き替え版声優を務める劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』(9月25日公開)の日本語吹き替え版予告が公開された。杏が演じるモーティシアが、雨が降り雷鳴が轟く空を見上げ「なんて素晴らしい朝かしら」という、アダムス・ファミリーらしいワンシーンから始まる。

 【動画】公開された本予告

 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にTVシリーズやアニメシリーズが作られ、91年に第1作、93年に第2作と長編映画として実写化され世界的大ヒットを記録。また、ブロードウェイでミュージカル化され、日本でも2014年に初演、2017年に再演と2度のミュージカル化を果たした。

 公開された予告編では、アダムス一家が大勢の人間たちが暮らす住宅地に、足を踏み入れるシーンやウェンズデーが人間の中学校に通うシーンなども公開。また、予告編のナレーションは、フェスターおじさんを演じるロバートの秋山竜次が、情感たっぷりに表現している。

 モーティシアを演じるにあたり、杏は「あまり感情を大きく表現しないキャラクターですが、テンションが低い中でも『おぞましい』という言葉とか『怖い』ということにも、悦びを感じる部分みたいなものを滲ませることを意識しました」とし、「普通の言葉の印象と、違う受け取り方を彼らは持っているというところは、表現していてすごく面白いし、でもちょっと難しいと思いました」と、アフレコを振り返った。

 アフレコを「とっても楽しかったです」と振り返ったのはゴメズ演じる生瀬。「見た目も性格も私と似ていてるので、スッと役に入れましたね」とのこと。加えて、生瀬が収録した時点で、すでに杏と二階堂の声が入っていたと言い「杏さんのモーティシアや二階堂さんのウェンズデーとの関係性が見えてきて、とても演じやすかったですね」と語った。

 秋山は、今回、アダムス・ファミリーの一員になれたことに対し、自身の“ファミリー”が「とても喜んでいました!もちろん、今の自分のファミリーの嫁、子供。さらに北九州のアダムスならぬ秋山ファミリーもすごく喜んでいます!」とコメントを寄せている。印象的なシーンについては「僕が演じたフェスターと、生瀬さんが演じられたゴメズとの掛け合いのシーン」を挙げ、「もう、ゴメズが生瀬さんにしか見えないですよね、申し訳ないですけど(笑)。生瀬さんとガッツリ掛け合いシーンがあるのですが、そこはもうキャラクターを入れずに、生瀬さんとして見ながらやらせてもらいました」という。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』 E-girls「Perfect World」コラボのミュージックトレーラー解禁

 10月5日(金)公開、岩⽥剛典×杉咲花がW主演を務める映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』より、本編映像とコラボしたミュージックトレーラーが解禁された。

 ⼤切な⼈に読んでほしいラブストーリーNo.1、有賀リエの⼤⼈気漫画『パーフェクトワールド』(「Kiss」連載中/講談社)が、『パーフェクトワールド君といる奇跡』というタイトルで映画化。10⽉5⽇(⾦)より全国公開となる。

 原作は「好き」だけでは乗り越えられない壁に直⾯しながらも、恋する気持ちを真っ直ぐに伝えて前に進もうとする主⼈公たちの姿に共感し、⼼を打たれる感動作として、今、⼥性を中⼼に⽀持を集めている。主⼈公の鮎川樹(あゆかわ・いつき)役を演じるのは、数々のドラマや映画に⽴て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩⽥剛典。そして、樹をひたむきに想い続けるヒロインの川奈つぐみを、映画初主演となり、その存在感と演技⼒で注⽬を浴びている杉咲花が演じる。

 今回解禁となったミュージックトレーラーは、本作のために書き下ろしたE-girls「Perfect World」の一部と、初解禁となる本編映像がコラボした特別映像。

 映像の冒頭で描かれるのは、綺麗な桜が舞う学校から始まり、樹とつぐみが過ごした学生時代の淡い日々。ひょんなことからつぐみが好きだった憧れの先輩・樹に再会し、徐々に親密になっていく二人の姿を描いている。

 車イス生活により様々な試練が立ちはだかるも、夢を諦めずに立ち向かう樹の姿に、改めて好きという想いが溢れていくつぐみ。そんな二人の「一緒にいられるだけで幸せ」という想いが詰まったトレーラーとなっている。

 さらに今回の映像では、二人で夜にご飯を食べに行くシーンや二人で猫と戯れるシーン、つぐみへ手を差し伸べるシーンなど初解禁となる貴重な映像も満載。

 「真実(ほんと)の愛をあなたからもらって世界のすべてが美しくなった私には永遠に愛する人がいる」という歌詞はまさに、樹とつぐみが辿っていく日々と重なり合い、一緒にいるからこそ完璧な世界になるという映画・主題歌両方のタイトルどおりのミュージックトレーラ-として完成した。

 また、つぐみが樹に寄り添う場面写真と相まって、本作の世界観をさらに盛り上げ、ますます映画本編へ期待が高まること間違いなし。

 大切な人と出会い、二人でいくつもの壁を乗り越え、絆を深めた先で、幸せに満ち溢れた完璧な世界<パーフェクトワールド>にたどりつくことができるのか。この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる珠玉のラブストーリー。映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は10月5日(金)全国公開となる。

ストーリー

 インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、⾼校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩⽥剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は⼤学⽣の時に事故にあい、⾞イスに乗る⽣活を送っていた。最初は⼾惑うつぐみだったが、建築⼠として前向きに⽣きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。「私は――先輩が好きなんだ、今でも」そんなつぐみのひたむきでまっすぐな想いに、「⼀⽣、ひとりで⽣きていくって決めたんだ」とかたくなだった樹も⼼を開いていく。⼀緒にいる幸せを見つけた2⼈だったが、やがてある事件が起き……。⼤切な⼈と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2⼈がたどりついた結末とは……。

(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

吉田美月喜、女子高生役 個性派キャスト14人の一人に

 女優・吉田美月喜が、山崎賢人と土屋太鳳がW主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』(佐藤信介監督、2020年冬全世界独占配信予定)に出演することが決まった。

 麻生羽呂氏の同名コミックが原作。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を描く。山崎賢人が有栖(アリス)良平役を、土屋太鳳は宇佐木(ウサギ)柚葉役を演じる。

 吉田はその中で、周囲に翻弄される女子高生のアサヒ役を務める。

 最近は、日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演し、NHK『就活生日記』第3話では主演を務めた。他にも映画『鬼ガール!!』(10月9日大阪先行公開、10月16日全国順次公開)にメイン出演することが決まっているなど、話題作への出演が続く。

 今回発表された村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花ら14人の個性派揃いのキャストの一人として、物語に彩りを加える。

音楽&エンタメニュースサイト