杏、モーティシアの声「すごく面白いし、でもちょっと難しい」

 杏、生瀬勝久、二階堂ふみ、ロバート秋山、LiLiCoが日本語吹き替え版声優を務める劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』(9月25日公開)の日本語吹き替え版予告が公開された。杏が演じるモーティシアが、雨が降り雷鳴が轟く空を見上げ「なんて素晴らしい朝かしら」という、アダムス・ファミリーらしいワンシーンから始まる。

 【動画】公開された本予告

 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にTVシリーズやアニメシリーズが作られ、91年に第1作、93年に第2作と長編映画として実写化され世界的大ヒットを記録。また、ブロードウェイでミュージカル化され、日本でも2014年に初演、2017年に再演と2度のミュージカル化を果たした。

 公開された予告編では、アダムス一家が大勢の人間たちが暮らす住宅地に、足を踏み入れるシーンやウェンズデーが人間の中学校に通うシーンなども公開。また、予告編のナレーションは、フェスターおじさんを演じるロバートの秋山竜次が、情感たっぷりに表現している。

 モーティシアを演じるにあたり、杏は「あまり感情を大きく表現しないキャラクターですが、テンションが低い中でも『おぞましい』という言葉とか『怖い』ということにも、悦びを感じる部分みたいなものを滲ませることを意識しました」とし、「普通の言葉の印象と、違う受け取り方を彼らは持っているというところは、表現していてすごく面白いし、でもちょっと難しいと思いました」と、アフレコを振り返った。

 アフレコを「とっても楽しかったです」と振り返ったのはゴメズ演じる生瀬。「見た目も性格も私と似ていてるので、スッと役に入れましたね」とのこと。加えて、生瀬が収録した時点で、すでに杏と二階堂の声が入っていたと言い「杏さんのモーティシアや二階堂さんのウェンズデーとの関係性が見えてきて、とても演じやすかったですね」と語った。

 秋山は、今回、アダムス・ファミリーの一員になれたことに対し、自身の“ファミリー”が「とても喜んでいました!もちろん、今の自分のファミリーの嫁、子供。さらに北九州のアダムスならぬ秋山ファミリーもすごく喜んでいます!」とコメントを寄せている。印象的なシーンについては「僕が演じたフェスターと、生瀬さんが演じられたゴメズとの掛け合いのシーン」を挙げ、「もう、ゴメズが生瀬さんにしか見えないですよね、申し訳ないですけど(笑)。生瀬さんとガッツリ掛け合いシーンがあるのですが、そこはもうキャラクターを入れずに、生瀬さんとして見ながらやらせてもらいました」という。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ディズニーのアニメ作品、バイセクシュアルの少女が主人公に。制作者が「自分の経験をもとに」とTwitterで発表

ディズニー・チャンネルのアニメーション作品『アウルハウス』の主人公がバイセクシュアルの少女であることがわかった。

CNNなどによると、主人公の14才のルースはドミニカ系アメリカ人。『アウルハウス』は、ルースが魔女になるための冒険を描いたストーリーだ。

Varietyによると、ストーリーの中で、ルースは男性キャラクターに惹かれるシーンがあった。また、直近のエピソードの中では、ルースと、女性キャラクターのアミティが、プロムでダンスを踊っているシーンが描かれた。 

制作者であるダナ・テラスさんは、8月9日に自身の<a href="https://twitter.com/DanaTerrace" target="_blank" rel="noopener…

…クリックして全文を読む

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

吉田美月喜、女子高生役 個性派キャスト14人の一人に

 女優・吉田美月喜が、山崎賢人と土屋太鳳がW主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』(佐藤信介監督、2020年冬全世界独占配信予定)に出演することが決まった。

 麻生羽呂氏の同名コミックが原作。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を描く。山崎賢人が有栖(アリス)良平役を、土屋太鳳は宇佐木(ウサギ)柚葉役を演じる。

 吉田はその中で、周囲に翻弄される女子高生のアサヒ役を務める。

 最近は、日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演し、NHK『就活生日記』第3話では主演を務めた。他にも映画『鬼ガール!!』(10月9日大阪先行公開、10月16日全国順次公開)にメイン出演することが決まっているなど、話題作への出演が続く。

 今回発表された村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花ら14人の個性派揃いのキャストの一人として、物語に彩りを加える。

音楽&エンタメニュースサイト