杏、モーティシアの声「すごく面白いし、でもちょっと難しい」

 杏、生瀬勝久、二階堂ふみ、ロバート秋山、LiLiCoが日本語吹き替え版声優を務める劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』(9月25日公開)の日本語吹き替え版予告が公開された。杏が演じるモーティシアが、雨が降り雷鳴が轟く空を見上げ「なんて素晴らしい朝かしら」という、アダムス・ファミリーらしいワンシーンから始まる。

 【動画】公開された本予告

 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にTVシリーズやアニメシリーズが作られ、91年に第1作、93年に第2作と長編映画として実写化され世界的大ヒットを記録。また、ブロードウェイでミュージカル化され、日本でも2014年に初演、2017年に再演と2度のミュージカル化を果たした。

 公開された予告編では、アダムス一家が大勢の人間たちが暮らす住宅地に、足を踏み入れるシーンやウェンズデーが人間の中学校に通うシーンなども公開。また、予告編のナレーションは、フェスターおじさんを演じるロバートの秋山竜次が、情感たっぷりに表現している。

 モーティシアを演じるにあたり、杏は「あまり感情を大きく表現しないキャラクターですが、テンションが低い中でも『おぞましい』という言葉とか『怖い』ということにも、悦びを感じる部分みたいなものを滲ませることを意識しました」とし、「普通の言葉の印象と、違う受け取り方を彼らは持っているというところは、表現していてすごく面白いし、でもちょっと難しいと思いました」と、アフレコを振り返った。

 アフレコを「とっても楽しかったです」と振り返ったのはゴメズ演じる生瀬。「見た目も性格も私と似ていてるので、スッと役に入れましたね」とのこと。加えて、生瀬が収録した時点で、すでに杏と二階堂の声が入っていたと言い「杏さんのモーティシアや二階堂さんのウェンズデーとの関係性が見えてきて、とても演じやすかったですね」と語った。

 秋山は、今回、アダムス・ファミリーの一員になれたことに対し、自身の“ファミリー”が「とても喜んでいました!もちろん、今の自分のファミリーの嫁、子供。さらに北九州のアダムスならぬ秋山ファミリーもすごく喜んでいます!」とコメントを寄せている。印象的なシーンについては「僕が演じたフェスターと、生瀬さんが演じられたゴメズとの掛け合いのシーン」を挙げ、「もう、ゴメズが生瀬さんにしか見えないですよね、申し訳ないですけど(笑)。生瀬さんとガッツリ掛け合いシーンがあるのですが、そこはもうキャラクターを入れずに、生瀬さんとして見ながらやらせてもらいました」という。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

新木優子&杉野遥亮、約32,700人を“トリコ”に! 『あのコの、トリコ』キャスト登壇ステージレポート到着

 10月5日(金)より全国公開となる吉沢亮主演の映画『あのコの、トリコ。』から、雫役・木優子&昴役・杉野遥亮が「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018AUTUMN/WINTER」に登場した。

 「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)。主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼(より)が大好きなあのコ・雫(しずく)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴(すばる)、幼なじみ3人の恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキの『あのコの、トリコ。』が今秋、実写映画化を果たす。

 主人公の鈴木 頼(すずき・より)を演じるのは、映画・ドラマなど話題作への出演が続く俳優・吉沢 亮。本作では、大好きな“あのコ”のためにかっこよく変貌していく姿を魅力全開に体現。そんな頼が一途に想いを寄せるヒロインの立花雫(たちばな・しずく)に扮するのは、non-noモデルとして活躍する中、確かな演技力への評価が高い新木優子。そして、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條昴(とうじょう・すばる)役には、若手注目株の杉野遥亮。さらに、Nissy(西島隆弘)が作詞作曲を手がけた「トリコ」で初の映画主題歌を担うなど話題沸騰中の、恋と芸能界への夢を追いかけるシンデレラ・ラブストーリー『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より全国公開される。

 9月1日、さいたまスーパーアリーナにて「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018AUTUMN/WINTER」(以下TGC)が開催された。2005年8月から年2回開催している、史上最大級のファッションフェスタであるTGC。「女の子の“カワイイ”は永遠!女の子の“好き”を詰め込み、未来へ続くTOKYO の最先端トレンドを発信していきたい」という想いを込めて、今回掲げられたテーマは”FOREVER GIRLS”。女の子の“ワクワクドキドキする気持ち”を届けるために、今年も日本を代表するモデル、総勢約100名が大集結した。

 そしてこの度、同ステージに、映画『あのコの、トリコ。』のヒロインである立花雫役の新木優子に加え、シークレットゲストとして、主人公の最強ライバルでもあり幼なじみでもある人気俳優・東條昴役の杉野遥亮が登場。ステージ上では、芸能界への夢を追いかける映画さながらに、華やかな2人がTGCに集まった女のコたちを大いに盛り上げた。

あのコの、トリコ。 キャスト登壇ステージ レポート

(C)マイナビ presents TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker 2018 AUTUMN/WINTER

 「TGC SPECIAL COLLECTION 2」とモニターに表示され、まず登場してきたのは新木優子。盛大な歓声が巻き起こる中、ランウェイを華麗にウォーキング。歓声冷めやらぬ中、新木が復路ウォーキングしているときに現れたのは、杉野遥亮。まさかのシークレットゲストの登場に、観客のテンションは最高潮。ランウェイ中央で並んだ二人は、恋人同士を思わせる仲睦まじいカップルウォーキングを見せ、会場はさらにヒートアップ。去り際には杉野が新木を強く抱き寄せるパフォーマンスを見せ、会場からは悲鳴が沸き起こった。のべ約32,700名が集まるイベント会場でランウェイを歩く2人の姿は、まさに映画の中の雫と昴。ため息が漏れるほど美しい姿を披露した。

 ランウェイ終了後、司会の小藪千豊、田中みな実が現れ、「素晴らしいステージでした! 新木さん、杉野さんが出演されている映画といえば」というアナウンスの元、『あのコの、トリコ。』の予告映像が流れると、再び歓声が。映像が終わると、MCの呼びかけで新木、杉野が再登場した。

(C)マイナビ presents TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker 2018 AUTUMN/WINTER

 作品について聞かれると、新木は「私が演じるモデルの仕事をしながら女優を目指す女の子と、吉沢さんが演じた地味で冴えない男子高校生、そして杉野さん演じる昴の、三人の幼なじみの恋と夢が絡み合うシンデレラ・ラブストーリーです!」とコメント。続いて杉野は「基本3人でいることが多くて、携帯ゲームをやったり、トランプをやったりと和気あいあいとしてました!」と撮影中のエピソードを語った。

 新木も「三人とも同世代ということもあって、話も合って、楽しかったです」とキャスト陣の仲の良さを伺わせ、MCの小藪からは「設定も面白そうですよね! 幼なじみってなかなか“好きやねん”とか言いづらいと思うんですよ。そういう経験がある方もいると思うんですけれど、そういった“あるある”を感じながら楽しめる作品かなと思いました」という感想が語られた。

 そして、新木から「10月5日に『あのコの、トリコ。』が公開されるんですけれど、その翌日10月6日に実施されるTGC 北九州 2018に、私たち(吉沢亮と新木優子)が出させていただくことが決まっていまして。なんと、一緒にステージを歩いてくれる方を、今この瞬間から募集するという企画です!」と、映画『あのコの、トリコ。』 と 「TGC」のスペシャル企画、「TGC 北九州 2018 ステージ出演権オーディション」の開催が発表された。このオーディションで勝ち抜いた人は、吉沢亮、新木優子と一緒にTGC 北九州 2018に出演できるという夢の企画だ。恋と夢を追いかける本作ならではの取り組みの発表に、会場からは悲鳴とも言えるどよめきが起こった。

 最後には客席と一緒に、新木と杉野でハート型パネルを持ってのフォトセッションが行われた。また、ステージ終了後はTGCのLINE LIVEに新木、杉野が登場し、ランウェイを歩いた感想を語った。この秋の大本命、憧れの“あのコ”と芸能界への“夢”を追いかける、吉沢亮主演作『あのコの、トリコ。』は10月5日(金)より全国公開となる。

ストーリー

「大好きな“あのコ”のために、ボクは変わる――」

 田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生・鈴木頼(吉沢亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能プロダクションに頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影の日、雫と共演するはずだった頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條昴(杉野遥亮)があるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために、頼はなんと昴の代役を受けることに。カメラの前に立った頼は別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく――。

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

吉田美月喜、女子高生役 個性派キャスト14人の一人に

 女優・吉田美月喜が、山崎賢人と土屋太鳳がW主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』(佐藤信介監督、2020年冬全世界独占配信予定)に出演することが決まった。

 麻生羽呂氏の同名コミックが原作。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を描く。山崎賢人が有栖(アリス)良平役を、土屋太鳳は宇佐木(ウサギ)柚葉役を演じる。

 吉田はその中で、周囲に翻弄される女子高生のアサヒ役を務める。

 最近は、日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演し、NHK『就活生日記』第3話では主演を務めた。他にも映画『鬼ガール!!』(10月9日大阪先行公開、10月16日全国順次公開)にメイン出演することが決まっているなど、話題作への出演が続く。

 今回発表された村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花ら14人の個性派揃いのキャストの一人として、物語に彩りを加える。

音楽&エンタメニュースサイト