横浜流星、キックボクサー役 1カ月かけ体づくり 宿敵と共演も

 横浜流星が、吉高由里子とW主演を務める映画『きみの瞳が問いかけている』(10月23日公開、三木孝浩監督)で、キックボクサーの役を作り上げるために1カ月トレーニングに励んだことを明かした。また、劇中で極真空手時代の宿敵と共演した。

 【写真】劇中で強烈なパンチを浴びせる横浜流星。引き締まった肉体がのぞく

 不慮の事故で、視力と家族を失った女(明香里)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた男(塁)、光を失って生きてきた2人が織りなす運命のラブストーリー。

 大きな見どころのひとつは、キックボクサーの塁を演じた横浜流星のストイックな役作りによって作り上げられたその肉体美と、圧倒的迫力のアクションシーンだ。

 役作りについて横浜は「1カ月かけて、キックボクシングで必要な筋トレをキックボクシング指導の方やプロの選手の方々に教えて頂き、10kg体重を増やしました」と明かす。

 横浜自身、極真空手の世界チャンピオンという経歴の持ち主だが、横浜は「キックボクシングは、空手とは全く身体の使い方が違うので、一からパンチ、蹴りの打ち方を学びました」と語る。

 しかしその卓越した身体能力と飲み込みの早さ、上達ぶりはプロも唸るほどだったという。

 そんな、役作り以上ともいえる肉体づくりとキックボクシングの技術を身に着けた横浜流星演じる塁の劇中対戦相手として登場するのは、いま格闘技ファンが注目するキックボクシングイベント“KNOCK OUT(ノックアウト)”に出場している、現役トップクラスのプロキックボクサーたち。

 本作に出演するのは世界の強豪としのぎを削る小笠原瑛作、“天才児“栗秋祥梧、キック界のプリンスと呼ばれる小笠原裕典、”闘将“炎出丸、そして極真世界王者の与座優貴。

 実は、与座は横浜が世界一になった極真空手の大会の準々決勝の相手でもあり、中学生時代は関東圏のトップ選手同士、同じ場所で切磋琢磨したライバル。その後、横浜は俳優へ、与座はプロキックボクサーへと別の道を進んだが、本作『きみの瞳が問いかけている』で共演を果たすというドラマティックな再会も実現した。

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会(C)2020 Gaga Corporation/AMUSE Inc./Lawson Entertainment,Inc.

横浜流星コメント

――塁を演じるにあたってどう役作りをしましたか。

 1カ月かけて、キックボクシングで必要な筋トレをキックボクシング指導の山口さんやプロの選手の方々に教えて頂き、10kgほど体重を増やしました。

 キックボクシングは、空手とは全く身体の使い方が違うので、1からパンチ、蹴りの打ち方を学びました。

――ボクシングシーンの撮影で特に気を付けたことや、監督からの指示はありましたか?

 表の試合も裏の試合も基本は明香里を思い、それを活力に塁として生きました。

 ただ決定的に違うところは”覚悟”です。

 表の試合は幸せが描かれていますが、裏の試合は自分に光を与えてくれた明香里の為に、悩み、たどり着いた先に出た答えが、自分の命を賭けてでも、明香里に光を取り戻すことで、ただでは帰れない、もしかしたら死ぬかもしれない、という緊迫した雰囲気の中、命をかけて全力を尽くしました。

小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)

 キックボクサーの小笠原瑛作です。

 普段試合で上がるリングとはまた違った緊張感での撮影でした。

 横浜さんは運動神経抜群で試合のシーンは迫力があって熱いものになってると思います!是非楽しみにしていてください!

小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)

 キックボクサーの小笠原裕典です。

 本物の試合さながらの会場の雰囲気、お客さんの盛り上がり、映画を作り上げるスタッフや役者さんたちのプロ意識に良い刺激を受け、とても楽しい撮影現場でした。僕たちキックボクサーが映画でどんな戦いを繰り広げるのか、ぜひ劇場でご覧ください!

栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)

 初めまして。栗秋祥梧です。

 映画を楽しみにしてくださってる皆様、 とても素晴らしい作品となっております!

 そして熱いファイトシーンも見逃さないでください!

炎出丸(クロスポイント吉祥寺)

 今回、このような機会をいただき感謝しています。

 撮影では「横浜流星さん、キックボクサーになりませんか?」と思わず言いたくなるほど素晴らしい素質を感じました。

 ちなみに炎出丸と書いてひでまる と読みます。

与座優貴(橋本道場)

自分は以前、横浜さんが世界一になった大会で対戦して敗れているという過去があり、横浜さんが芸能界で活躍されておりとても刺激を貰っていました。
そして自分自身世界王者になり、映画の舞台で再会する事ができ非常に嬉しく思います。
今後もステージは違いますが、横浜さんの活躍に追いつける様精進していきます。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

岡本健一&福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)のジャニーズ事務所の先輩後輩コンビが、上司&部下役でドラマで共演!

■岡本健一&福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)、ドラマ『行列の女神〜らーめん才遊記〜』最終話に登場!「かっこいい健一さん演じる安本の脇でちょこちょこやってるのが僕です」(福田)
テレビ東京系にて毎週月曜22時より好評放送中の、ドラマBiz『行列の女神〜らーめん才遊記〜』。本作は久部緑郎・作、河合単・画の人気コミック『らーめん才遊記』をドラマ化。ラーメン業界をけん引する「清流企画」社長・芹沢達美(鈴木京香)が、奇抜なアイデアと計算しつくされた手法で、苦境にあえぐ街のラーメン店を繁盛店へと導く、フードコンサルティングの物語だ。

ラーメン店で働く人々の悲喜交々、人間ドラマを通じて、ラーメン店だけで…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

中村倫也、数年ぶりの浴衣に「そわそわ」 注目は石橋静河の瞳

 中村倫也と石橋静河が24日、東京中央区の日本橋福徳神社で、映画『人数の町』(9月4日公開、荒木伸二監督)の大当たり祈願をした。また、場所を改め、完成記念会見を実施した。

 【写真】会見を開いた中村倫也・石橋静河

 2017年に発表した第1回木下グループ新人監督賞で241本の中から準グランプリに選ばれた作品。中村倫也は主演を務め、令和版「東京ラブストーリー」での赤名リカ役が話題の石橋静河が共演する。

 日本橋福徳神社は、文政5年から幕府公認の富くじ、現在の宝くじ興行「御免富」を許可されてきたこともあって、大ヒット改め大当たり祈願を行った。中村は「僕の邪念が全てふり払われましたので、今日はつるんとしたコメントしか出なそうです」と笑いを誘った。

 浴衣姿で挑んだ。浴衣は数年ぶりという中村は「腹の座りがどこだかわからなくてちょっとそわそわしています」、一方の石橋は「昨年の撮影で着て以来です」とにっこり。

 主人公・蒼山哲也役を演じた中村はその役柄を「特徴もなく、流されるままに生きてきた男。主義がない男だけど、石橋さん演じるヒロイン・木村紅子やさまざまな人と出会うことで変わってどうかわっていくのかが見どころです」と紹介。

 対する石橋は、明確な意思を持っている紅子について「その頑固さで、“町”に馴染めずに、どこかおかしいよということを必死に訴えています」

 舞台となった町は、ちょっとした労働のようなことをやれば衣食住が保証されるという不思議な場所。中村は「場所、空間、表情、言葉遣いなど、ひとつひとつがなんか異様でしたし、違和感はぬぐえませんでした。でも考え方を変えて、頭を切り替えれば居心地が良かったりするのかなという感覚でいました」と振り返る。

 石橋は「紅子は町に入って行く側の人。ひたすら怖いし、気持ち悪いし、不気味で嫌な場所だと思っていました」。

大当たり祈願を行う中村倫也と石橋静河(C)2020「人数の町」製作委員会

 注目してほしいところを中村は「石橋さんの……」としばらくためてから「瞳です」。その理由を「本当にキレイな瞳なんです。こんなに光が集まる眼球僕、持ってないですもん」と独特の表現で石橋の瞳の美しさを解説。続けて「紅子の登場で物語が動き、青山も揺さぶられて行く。それが成長なのかどうかわからないけれど、変わるきっかけとなる紅子の登場は見どころですね」と強調した。

 石橋は大きな意味があるシーンではないと前置きしながら「逃避行して海辺でけだるそうに過ごす二人のシーンがすごく好きです」と告白。「二人が大変な生活をしている様子がよくわかるシーンです」と説明していた。

 2人は本作が初共演となる。互いの印象を、中村は「初めてとは思えないくらいの信頼感と安心感がありました」。ただ、現場では仕事の話はせずにしゃべっていると石橋がツッコミ、それを繰り返すとやがて「無視される」という。それでも「無視されると仲良くなったと思えるタイプなので大丈夫です」と笑んでいた。

 また、荒木監督は「中村さんと石橋さんは水と火という真逆のタイプだと思いました。さらさらっと流れるように演じる中村さんと、圧力でグッグッ押してくる石橋さんという感じですね」と印象を語った。

 これに中村は「圧が強い女優って言われているよ」とツッコミを入れると石橋も「なんか嫌だなぁ」と苦い表情。荒木監督はすかさず「タイプが違いすぎると思ったけど、二人揃ったらピタッとハマったのですごくうれしかったです」とフォローしていた。

音楽&エンタメニュースサイト