「清原果耶さんなしでは、成立しませんでした」藤井道人監督

 清原果耶が初主演、桃井かおりが共演の映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』(藤井道人監督、9月4日公開)の新たな場面写真が解禁。藤井監督は「清原果耶さんなしでは、本作は成立しませんでした」と語った。

 【写真】解禁となった他の場面写真(4枚)

 作家・野中ともそ氏の同名小説が原作。迷える少女の不思議な出会いと成長を描く。主人公の14歳の少女・大石つばめを演じるのは清原果耶で本作が映画初主演。つばめの前に現れた老婆・星ばあ役には桃井かおり。つばめが恋するお隣の大学生役に伊藤健太郎。つばめの父役には吉岡秀隆、つばめの義母役には坂井真紀。そして水野美紀、山中崇、醍醐虎汰朗などが出演する。

 主題歌は、シンガーソングライターのCoccoの書下ろし楽曲「今とあの頃の僕ら」を清原果耶が歌い上げた。伸びやかな歌声でヒロインの心の旅を爽やかに歌い上げた。

彼女なら成功すると確信

 今回、清原果耶演じるつばめの新たな場面写真が解禁となった。

 解禁になった場面写真では、安心したような笑みを浮かべながら育ての母(坂井真紀)と抱擁を交わす姿や、父(吉岡秀隆)とのなにか不穏な様子を捉えたもの、バスに乗り悲しげな表情で外を見つめている姿、星ばあ(桃井かおり)とクラゲの水槽を眺めている様子を捉えている。

(C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

 清原果耶は本作が『デイアンドナイト』以来2度目の藤井監督作品への出演になる。藤井監督は「清原果耶さんなしでは、本作は成立しませんでした。僕はつばめをオーディションでキャスティングするつもりだったんです。彼女の凄さは『デイアンドナイト』で知っていましたが、(『デイアンドナイト』で清原果耶が演じた)奈々とつばめは180度違うキャラクター。ところが、彼女の主演ドラマ『透明なゆりかご』を見た前田プロデューサーから清原さんを提案されて“なるほど、確かに彼女なら成功する”と確信できたんです」と、キャスティング秘話を明かしながら主演清原果耶の重要性について話している。

 さらに藤井監督は「清原さんは撮影までにセリフや動き、衣装などすべてを把握しておきたいタイプの役者さんです。納得するまで時間はかかるけれど、2人でじっくりつばめについて語り合い、衣装合わせもおじさんが高校生のショッピングについて行く感覚で(笑)、いろいろと導いてもらいました」と、二人ならではの信頼関係で本作の主人公である“つばめ”を作り上げたことを明かした。

 昨年日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『新聞記者』では、センセーショナルなテーマで世間を賑わせた藤井監督。そんな同氏が映し出す、新たな清原果耶の姿にも注目が集まる。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

『旅猫リポート』の福士蒼汰、「猫は怪しいところに目が行くんだなと(笑)」

 ドラマ「フリーター、家を買う」、映画『図書館戦争』シリーズなど、多くの作品が映像化されている人気作家・有川浩さんの原作を映画化した『旅猫リポート』が公開になりました。  5年間一緒に暮らしてきた元野良猫のナナを、ある事 […]

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

内藤剛志「捜査一課長」第14話2桁維持12・0%

内藤剛志主演のテレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長 2020」(木曜午後8時)の20日第14回の平均視聴率が12・0%(関東地区)だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。 初回は13・3%、第2話は13・8%、第3話は13…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース