“あぶなくない刑事”佐野勇斗、おもちゃのパトカーに乗り出動?

 佐野勇斗が、鈴木伸之とダブル主演を務める連続ドラマ『俺たちはあぶなくない ~クールにさぼる刑事たち』(MBSほか、9月17日順次スタート)のポスタービジュアルが解禁となった。

 警視庁麻布中央署を舞台に、熱い昭和の刑事とは真逆の全く“あぶなくない刑事”を描く新時代のポリス・コメディドラマ。佐野勇斗が演じるのは愛されキャラを生かしつつ転職活動に勤しむ「世渡り刑事」世中渡。鈴木伸之演じる常にコスパを考え昇任試験と署内政治に忙しい「出世刑事」高野心とバディを組む。

 今回解禁となったポスタービジュアルでは、“刑事なのに捜査をしない”そんな新時代のヒーロー2人の姿を表現。犯人を見つけたのか無線で連絡しながらシュッと指を差す高野と、犯人のもとへ向かおうと、同じく勇ましい表情で先を見据える世中。

 いかにも刑事らしい一幕…ではあるのだが、2人が乗っているのは子供用のおもちゃのパトカー。現場へ向かう気はまるでないのである。一見やる気に思えるが、よく見れば捜査には興味がなく、できるだけ現場は行きたくない、あぶなくない橋は渡らない。今まで放送されてきた刑事ドラマとは明らかに一線を画す、ゆるいポリスコメディの本作らしいビジュアルとなった。

 さぼることにかけては天下一品、刑事らしいことを一切しない高野&世中の2人組と、正義感に溢れ寝る間を惜しんで捜査する月賀(矢野聖人)&伊喜利(猪野広樹)コンビの対比、そして情報屋・宇和佐(三吉彩花)との関係も見逃せない。

 また、オープニング主題歌はGOOD ON THE REEL「ノーゲーム」、エンディング主題歌はHilcrhyme「グランシャリオ」に決定した。

 ドラマ特区『俺たちはあぶなくない ~クールにさぼる刑事たち』は9月17日木曜(テレビ神奈川23時~ MBS24時59分~)からスタート。関東ではチバテレ(9月18日~)、テレ玉(9月23日~)、群馬テレビ&とちテレ(9月24日~)の放送も決定している。

 そして、TELASA・au スマートパスプレミアム・J:COM オンデマンド・milplus で見放題独占配信他、見逃し配信も実施予定。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

佐久間由衣「お酒の力を借りてみたい」、役柄からモテテク

 佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、三木康一郎監督が『第32回東京国際映画祭』会期中の4日、都内で開かれた、映画『“隠れビッチ”やってました。』(12月6日公開)完成披露試写会に登壇した。

 割れんばかりの拍手が沸き起こる中、佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、三木康一郎監督が登壇。佐久間由衣(以下、佐久間)は「東京国際映画祭でたくさんの映画がある中、本作を選んでいただきありがとうございます。短い間ですが、楽しんでいってください」と感謝を述べた。続いて、村上虹郎(以下、村上)は「監督に久しぶりにお会いして、“闘牛士かお前は!”と言われた村上虹郎です」と今日の衣装をいじられたことを明かし、会場の笑いを誘った。続いて、大後寿々花(以下、大後)は「今日皆さまにお届けできる日を迎えられたことを大変嬉しく思います」と今の喜びを語った。続いて、小関裕太(以下、小関)は「この映画には2つの顔があって、最初はコメディタッチでテンポよく進んで楽しい作品なのですが、見終わった後にはズシりと心に響くものがある。そういった何かを持ち帰ってもらえれば嬉しいです」とこれから映画を鑑賞する観客に見どころを語った。最後に、三木康一郎監督(以下、三木監督)は「僕らの大爆笑トークを楽しんだ後、映画を楽しんでいってください」とハードルを上げ、会場は笑いに包まれた。

 本作が映画初主演となる佐久間。オファーが来た時の心境を聞かれ、「台本読むまでは、お嫁に行けなくなるのかなと思いました。でも、自己承認欲求という誰もが持っている悩みと向き合う物語でもあったので、挑戦したいと思いました。」と当時の心境を吐露。また、撮影で大変だったことを聞かれ、「終始大変だった。監督から厳しい指導もあったけどテンションで乗り切った部分もあります」と監督に視線を向けると、三木監督は「全然厳しくしてないです。やさしめです。キャラクターについては、好きにやってくださいと言いました」と答えると、佐久間は苦笑いしながら「現場に入ってからは違った」と反論し、会場からは大きな笑いが巻き起こった。

 コジ役を演じるにあたって心がけたことを聞かれた村上は、「ひろみ(佐久間)と彩(大後)の二人の違ったタイプの女性を見守るということ。ほぼ二人のママでしたね」と語り、佐久間と大後も納得するように頷いていた。

 彩役を演じていて共感したことについて、大後は「結構激しい女性なので、恋愛に関していえばない。」ときっぱり。「ただ、ひろみに対して、包み隠さず思ったことを言い合える関係性は羨ましいなとは感じました」と語った。

 肉食系、草食系など様々なタイプの男性が出てくる本作にちなみ、演じた安藤君は何系? と聞かれた小関は「カテゴリーにハマらない系男子。女性からみてつかみどころのない男性で、何を考えているかわからない。だから気になる、好きになっていく男性という解釈だったので、そのように意識して演じました」と自分なりの役作りを語った。

 4コママンガ(原作)を2時間の映画にするのに苦労した点について三木監督は、「原作自体が、一人の女の子のちょっとした思いを描いた物語なので、それをどのように形にしようかと考えながら作った。なので、細かい点にも気をつかって丁寧に作り上げた」と語った。

 そして、気になる異性への必殺モテテクニックを出演者がフリップに書いて披露。

 佐久間は【お酒の力を借りてみたい】と回答。「劇中でひろみがお酒ですごい変貌する。あんなかたちで男性に甘えられたらいいなと思います」と今後やってみたい事として語った。

 村上は【口数を減らす】と回答。「デビュー作のオーディションで、たくさん喋っていたら、『あんまり喋ってない方がかっこいいよ』と言われた」と過去の経験からモテテクニックを語った。

 大後は【あ、(転ぶ 裾をつかむ)】と回答。「転びそうになった時に、“あっ”と異性の服を少し掴む。守りたくなるような女性を演じること」と語った。

 小関は【好きって言う】と回答。「ラブの好きではなくて、“その服好き”とか、“その色好き、とか『好き』っていう言葉を使うことによって『好き』の魔法がかかると信じている」と独自のモテテクを語った。

 最後に、三木監督は「タイトルにはびっくりすると思いますが、すごく身近な話になっていると思います。この作品を観て少しだけ前向きになってくれたら嬉しい。そして、たくさんの人にそれが伝わっていけばいいなと思っています」と本作に込めた思いを語った。

 佐久間は「初主演という事もあって、皆さんに支えられながら完成し、このような形で皆さんにお届けできて嬉しいです。タイトルからは想像もできないような、愛が詰まった温かい作品になっていると思います。何かに苦しんでいる人たちの背中を押せるような映画になっていると嬉しいです」と目に涙を浮かべながら感慨深げに語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

音楽&エンタメニュースサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

香取慎吾主演ドラマに夏木マリら豪華16人「楽しいです!」

 香取慎吾が主演を務め、脚本・演出を三谷幸喜が手掛けるAmazon Originalドラマ『誰かが、見ている』(9月18日配信)に登場する注目のキャスト陣を収めた特別映像が完成。キャラクタービジュアルと共に解禁となった。

 公開された映像には、ありえないハプニングを巻き起こす舎人真一(香取慎吾)と、個性あふれる登場人物たちが映し出されている。何をやっても失敗ばかりの舎人真一。しかし何故か憎めず、思わず応援してしまいたくなるような不思議な魅力に囚われてしまったのが、隣の部屋に住む粕谷次郎(佐藤二朗)と、その娘のあかね(山本千尋)。あまりに舎人の魅力にハマってしまったあかねは、舎人の日常を勝手に動画配信してしまおうと思いつく。次第に人気者になってしまう舎人、そして配信の事実を知らない舎人の周りに巻き起こる、予想もできない展開。たくさんのユーモアと、底抜けに明るい“笑い”に溢れた特別映像となっている。

 今回映像と共に新たに判明したキャスト陣は誰もが今後の展開を一層楽しみにさせてくれる顔ぶれ。舎人の母親役、尚美に、夏木マリ。“舎人真一にこの母親あり”、と思わせる強い個性の持ち主。真一は母親を前にした時どのような行動に出るのでるのか。さらに注目ポイントが増えていく。

 さらに本作には惜しげもなく多彩な顔ぶれが毎話、登場、誰もが舎人によって思わぬ形で人生を揺るがされることになる。ゲスト出演者として登場するのは、くっきー!(野性爆弾)、西田敏行、高嶋政宏、寺島進、稲垣吾郎、山谷花純、近藤芳正、松岡茉優、橋本マナミ、八嶋智人、さとうほなみ、小日向文世、大竹しのぶ、新川優愛、小池栄子の総勢16人が意外な登場を果たす。登場人物に限らず、声の出演という形でも、俳優としての活躍にとどまらず人気アニメや名作映画の吹き替え、ナレーションと幅広い活躍をみせる山寺宏一と戸田恵子の出演が決定、さらに脚本演出の三谷自身もある役で登場することになっている。

 以下、追加発表キャストのコメント。

夏木マリ

 例えば・・・舞台裏を走って隣のセットに行くということが観客の皆さんには観ていただけないのですが、そこが面白かったりしました。普段、ドラマではないことですものね。「ルーシーショー」とか「奥さまは魔女」とかシチュエーションコメデイのようなドラマを60年代から70年代に観ていて、俳優の仕事をはじめた時から、演じてみたいと思っていました。仕事をはじめて40年以上経ちますが、今やりたい形のドラマをやらせていただけて楽しいです! 三谷幸喜さんの演出、香取さんが主演のこのシチュエーションコメディ、楽しんでいただければと思います。

くっきー!(野性爆弾)

 これまでは見ているだけでしたが、今回三谷組に正式に加入できました。これが僕の役者人生のスタートかなと思います。役作りに4カ月かかったので(笑)、その成果が出たのではないかと思います。

西田敏行

 香取君とはテレビドラマでもご一緒して、三谷さんが監督なさった映画にも3 本でてますので気の置けない仲間、という感じでやらせていただきました。今日はアドリブOKということでしたので全面的にアドリブでやらせていただき、実に楽しい時間でした。

松岡茉優

 三谷さんの映像作品で演出をつけていただくのは初めてで。一視聴者としても大変配信が楽しみです。私はまさに子どもの頃、学校中で「マヨチュチュ」(慎吾ママ)していた世代なので香取さんと目をあわせなくてよい役でよかったです。

八嶋智人

 三谷さんからお呼びがかかり、嘘かホントがわからないダメ出しをされ撮影しました。楽しく終えられたのは慎吾くんのおかげです。楽しみに。

さとうほなみ

 けっこうな試みの番組だと思いますので参加できてとてもうれしく思います。楽しみです!!香取さんの先輩役ということで先輩風を楽しく吹かせていただけたらと思います。

橋本マナミ

 その場で全部決めると言われていたのでどうなることかと思っていましたが、三谷様は色々と何回もやってくださって香取さんもおもしろくて、笑わないようにするのが大変でした。楽しかったです!

寺島進

 三谷監督と久しぶりに、香取慎吾さんともご一緒できて、よい2019 年の仕事納めになりましたね、(収録日2019 年12月28 日)やはり彼(香取さん)の集中力というのが昔と全然かわってないなと思って、とても呼吸が合う感じがしました
ね。

高(はしご高)嶋政宏

 最高でした!シットコム!凄すぎる!このドラマは収録2 発勝負のみ。企画自体の潔さがハンパない!今回、香取さんからは笑いの神の仕事を、まざまざと見せつけられました。過去、三谷さん演出のショウにゲストでチラッと出たことはあるものの、三谷幸喜さんが大好きな僕にとって、感慨深い忘れられない1 日になりました!

新川優愛

 三谷監督の作品を小さい頃から見ていて好きな作品が沢山あります。そんな三谷さんとご一緒させて頂ける機会は貴重だなと思いました。私は7 話だけの出演ですが、テンポ感がおもしろかったりクスッと声を出して笑ってしまうところが沢山あるので、三谷作品ならではの部分を楽しんでいただけたらと思います

小日向文世

 久々に現場で三谷さんとご一緒させて頂けているのがうれしいですね。現場に三谷さんがいて、俳優としているのでなんだかうれしい、くすぐったいですね。シチュエーション自体が笑っちゃいそうで、おおまじめにやってますが、どこかでくすくす笑い声が聞こえてきそうな、まして大竹さんがこちらにいるのでもう贅沢ですね!

大竹しのぶ

 役のメイクプランを見た時に、どうしたらこの発想が生まれるのか本当に三谷さんの面白さに脱帽です。現場で小日向さんの演技を見てまたびっくり。お腹が痛くなる程、ずっと笑っていました。笑うって本当に素敵なことなんだなと、三谷作品に出演する度に心から思うのです。ほんの少しだけだったけど、出演できて幸せでした。

山谷花純

 台詞のひとつひとつの意味だったり、どこにとどけるのか、言葉の中につよく意味がこめられていて、本番でどういう風にお芝居できるのか凄く楽しみです。他のドラマとは違ったリアリティや生々しさ、緊張感などがドラマから伝わると思うので楽しみにしていて頂きたいと思います。

稲垣吾郎

 すごく楽しかったです。この独特なスタイルのドラマ初めてだったので、想像がつかなかったんですけど転校生みたいで、舞台とも違いますしドラマの撮影とも違いますし、なんともいえない不思議な感触だったのですが、お客さんも楽しんで下さっていたので手応えはありました。違うお客さんを入れ替えて3回、4回とやってくのも楽しいのではないかなと思いましたが、2 回だけなんで。そこがこの作品の良さかも知れませんね。(稲垣&香取出演の部分について)往年の漫才師がでてきたような、そういう安心感があったと(三谷さんに)言って貰えたのはうれしかったです。

近藤芳正

 1シーンだけで、三谷さんから「縁起もの」として呼ばれました。この作品全体がうまくいきますようにということで呼ばれていると思うので、僕の使命は演技どうのこうのより以前に、この作品全体がうまくいけばいい、と。うまくいけばそれは全部僕のおかげかと(笑)。「縁起物」として機能を果たせれば幸せだと思っております。絶対面白いです!!

音楽&エンタメニュースサイト